!シェアご協力下さい!

FXの用語を簡単にわかりやすく解説!

FXを理解する上で絶対に覚えておきたい基本用語をピックアップしてご紹介。FX初心者にも簡単にわかりやすく解説していきます。

レバレッジ

レバレッジとは、実際の資金額よりも高額な取引を行うことが出来る仕組みのことを言います。例えば10万円に25倍のレバレッジをかけると10×25=250で10万円の元手で250万円分の取引が可能になります。またレバレッジをかけられることがFX最大の特徴でもあります。日本では金融庁のレバレッジ規制により、FXの個人取引でのレバレッジは最大25倍に制限されています。

レバレッジ25倍

証拠金・余剰金

FXは自己資金を担保に、通貨売買の取引を行なうことが出来るというシステムになっています。この担保としてFX会社に預けるお金のことを証拠金と言います。

取引をするために必要な証拠金を必要証拠金と言い、その金額は日本では取引額の4%以上と法律で定められていますが、FX会社や取引する通貨によって異なります。また、新規注文が可能な金額のことを余剰金と言います。

FXとは投資の一種で、近年日本では若者を中心に非常に人気が高まっています。こちらでは、FXとは一体どんな仕組みで、どんなメリットやリスクがあるのかをご紹介していきます。

証拠金維持率

証拠金維持率とは、証拠金から含み益と含み損を加減した証拠金残高が、必要証拠金に対してどれほどの割合かを示した数値のことを言います。

証拠金維持率

ロスカット・マージンコール

ロスカットとは、証拠金維持率がFX会社の定める数値に到達するとすべての取引が強制的に決済されるシステムのことを言います。損失がこれ以上大きくなりすぎないようにするための仕組みです。またロスカットが発動される前には、証拠金維持率がロスカットラインに近づくとメールなどで警告されるようになっています。これをマージンコールと言います。

FXでは、元手以上の損失が出ることを防ぐために、ロスカットというシステムが用意されています。こちらでは、投資家の資産を守るこのロスカットという機能が一体どんなもので、どのような仕組なのかを解説していきます。

差金決済取引

差金決済取引とは、現物の受渡しを行わずに、売買の差額で生じた損益のみを決済する取引のことを言います。証拠金を預け、レバレッジをかけたり売りからでも取引出来ることから、FXは差金決済取引に分類されます。株式では差金決済は法律により禁止されています。

通貨ペア・基軸通貨・決済通貨

通貨ペアとは、FX取引で売買する2種類の通貨の組み合わせのことを言い、「米ドル/日本円」といったように通貨と通貨の間に/をいれて表示します。また左側に書かれている通貨を「基軸通貨」、右側に書かれている通貨を「決済通貨」と言います。

通貨ペア

通貨単位

通貨単位とは、取引する基軸通貨の単位のことを言います。1通貨=基軸通貨1枚を意味し、例えば米ドル/円の100通貨の取引であれば、100米ドルを日本円で売買するといった取引になります。

またFXでは、ダースやカートンのようにまとまった数量でないと取引が出来ません。FX会社ごとに取引できる最低通貨単位が定められており、現在の日本のFX会社では1万通貨が主流となっています。1万通貨の取引は1米ドル=100円のレートだった場合、100円×1万通貨=100万円分の取引という事になります。しかしレバレッジを25倍にすれば100万円÷25=4万円で取引が可能です。

FX口座を開設するために会社の比較をしていると、1,000通貨や10,000通貨といったように取引通貨単位というものが登場します。FX初心者が聞き慣れないこの取引通貨単位とは、一体どんなものなのか解説していきます。

Lot

FXでいうLot(ロット)とは、FX会社の定める通貨単位のことを言います。取引できる最低通貨単位が1万通貨ならば1ロット=1万通貨という事です。

pips

pips(ピプス)とは為替レートで動く最小の単位のことを言います。円は小数点第二位、円以外の通貨はすべて小数点第四位で表します。pipsは、どの通貨の値動きの幅も同じ単位で比較することができ、全通貨の共通単位とも言うことが出来ます。

pips①

FXを勉強していると「100pipsの儲け」や「50pipsに設定」などといった「pips」という言葉がたびたび登場します。このpipsとは一体どんな意味なのかを解説していきます。

BID・ASK・2wayプライス

BIDとは通貨を売る場合の価格(売値)、ASKとは通貨を買う場合の価格(買値)を意味します。BIDとASKは基軸通貨1枚あたり決済通貨でいくらなのかを表します。またこのように売値と買値という2つの価格を提示することを2wayプライスと言います。

スプレッド

スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の価格差のことを言います。最近ではほとんどのFX会社が取引手数料を無料にしていますが、実質的にはこのスプレッドの中から手数料分を確保しています。

スプレッド

FX初心者が必ず知っておきたい用語のひとつに「スプレッド」があげられます。ここでは、FXのスプレッドとは一体どんなものなのかを分かりやすく解説していきます。

スワップポイント(スワップ金利)

スワップポイントとは、通貨ペアの金利差のことを言います。通貨にはそれぞれの国が定めた金利があります。FXでは低金利の通貨を売って高金利の通貨を買い、その金利差=スワップポイントで利益を出すことが出来ます。しかし逆であった場合には、支払う必要があります。

スワップ

FXは価格の異なる2つの通貨を売買しその価格差で利益を出しますが、もうひとつスワップポイントで利益を出すという方法があります。今回はこのスワップポイントとは一体どんなものなのかを解説していきます。

スキャルピングトレード

スキャルピングトレードとは、超短時間でトレードを行うスタイルです。数秒~1時間といった短い時間で、ごくわずかな利益を狙って頻繁にトレードを繰り返します。1度の利益はとても少ないですが、この作業を何度も行い利益を積み上げていきます。短時間で取引を完了させるため利益を上げられる可能性が高く、ハイレバレッジで行うのが基本です。

デイトレード

デイトレードとは、1日で取引を完結させるスタイルのトレードです。1度の取引を行う時間は数十分~1日以内で、日付が変わるまでに必ず決済を行います。スキャルピングトレード同様利益は小さいですが、トレンドの影響を受けにくく、日々の損益を確認出来るといったメリットがあります。

スイングトレード

スイングトレードとは、大きな値動きの波(スイング)を狙う中期型のトレード方法です。一定の大きなスイングは数日~2週間ほどの期間で落ち着いてくることが多く、直近の相場の動きを予測しトレンドがつかめれば、レートの動きを長く見ている必要がありません。

キャリートレード

キャリートレードとは、数ヶ月に1回などの長期期間でトレードを行うスタイルです。FXではトレードの期間が長ければ長いほどハイリスクハイリターンになるため、この方法は初心者には向いていません。投機筋と呼ばれる大手のヘッジファンドや銀行のディーラーなどがこのトレードスタイルで、低金利の通貨でお金を借り、それを高金利の通貨に換えて国債などを買って利益を得ようとします。

トレードスタイル

チャート

FXチャートとは、為替レートなどの過去データをグラフに表したものです。チャートのパターンから相場の流れを予想することが出来ます。チャート上のレート価格は基本的にBIDレート(売値)にて表示されます。

FXはチャートと呼ばれるものを見て取引をします。まずはこのチャートの見方を覚えなくては、FXは始められません!ここでは、とっても簡単にFXチャートの見方について解説していきます。

テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析

テクニカル分析とは、為替相場の動向をチャートによって分析する手法のことで、チャート分析とも言います。これに対して、国の経済指標などをもとに分析する手法をファンダメンタルズ分析と言います。

ろくに相場の予想もせず、やみくもに取引を行っていてはFXでは勝てるようにはなりません。チャートや経済統計などの分析を行い、為替相場をきちんと予想することが大切です。ここではチャートのパターンについて解説していきます。
ろくに相場の予想もせず、やみくもに取引を行っていてはFXでは勝てるようにはなりません。チャートや経済統計などの分析を行い、為替相場をきちんと予想することが大切です。ここではファンダメンタルズ分析について解説していきます。

始値・終値・高値・安値

始値:指定した期間で最初に取引された価格。
終値:指定した期間で最後に取引された価格。
高値:指定した期間で最も高く取引された価格。
安値:指定した期間で最も安く取引された価格。

仲値

仲値とは、銀行などの金融機関が毎営業日ごとに発表する基準レートのことを言います。仲値が決まる時間は日本時間の9時55分で、アジアで最も為替が動く時間帯となっています。その後よほど大きな為替変動がない限りはその日一日の間適用され、仲値から1円以上の変動があった場合は「公表停止」となり、改めて仲値の決定が行われます。

ローソク足

ローソク足とは、始値・終値・高値・安値の4つの値動きをローソクのような形のグラフで表したものです。またローソク足は、始値よりも終値が高かった場合を「陽線」、始値よりも終値が安かった場合を「陰線」と言い、陽線と陰線は2色に色分けされています。ローソク足のパターンによって様々なサインが読み取れ、FXで最も使われているチャートです。

ローソクの名称

FXのローソク足には様々な種類があり、それぞれに特性があります。この特性を知ることでチャート分析の大きな手助けになるため、必ずマスターしておきたいテクニックです。今回は初心者にもわかりやすく、FXのローソク足の種類についてご紹介していきます。

トレンド

トレンドとは相場の流れのことで、買い勢力が強く価格が上がっていく場合を上昇トレンド、売り勢力が強く価格が下がっていく場合を下降トレンドと言います。

ろくに相場の予想もせず、やみくもに取引を行っていてはFXでは勝てるようにはなりません。チャートや経済統計などの分析を行い、為替相場をきちんと予想することが大切です。ここではトレンドラインについて解説していきます。

レンジ(持ち合い)

レンジ(持ち合い)とは売り勢力と買い勢力が均衡し、一定の値幅で値上がりと値下がりを繰り返す状態のことを指します。また、このような状態の相場をレンジ相場と言います。

レジスタンスライン・サポートライン

レジスタンスラインとは、チャート上で高値と高値を結び水平に引いた線のことを言います。サポートラインとは、チャート上で安値と安値を結び水平に引いた線のことを言います。どちらも多くの市場参加者が意識する相場のポイントとなっており、レジスタンスラインとサポートラインの付近に価格が近づくと、跳ね返されることが多く見られます。

しかし、レジスタンスラインとサポートラインを一度突破すると、価格がその方向に大きく動く傾向にあります。またそうなると、それぞれのラインが逆転し、サポートラインはレジスタンスラインに、レジスタンスラインはサポートラインになりやすくなります。

レジスタンス&サポート②

損切り・利食い

損切りとは、損失を抱えている状態で決済し、損失を確定させることを言い、ロスカットまたはストップロスとも言います。損失が発生し回復が見込めないと判断できる場合、損失額を確定させることでそれ以上損失が膨らまないように防ぐことが出来ます。なお、利益が出ている状態で決済し、利益を確定させることを「利食い」と言います。

塩漬け・ナンピン(難平)

塩漬けとは、損失が大きくなっても損切りをせず、回復を待ってそのままにしておく事を言います。またナンピン(難平)とは、損失が出ている状態でさらに買い足し又は売り足しをし、平均単価を引き下げる手法です。平均単価を低くすることで、回復の方向に向かえば利益が出やすくなったり、少ない損失で損切りをする事が可能となります。

順張り・逆張り

順張りとは、上昇トレンドで買い、下降トレンドで売るといったトレンドの方向に合わせて売買する方法です。またその逆で、レートが急落したときに買ったり、急騰したときに空売りするなどトレンドの方向と逆で売買する方法を「逆張り」と言います。

順張り逆張り

押し目買い・戻り売り

押し目買いとは、上昇トレンドで一時的に価格が下がった時を狙って買う事を言います。反対に、下降トレンドで一時的に価格が上がった時を狙って売る事を戻り売りと言います。

約定・決済

FXでは注文を出しても必ずその取引が成立するとは限らず、取引が成立する事を「約定」と言います。また、損益を確定し取引を終了させる事を「決済」と言います。

ポジション(建玉)

FXでは、決済していない状態の取引の事を「ポジション(建玉)」と言います。また、買いで入ったポジションを「買いポジション」、売りで入ったポジションを「売りポジション」と言います。

ポジション

ロング・ショート

ロングは「買いポジション」を持つ事を言い、ショートは「売りポジション」を持つ事を言います。ロングは通貨の価値が安い時に買って高い時に売り、ショートは通貨の価値が高い時に売って安い時に買い戻して利益を狙います。

ロールオーバー

ポジションを決済せずに翌日に持ち越す事を「ロールオーバー」と言います。ロールオーバーをする事により、スワップポイントの受払いが行われます。

ロールオーバー

成行注文

成行注文とは、現在の為替レートで手動で取引を行う注文方法です。例えば、現在113円50銭(BID):113円55銭(ASK)というレートの場合には、ドルを「成行で買い注文」し約定すると1ドル=113円55銭で買う事ができ、ドルを「成行で売り注文」し約定すると1ドル=113円50銭で売る事ができます。

指値注文

指値注文とは、現在の価格よりもいくら低くなったら買い、いくら高くなったら売るのかを前もって指定しておく注文方法の事を言います。

例えば、現在1ドル=100円の時に1ドル=99円に下がったら買いたい場合は「1ドル=99円で指値買い」の注文を出します。またその逆で、1ドル=101円に上がったら売りたい場合は「1ドル=101円で指値売り」の注文を出します。指値注文はリミット注文と呼ばれる事もあります。

指値注文

逆指値注文

逆指値注文とは、現在の為替レートよりもいくら高くなったら買い、いくら低くなったら売るのかを前もって指定しておく指値注文とは逆の注文方法です。

例えば、現在1ドル=100円の時に、1ドル=101円に上がったら買いたい場合は「1ドル=101円で逆指値買い」の注文を出します。またその逆で、1ドル=99円に下がったら売りたい場合は「1ドル=99円で逆指値売り」の注文を出します。逆指値注文はストップ注文と呼ばれる事もあります。

逆指値注文

IFDONE注文

IFDONE注文とは、新規注文と同時に前もって決済注文を出しておける注文方法です。新規注文が約定すると、自動的に決済注文が発動される仕組みです。注文は指値でも逆指値でも出す事が可能です。

例えば、現在1ドル=113円の時に「1ドル=115円で逆指値買い」と注文を出し、“もしこの注文が約定したら「1ドル=120円で指値売り」”という注文を前もって出しておく事が出来ます。

IFDONE注文

OCO注文

OCO注文とは、2パターンの注文が同時に出せ、どちらかの注文が約定すればもう片方の注文は自動的に取消になるという注文方法です。OCOとは、One Cancel Otherの略です。

例えば、現在1ドル=100円の時に買いポジションを持っていて、1ドル=110円に上がったら利益を確定させるために売りたい、1ドル=90円に下がったら損失を確定させるために売りたい”場合には、「1ドル=110円で指値売り、90円で逆指値売り」のOCO注文を出します。これで1ドル=110円になれば10円の利益確定、90円になれば10円の損失が確定になります。

OCO注文

IFO注文

IFO注文とは、IFDONE注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。IFDONE注文が約定すると自動的にOCO注文が出される仕組みです。つまりIFO注文は「新規ポジションの確保」「利益確定」「損切り」の3つの目的の注文を同時に出す事ができ、最初の注文が約定になると2つの決済注文が自動的に発動されるという仕組みになっています。

IFO注文

FXの注文にはいくつか種類があり、その特徴は様々です。今回は初心者にもわかりやすく、FXの注文方法についてご紹介していきます。

スリッページ

FXでは、注文時の価格と実際に約定した価格に差が出ることがあります。これをスリッページと言います。

スリッページ