!シェアご協力下さい!

NISAのデメリット

そもそもNISAとは

NISAという言葉を聞いたことがある人は多いのですがNISAが何であるのかというと良くわからないという人も少なくありません。

NISAはそのまま日本語にすると少額投資非課税投資になります。つまり投資の一つということになりますが、特徴となっているのが毎年100万円を上限として新規購入の分に関しては配当や譲渡益を最長で5年間非課税となるということになります。

この制度が作られる際の趣旨が、家計の安形的な資産形成と経済成長に必要な成長資金の供給拡大となっていますから簡単に言うとそれぞれの家庭にある貯蓄をそのままにしておくのはもったいないので投資に回して世の中のお金の回りをよくしようということです。

確かに非課税になるのは大きなメリットとなりますから実際にNISAを行っているという人は年々増加傾向になりますが、メリットだけでなくデメリットとなる部分も当然ありますからやはりメリットとデメリットその両方を理解したうえでどのように利用するのかを考えなければなりません。

NISAは通算することができない?

NISAは非課税投資ということで税金が無料になるならお得だと間違った考え方をしてしまう人もいるかもしれませんが、これは大きな間違いとなるのでどのような場合に、非課税になるのかをきちんと理解しておかなければなりません。なんでもかんでも非課税になるということではないのでここは十分に注意しておきましょう。

NISAではまずはNISA口座を作ることになり、ここで管理することになるのですが、一般的に株式では、利益が出るものもあれば逆に損をしてしまうものもあります。税金に関しては利益と損益を通算して税金の計算を行うのが通常のものとなるのですが、NISAの場合には他の銘柄と通算することができません。

NISAの場合にはその口座で保有している銘柄の通算はもちろんのことそれ以外の株式などとの通算も行うことができませんから、それぞれでの課税となってきます。

つまりある銘柄が利益があり、それとは違う銘柄は損したという場合でも通算することはできませんから利益の出た分に課税されることになります。

具体的にはAは200万の利益となり、Bは100万の損となった場合には通常では200万から100万を引いた100万が課税の対象となりますが、NISAの場合には、200万がそのまま課税対象となることになります。

非課税となるのはあくまでも毎年新規での購入額100万円までということになりますから安易に判断してしまうことのないようにしなければなりません。また損失の繰越というものもありませんからきちんと理解しておかないと後で後悔することになりかねません。

積まれたお金

実損でも課税の対象?

NISAは少額投資非課税投資となり、2014年から2023年の10年間の間で毎年新規での購入額100万円の分がすべて非課税となる制度です。

しかし非課税であっても内容をきちんと理解しておかないと後で「あれ、おかしい」と思うことになりますから気を付けなければいけません。

後悔する要因となるのがデメリットですが、そのデメリットの一つと考えることができるのが実損が出ていても課税となる可能性があるという点になります。非課税なのに課税となんだかおかしなような気もしますが、この場合、振替時の時価が関係してきます。

まず対象となる期間の間はNISAの銘柄はNISA口座で管理することになりますが対象となる期間が終わると一般の口座に移動させることになり、この時にデメリットが生じてくる可能性があるということになります。一般の口座に銘柄を移す時には購入時のまま移すということではなく振替時の時価で移すことになります。

例えば100万円で購入した銘柄であっても移す時の時価が90万円であれば90万円で移すことになります。しかし振替後に銘柄が値上がりしまた100万円の評価となったときには、90万円から100万円になったということで10万円の利益が出たということにあり10万円分に課税されることになります。

感覚では100万円で購入したものだから利益は出ていないということになるのですが、振替時の評価が出てくることでこのような可能性が出てきます。

これはなんだか納得できないような気がするという人も少なくないでしょうが、制度上そのようになっていますから注意が必要です。

電卓

株式数比例配分方式の選択

NISAのデメリットとして株式数比例配分方式の選択があります。株式の配当金の受取方法には、配当金領収証方式と受けおり配当金受領口座方式、個別銘柄指定方式、株式数比例配分方式がありどの方法にするのかを選択することになりますが、NISAの場合には、株式数比例配分方式を選択する必要があります。

仮に他の方法を選択してしまった場合には20%程度の課税となってしまいまい、せっかくのNISAのメリットを受けることができない状態になりますから株の権利確定日の前日までに必ず選択しておく必要があります。

NISAは、非課税という大きなメリットがあり人気の高いものとなってきています。しかしメリットを考えるだけでなく実際に始める場合にはデメリットこそきちんと理解しておくことが大切なことになります。デメリットといってもそれを回避するための方法などもありますからきちんと理解しましょう。

お金を育てる