!シェアご協力下さい!

FXのレバレッジ

レバレッジとは

レバレッジとは、英語でLeverageと表記され、lever(レバー)が語源になった言葉です。leverは「てこ」を意味し、Leverageは「てこの原理」を意味します。

経済活動におけるレバレッジとは、元手よりも大きな金額で取引が行える仕組みのことを言います。例えば「10万円の元手に10倍のレバレッジをかけると100万円の取引が行える」といったように、レバレッジをかけることで小さな資金で大きな金額の取引を行うことが可能になります。

FXのレバレッジ

FXの最大の特徴は、このレバレッジを利用した取引が可能な点です。FXとはForeign Exchangeの略で、日本語で「外国為替証拠金取引」と言います。

「証拠金取引」とは、証券会社やFX会社などの業者に証拠金としてお金を預け、それを担保に金融商品の取引を行うことを言います。売買のたびに取引額を受け渡すのではなく、決済の際に売買により生じた差額(損益)のみを受け渡します。このような決済方法を「差金決済」と言います。

FXでは証拠金にレバレッジをかけて実際にあるお金よりも大きな金額で取引ができ、その取引によって生まれた損益を証拠金から決済する仕組みになっています。また、現在日本ではFXの個人取引でのレバレッジは最大25倍までと法律により決められています。

レバレッジによるリスク

レバレッジを利用すれば、少額の元手で高額の取引ができ、大きな利益を生むことが可能です。しかしその反面、損失も大きくなります。例えば、レバレッジ10倍なら利益も10倍になりますが、損失も10倍になります。つまり、レバレッジを利用すると「ハイリスク・ハイリターン」な取引になるのです。

そのため、FX初心者の方は低いレバレッジからはじめることをおすすめします。レバレッジが低いと大きな利益は望めませんが、大損もしません。FXに慣れるまでは、レバレッジ5倍~10倍の範囲で取引するのが安全です。

レバレッジ

ロスカット

レバレッジをかけて大きな損失が出ると、証拠金が全額なくなってしまうばかりか、マイナスが発生してしまう可能性が出てきます。FXではこれを防ぐために、「ロスカット」というシステムが用意されています。ロスカットとは、あらかじめ設定されている金額を下回った時点で即座に決済が行われ、証拠金がマイナスになるのを防ぐ仕組みです。

ロスカットによって基本的には証拠金以上の損失は出ないことになっていますが、為替レートが急激に変動してしまうと強制決済されたレートがロスカットの設定金額大きく離れてしまうことがあり、証拠金以上の損失が発生する場合もあります。レバレッジの設定を高くしすぎないように注意し、証拠金に余裕のある取引を心がけましょう。

レバレッジで大損しないために

レバレッジをかけることで、少ない資金で大きな利益がのぞめるようになりますが、その分ハイリスクハイリターンな取引になります。FXで大損しないためには、まずは低いレバレッジからはじめ、取引に慣れてきたら徐々にレバレッジを上げていくようにしましょう。