!シェアご協力下さい!

FXの取引は時間帯ごとにどんな特徴があるか

FXの取引時間帯には特徴がある

FXを始めやすい理由のひとつに、株と違って24時間取引できるという点があります。24時間取引できるというのは、仕事をしながら兼業しやすく、FXが人気を集める要因であると言えるでしょう。

株の場合、例えば日本の有名な企業の株を取引するには東京証券取引所が開いている午前9時~午後3時にしか取引することは出来ません。

しかしFX取引を行う外国為替市場では、24時間絶えずどこかの国で市場が開かれているため、日本にいながらも24時間取引に参加することが出来ます。

世界時計

FXには取引の時間帯ごとに値動きの特徴があるのはご存知でしたでしょうか。FXは為替市場の価格に合わせて取引を行います。そのため、各国の為替市場の取引時間に合わせた時間帯ごとの値動きの特徴が現れます。

つまりFXでは、各時間帯の特徴を知っておけば予測もしやすくなり、取引をよりスムーズに行うことが出来るのです。

PCと子供

各国の為替市場の取引時間

為替市場の1日を日本時間で追うと、まず早朝4時頃にニュージーランドのウェリントン市場からスタートします。次にオーストラリアのシドニー市場、そして朝9時頃に東京市場が開きます。その後、香港市場、シンガポール市場と続き、取引の中心はアジア市場へと移ります。

さらに中東、ドイツが続くと夕方からヨーロッパの市場が開き始め、17時頃にはロンドン市場が開き、最後は22時頃にニューヨーク市場が開き、また翌朝、ウェリントン市場に戻るといったサイクルになっています。

ただし24時間取引が出来るのは平日のみで、金融機関がお休みになる土日祝は原則、FX取引は行われません。そのため、土曜日の朝にニューヨーク市場が閉じると、月曜日の早朝ウェリントン市場が開くまではFX取引を行うことは出来ません。

FX取引時間

ここまで世界中の様々な国の市場があるとお伝えしてきましたが、じつはFX取引を行う上で特徴を覚えるべき市場は、たったの3つで充分です。それは東京、ロンドン、ニューヨークの3つの市場です。

  1. 東京市場 8:00頃~17:00
  2. ロンドン市場 16:00頃~2:00
  3. ニューヨーク市場 22:00頃~6:00

FX取引を行う上では、この3つの市場の時間を把握しておくことは非常に重要になります。

ロンドン

またさらに言えば、東京市場はあまり重要ではなく、とくに重要になるのはロンドン市場とニューヨーク市場のふたつです。なぜなら、世界の為替市場の1日の取引高のうち、約40%をロンドン市場、約20%をニューヨーク市場が占め、このふたつの市場だけで全体の6割もの取引がされているのです。

これに対し世界で3番目に大きいと言われる東京市場でもたった5%程度にすぎず、ロンドン市場とニューヨーク市場がいかに巨大なマーケットで、影響力が高いことがお分かりいただけたかと思います。

自宅で取引

FX取引がしやすい時間帯と3つの理由

FX取引がしやすい時間帯

FX個人投資家にとって、一番トレードしやすい時間帯は、1日のうちで最も取引が活発になるロンドン市場とニューヨーク市場が重なる22時~2時の間です。

FX初心者がまずはじめに取引するのであれば、比較的取引のしやすいこの時間帯が一番おすすめです。ではなぜ、取引量が多いこの時間帯はFX取引がしやすいのか、その理由を見ていきましょう。

理由1:値動きが活発になる

ヨーロッパ市場とニューヨーク市場が開いている時間には、為替が動く材料である重要な経済指標などが発表されるため、東京市場が開いている時間に比べて値動きが活発になります。

FXでは通貨の価格差の変化で利益を狙うため、値動きが大きければ大きいほど稼ぐチャンスが生まれます。そのため、値動きが活発なほど投資がしやすいのです。

チャンス

また通貨ペアの価格が変動するには、資金の移動が必要です。ドル/円を買うという行為は、円をドルに両替するのと同じで、円からドルに資金が移動したことになります。

日本時間に取引される通貨は主に円やドル、豪ドルやニュージーランドドルといった通貨で、ユーロ/ドルやポンド/ドルといった通貨ペアは動きが鈍くなります。

そのため、様々な種類の通貨ペアの動きが活発になるには取引量が最も多くあらゆる通貨が取引される欧州時間で取引した方が効率が良いのです。

なるほど

理由2:勝率が上がる

もう一つの理由として、勝率が上がるから取引がしやすくなるという点があります。

例えばコインを投げて表と裏が出る確率は50%ずつですが、はじめは連続して何回も同じ面が出るなど偏りが出ます。しかしそれを何百回、何千回と繰り返していくと、表と裏の出る確率は徐々に50%に近くなっていきます。

つまりトレード回数が増えれば増えるほど勝率が上がっていくという事になります。そのため、市場の参加者が多く取引量が増加している時の方が取引できるチャンスも多いので、統計的に勝率が高くなるのです。

舞うお金

理由3:流動性が高くなる

流動性とは、商品や資産が損失を被ることなくどれだけ簡単に貨幣に変えることが出来るかの度合のことを言います。

例えば、ドル/円を1ドル=100円で100万通貨買いたい時に、世界のどこかにドル/円を1ドル=100円で100万通貨売りたい人がいないと買うことは出来ません。

もし1ドル=100円で売りたい人々の合計が50万通貨しかなかった場合、買いたい人は1ドル=100円以上の価格で買うことになります。

インターネット取引

このように自分の希望する取引が充分に出来るかどうかで流動性が高い、流動性が低いといった言い方をします。流動性が高いと自分の希望通りにスムーズに取引ができ、流動性が低いと自分の希望通りでの取引が難しくなります。

よって、流動性が高くなるこの時間帯はFX取引がしやすいのです。

おかねほしい

FXにおける時間帯別の特徴

では最後に、FXにおける時間帯ごとの特徴について、日本時間で順を追って見ていきましょう。

6:00頃

ニューヨーク市場が終わり、オーストラリア市場が開く時間。1日のうちで最も取引が薄くなる時間で流動性が極めて低く、まともに取引出来ないまま稀に価格が急変動する場合があるため、危険な時間帯であると言えます。

9:00~10:00頃

毎営業日9:55に、日本の銀行がその日の外貨取引の基準となる「仲値」を発表します。それに合わせて銀行などが大きな資産を投入したり、日本の輸入業者などが決済を行うため、売買が活発になります。

そのためドル/円が買われるという特徴があり、特に毎月5日、10日、15日、20日、25日、月末は決算が集中するためその傾向はさらに強くなります。

15:00頃

東京オプションカット時間のため、為替が大きく動くことがあります。東京オプションカットとは通貨オプションのカットオフタイムのことで、通貨オプションとは定められた期間、定められたレートで売る権利や買う権利を売買する取引の事で、カットオフタイムはその権利が使える締切時間を言います。

締切の直前は定められたレートに収束するための取引が活発になり、締切が過ぎた直後は直前に行った取引のポジション調整で活発になるのです。

17:00頃

欧州時間が始まり、ユーロやポンドを中心に取引が活発になり、全体的な取引量も増加します。また欧州勢による日本勢のポジションを狙った動きも多く見られ、東京時間とは動く方向がガラッと変化する時間でもあります。

22:00頃

ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間で、最も取引量が多く、動きも活発になります。またこの時間帯はアメリカの重要な経済指標の発表などもあり、それによって為替が大きく動くことがあるため、ニュースにも気を配る必要があります。

25:00頃

ロンドンフィキシングと呼ばれる、金₍ゴールド₎のスポット価格の決定がロンドン市場で行われ、大口顧客の取引によって為替レートが大きく動く場合があります。

時間帯の特徴

FX取引で最も注意したい時間帯

最も注意したいのは、日本市場からロンドン市場、ロンドン市場からニューヨーク市場への変わり目の時間帯です。この時間帯はそれまでの動きとガラッと方向性を変える場合があります。

これは、各市場の参加者がその市場が終わる前に自分のポジションを決済したり、次の市場の参加者が前の市場の参加者のポジションを狙ってポジションを立てるといった傾向にあるためです。

びっくり

例えば日本時間に上昇トレンドが続いていたのに、欧州時間が始まったとたんに下降トレンドに転向したといった感じです。

しかし非常に活発な動きを見せるため危険な時間帯とも言えますが、冷静に判断すれば大きな利益を狙えるチャンスの時間帯とも言えるでしょう。

見直す

まとめ

いかがでしたか。FXでは時間帯ごとの特徴を把握しておくことがいかに重要かご理解いただけましたでしょうか。

また、日本時間の夕方頃から取引が活発になるため、日本人にとって非常に兼業のしやすい投資だと言えるでしょう。

FXを副業で始めようとお考えの方はぜひ、こちらも参考にしてみて下さい。

FX取引を始めるには、FX会社で口座を開く必要があります。しかしFX初心者の方は、数あるFX会社からどこを選んでいいのか迷ってしまいますよね。そんな初心者の方におすすめのFX口座をご紹介していきます。