!シェアご協力下さい!

初心者が陥りやすいFX失敗の原因とは

失敗の法則と経験則

失敗は成功の元とはいいますが、だからといって失敗を繰り返すのは格言の意に沿っていない事になります。お金が絡んでくる取引はミスすること事態、それだけで大きな痛手を被るため失敗を犯さない手段を講じなければならないのです。

昔から日本人は過去の教訓を生かして、それを行動に取り入れて来ています。それが経験則と呼ばれるもので、これには失敗した体験談なども含まれているものです。全ての経験は、自分の糧となり教訓になりますので、この教訓を生かして全ての人間は大きく成長して行くものなのです。

よく素質があるとか、天才肌などの言葉を耳にしますが、こうした素養があったとしても、成長段階で上手く経験や訓練を重ねていかないと、それは自分の身にならず成功者になることは出来ないものです。

逆に素養が低くとも、努力の積み重ねによって、経験値を摘み成功をつかみ取る人物もいます。失敗の法則として、ユニークなものにはマーフィーの法則なるものがありますが、これには面白い実例が沢山ある事に気づかされます。

例えばトーストにバターを塗りますが、うっかり落とした場合、バターが塗られた面が着地する確率は、カーペットの値段に比例するなどと、とてもユニークなものがみられます。しかし、それは面白いで済まされますが、条件によっては面白いでは済まされない場合もあります。

チャートと数字

長期運用と短期運用

FX投資における、初心者が陥りやすい失敗は沢山ありますが、その多くは短期運用での原因による失敗が多く見られます。

ご存知のようにこの投資の運用方法には、リスクの少ない長期運用方法と、リスクを伴う短期運用方法が、投資の手法として用いられています。ではなぜ長期運用がリスクが低く、短期運用にリスクが多いと言われるのでしょうか。

長期運用は、外貨預金で知られる様に、円で外貨を購入し持ち続けて金利を得ようとする方法です。もちろんリスクが低いというだけで、リスクが全くないという事はありませんが、安定した外貨を選ぶ事で金利が低くとも安定した金利が得られます。

外貨と言えども、それぞれ自国の通貨ですので、国が存亡の危機に陥らなければ、価値が失われることは極めてまれだと言えるでしょう。

一方短期運用方法では、差益を求めるという事では同じですが、スプレッドとスワップがその比重を大きく占めています。つまり、短期で利益を求めようとする場合、レバリッジをかける事の重要性が大事になりますので、その倍率分だけリスクを伴う事になるわけです。

積まれたお金

初心者の陥りやすいFXの失敗例

初心者の陥りやすいFXの失敗例としては、ストップ値の変更が挙げられるでしょう。ストップ値とは利益が確定する範囲の設定値と、損切りが濃厚と思われる数値の設定値も事で、自分の考えで損得の分岐点を定める事で、リスクを減らす効果のあるものです。

失敗の原因となるものは、このストップ値のみ定め方と、自分が信じられなくなる事で、このストップ値を使わなくなってしまう事です。初心者のうちは、危険を回避する思考が作用しますので、どうしてしもストップ値の幅を短くしてしまいがちで、もう少しおいておけば儲かったはずなのにと悔やむ事もあります。

したがって、さらに深く設定しこれに成功すると、勘違いによって大きな利潤を求めてしまう事になり、その設定で失敗してしまう事でストップ値を置かなくなってしまうという事が多く見られます。

本来は小さな利潤の積み重ねで儲けていくはずが、大きな利益の追求によって自分を見失ってしまうのが、最大の原因とされています。こうした失敗をしない為にも、ストップ値は始めから少し広くしておく方が、資産に対するリスクとリターンが安定するものです。

失くなるお金

プロに見る短期取引方法の手法

短期の投資方法は、短期トレードと呼ばれるもので、一般的にスキャルピングトレードと言われるものになります。ではこの短期間とは、一体どの位の短い時間だと思われるでしょうか。

この時間の間隔は、個人差があり1日をその単位とする場合もあり、瞬時に判断する場合もありますが、プロの短期投資家であるトレーダー達の場合は、数十秒あるいは数秒単位で取引を行う場合も多いのです。

こうしたプロトレーダー達は、4時間以内には必ず決済取引を行いますが、その差益を大きくする為に、レバリッジの掛け率を通常よりも大きくして利益率を上げています。レバリッジを挙げる危険性は、皆さんもご存知かと思いますが、こうしたプロトレーダーは、利益確定取引と損切り取引を手早く行いますので、大きなレバリッジを掛けていても見切りが早い為にリスクが少ない訳です。

ただし、プロとして行っていますので、テクニカル分析を取り入れた手法を身に付け、ゴールデンクロスやデッドクロスなどを見つけ次第に、順張りや逆張りによる取引を常に行っています。当然自動売買などのプログラムも駆使しているのは当然と言えるでしょう。

FX取引における失敗は、ここで紹介した裳に以外にも、その原因は沢山あり、売り時を間違える事でミスをする場合が多いと言えます。こうしたミスを起こさない為にも、自ら取引時間を設定し、機械的に作業を行うという事も大切な事になっています。

お金を育てる