!シェアご協力下さい!

NISAとは

NISAとは

NISAは2014年から始まった少額投資非課税制度で、ニーサと呼ばれています。これは、現在日本に預金の金利が低いという事もあり、個人投資家が増えるにあたって、参加しやすいようにとメリットを与えた口座になっているのです。

では実際にどういったメリットがあるのか気になるところですが、まずは投資の利潤となる税金の流れを見てみましょう。投資を含めた所得は、税法上で所得になる事は皆残ご存知でしょうが、この所得税は現在20.315%となっています。

その内訳は所得税15%、住民税5%そして復興特別所得税として0.315%が課税される事になっています。せっかく投資で得た利益の、なんと2割以上が持っていかれるのですから、少額投資家としてはかなりの痛手を被る事になります。

その少額投資家を保護する為に用いられたのがニーサでこれをNISA口座と呼んでいるのです。当初100万円まで非課税であったものが、2016年からは120万円まで非課税となり、従来まで20万円までが申告不要であったものが、120万円までとかなりの節税に繋がりますので利用しない手はないというものです。

電卓

NISAの特徴

ニーサは、120万円の非課税待遇が受けられる優れたものですが、全ての投資でその恩恵を受けられるというのではなく、投資信託と株式による運用益や配当金を、一定額非課税にする制度なのです。

したがって現在の所FXなどの外国為替取引などには対応してはいません。ニーサの特徴としては、口座を開いてから5年間の間だけ非課税となり、毎年120万円分の非課税枠が新たに設定されるというシステムになっています。

ただしこの制度は2023年までとなっていますので、早めにお作りになった方が良いでしょう。また年に一度金融機関の変更もできるようになっています。

さて、実際にどのように活用していったらいいのでしょう。口座の利用方法は、口座を作りこの口座を用いて取引を行う事になります。実際に投資信託や株を100万円分購入し、5年間運用し上手く220万円になったとします。

利益は単純に120万円ですが、普通はここから所得税分の20.315%が課税され、25万円近くが税金として持っていかれる事になりますが、ニーサ口座であれば非課税で済む事になるわけです。

NISAのデメリット

口座を作るには通常の証券口座がないと、NISA口座は作れませんので、まずは証券会社に口座を作り、資料を取り寄せて必要事項を書いて提出するだけで作る事ができます。

ただし注意事項はいくつかあり、口座の中でのみ取引が非課税が有効なもので、一旦売った場合は非課税枠を使ったとみなされ、再利用をする事ができません。

つまりいくら利潤を出しても口座を一定期間解約ができない事にあります。またこの口座の非課税枠を使っての投資総額が、合計で600万円までと決められており、それ以上の金額は非課税の対象とはならないという事があります。

非課税枠は毎年120万円まで設定されますが、前年度に枠が余ったとしても、翌年への繰り越しはできない事になっています。

また、確定申告において、損益通算が適用されないというデメリットがありますので、ニーサ口座で赤字となり、ほかの口座を使い黒字を出したとしても、差し引かれる事はありませんので気をつけなければなりません。

株式などの短期運用には不向きで、ニーサは長期運用でこそその恩恵が受けられるようになっています。

ポイント

NISAの活用法

NISA口座で運用を行なっていくには、まず損失を出さない賢い運用方法を行う事が大切になってきます。

単純に考えても、投資ですので損失を出さなくする事は難しいのですが、損失を抑える事は可能で、状況を見て上昇する傾向が見られないのであれば、早めのロスカットもやむを得ないでしょう。

また損失を抑える方法にはナンピン買いというものがあり、損失を抑えるテクニックのひとつとして、覚えておくと良いでしょう。このニーサ口座では、最長5年間の運用期間が認められていますが、投信や株が値下がりしている状態で赤字を出しても損益通算できません。

しかし、値上がり傾向が確かめられるのであれば、引き続き持ち続けるロールオーバーという手法を取る事も考えてみましょう。ロールオーバーとは、5年経った後翌年に引き続き、ニーサ口座で再度運用するという方法で、次の5年の運用で損失が小さくできたり、利益が出れば良いと見込めるならメリットはあると言えます。

ニーサ口座では損失が出ると、損益通算できないデメリットがありますので、なるべく確実に利益が望める長期運用で利用する事をお薦めします。

投資信託での長期運用を行うには、NISA口座はとても向いている方法と言えるでしょう。しかも家族で1口座持つ事もでき、最近はジュニアNISA口座も作れ、未成年でも口座を作る事ができます。ただし18歳になるまではおろす事が出来ません。

増えるお金