!シェアご協力下さい!

NISAを銀行で開設するメリット

どうして銀行でもNISA口座が作れるのか

NISA口座で利益が非課税になる取引には、株式投資と投資信託があります。証券会社では株式投資も投資信託もどちらもできるので、多くの投資家がNISA口座を証券会社で開設しています。

一方、銀行でも投資信託を購入することができます。そのため、銀行でもNISA口座を開設することができるようになっているのです。

空にNISA

銀行で口座開設するメリット

株式投資もしたいと考えている人は、証券会社で口座開設しなければなりません。しかし、「株式投資はしたくない」と考えている人は、あえて銀行で口座開設するのもいいでしょう。

例えば、証券会社で口座開設して、投資信託を購入したとします。残念ながら含み損が出てしまった場合、利益が出るのをじっくり待てないで、「株式投資でドーンと取り返すぞ!」と考えてしまう人がいます。

そんな気持ちで株式投資をはじめてしまうと、ほとんどの場合、さらに損失を出してしまう結果に終わってしまいます。だから、今のところ「株式投資は難しいし、投資信託だけでいい」と思っているのであれば、銀行での口座開設も考えてみるとよいでしょう。

グッド

銀行で口座開設するデメリット

しかし、銀行でNISA口座を開設するのにはデメリットがあります。投資信託は、各金融機関で取り扱っている数に差があります。銀行は顧客に投資させる事業が柱となっているわけではないので、証券会社と比べて取り扱い本数がかなり少なくなってしまいます。

そのため、なにも考えずに、普段使っている銀行でNISA口座を開設してしまうと、「これは利益が出せそうだ」と思える投資信託に出会えない可能性もあります。

また、証券会社では「ノーロード」と呼ばれる、購入時の手数料が無料となっている投資信託も多くありますが、銀行ではあまり多くありません。もちろん、ノーロードだからといって利益が出やすいわけではありません。逆に、ノーロードであるせいで、保有している間にかかる信託報酬が高くなっている投資信託もあるので注意しましょう。

口座を開設する前に、どんな投資信託を取り扱っているのか、まずは銀行の担当者に詳しく聞いてみることをおすすめします。ただし、「投資は自己責任で」行うものですから、言われるがままにおすすめを買ってしまうことはやめてください。

注意点