資金関連

不動産投資の始め方

比較的簡単に行う事のできる不動産投資ですが、100%安全な投資方法などこの世に存在していないという事は、必ず頭に入れておかなければならない事です。初心者でもある程度の資金さえあれば、どなたでも始められますが、初心者ならではのミスもあり得ます。不動産投資の正しい始め方を学びましょう。

【初心者】不動産投資の基礎知識

不動産投資というとマンションやアパートの経営などを行って収益を得るということですが、初心者が行うことができるのか心配な人も多いでしょう。なんとなく不安を感じて踏み出すことができないという人も手助けしてもらうことができる手段もありますから、まずはどのような方法があるのかを知ることが初心者には大切です。

法人向けの公的融資

公的融資は金利が低いということが大きなメリットとなっていますから、法人にとっては事業を継続していく上でとても重要な役割を持つものとなっています。実際の利用を考えるときにどのようなものがあるのかを知っていればより有利なものを利用することができます。

公的融資の審査

公的融資は一般的に銀行融資よりも審査が厳しくないということから利用を考える人も多くなっていますが、実際の審査ではどのようなことにポイントを置かれるのでしょうか、いくら審査が厳しくないといっても審査があることにはかわりありませんから、やはり気になるところです。

国債と住宅ローンの関係

金融政策における政策には3つの政策があり、公定歩合政策である金利問題と、公開で市場操作を行う手段、そして預金準備率操作とされる支払準備率の操作が行われる事が多いのですが、2017年5月に日銀は金利を優先させる重視政策をとる方針を固めました。これらは、国民の借金である国債や住宅ローンとどのような関係があるのでしょうか。

不動産投資とは

現在日本の一般的な銀行や郵貯などは、預け入れを行っても金利が安く普通口座では金利が0.05%と100万円を預けても税引きで年間400円ほどにしかなりません。そこで今人気の投資方法、不動産投資とはどのようなものか、簡単にご説明いたします。

マンション購入の際の節税

マイホームなどを購入した際には、生命保険などと同様に、税の優遇措置を受ける事ができます。もちろん、購入物件によっての違いによって、その差が生じる事は否めませんが、購入を決断する一つの指針にもなります。そこで、マンション購入時の節税についてご紹介します。

マンションに投資しよう

不動産の投資において、一番メリットが少ないと思われるのが一戸建て住宅の存在です。反対に、不動産投資で一番メリットがあるのがマンションの経営です。不動産投資をお考えなら、まずはマンションに投資することをおすすめいたします。

国からお金を借りる

生活費に困ってしまったりしてお金を借りることを考える時にまず思いつくのが消費者金融ではないでしょうか。実際に融資を受ける前に考えてほしいのが、国が行っている公的融資です。金利にも大きな差がありますから、まずは公的融資を考えてみることをおすすめいたします。

銀行でお金を借りる

国内では投資家泣かせとも言われる低金利がつづき、資金を運用するのにも四苦八苦していますが、銀行でお金を借りるのであればマイナス金利政策である現在が一番の借り時となっています。長期ローンの借り換えなども利息を減らせる賢い利用法ができるのです。