!シェアご協力下さい!

FXでレバレッジが設定できる会社は?

レバレッジは設定できない会社がほとんど!

元手以上の金額で取引が出来る仕組み「レバレッジ」は、FXの最大の特徴であり醍醐味でもあります。しかしこのレバレッジ、自分で自由に倍率を設定できるイメージで取引を始めるFX初心者の方が非常に多く、いざ取引を始めたら「あれ?どこでレバレッジを設定するんだろう??」と疑問を抱きます。

じつは日本のFX会社では、レバレッジを25倍に固定しているところがほとんどで、レバレッジを自由に設定できるFX会社は非常に少ないのが現状です…。

レバレッジ25倍

レバレッジが設定できるFX会社

日本国内の多くのFX会社では、レバレッジは原則25倍で固定されていますが、レバレッジの倍率を自分で設定することができるFX会社は以下の4社です。

FXブロードネット

FXブロードネット

YJFX!

YJFX

インヴァスト証券

トライオートFX

ライブスター証券

ライブスターFX

レバレッジの倍率が変わると、必要な証拠金の金額も変わってきます。例えば、YJFX!の「外貨ex」のレバレッジ設定画面では、レバレッジ1倍、10倍、25倍のいずれかを自分で選択することが可能です。ドル/円レートが1ドル=100円の時に1万通貨の取引をする場合、レバレッジの倍率によって必要証拠金額は以下のように変化します。

レバレッジ1倍:必要証拠金100万円

レバレッジ10倍:必要証拠金10万円

レバレッジ25倍:必要証拠金4万円

レバレッジが高ければ高いほど必要な証拠金の金額は少なくて済むことが分かります。

レバレッジ

レバレッジはロスカットに注意

さらにレバレッジの倍率によって違ってくるのが、強制ロスカットになる口座残高の金額です。

FXでは、元手以上の損失が出ることを防ぐために、ロスカットというシステムが用意されています。こちらでは、投資家の資産を守るこのロスカットという機能が一体どんなもので、どのような仕組なのかを解説していきます。

例えばYJFX!のロスカット基準は、証拠金維持率が50%を下回った場合です。つまり、先程の必要証拠金の金額では以下のようになります。

レバレッジ1倍:証拠金残高50万円で強制ロスカット

レバレッジ10倍:証拠金残高5万円で強制ロスカット

レバレッジ25倍:証拠金残高2万円で強制ロスカット

そして1万通貨の取引の場合、レートが±1円動くと損益は±1万円になるので、レートでいくら動いたらロスカットになるかを計算すると以下のようになります。

レバレッジ1倍:レート-50円で強制ロスカット

レバレッジ10倍:レート-5円で強制ロスカット

レバレッジ25倍:レート-2円で強制ロスカット

このように、レバレッジ1倍の取引であれば余裕ある取引が出来ることが分かります。またレバレッジの設定が高ければ高いほど証拠金は少なくて済みましたが、レートが少しでも動けば強制ロスカットの恐れが出てきてしまうのです。

ショック

以上の点から、レバレッジの倍率をなるべく低く設定すればリスクを抑えられ、安心して取引出来る事がお分かりいただけましたでしょうか。そのためFX初心者は、レバレッジの倍率が自分で設定出来ないFX会社よりも設定出来るFX会社を利用し、はじめは1倍や10倍、FX取引に慣れてから25倍にチャレンジするのがおすすめです。

レバレッジを調整する方法

では次に、自分でレバレッジの倍率を設定できないFX会社の場合では、どのように調整すれば良いのかを見ていきましょう。

多くのFX会社の取引画面には、保有しているポジションの現時点のレートでの評価額が、有効証拠金(FX口座残高から含み損益を加減した金額)の何倍かを表す“実効レバレッジ”というものが表示されています。つまり「今自分はFX会社に預けた資金の何倍の取引をしているか」を表すものです。実効レバレッジを求める計算式は以下の通りです。

保有ポジション評価額÷有効証拠金=実効レバレッジ

例えば、保有ポジション評価額が100万円の場合、実効レバレッジは以下のようになります。

有効証拠金100万円:実効レバレッジ1倍

有効証拠金10万円:実効レバレッジ10倍

有効証拠金4万円:実効レバレッジ25倍

実効レバレッジ

つまり有効証拠金が少なければ少ないほど実効レバレッジは高くなり、レバレッジを自分で設定できないFX会社の場合は、FX口座の残高と保有するポジションの金額によってレバレッジを調整することになります。

しかし注意しておきたいのは、FX会社が設定している固定レバレッジと実効レバレッジは別物であるという点です。実効レバレッジはあくまでもFX口座残高の状況を表した数値に過ぎず、固定レバレッジに応じた必要証拠金をFX口座に入金しなくては取引は出来ません。

黒板注意マーク

レバレッジが選択できる会社の場合、1ドル=100円の時に1万通貨(100円×1万通貨=100万円)の取引でレバレッジ10倍であれば必要証拠金は10万円。ロスカット基準が証拠金維持率50%を下回った場合であれば5万円を割ると強制的にロスカットが執行されます。

しかし、レバレッジが25倍固定のFX会社で同じ100万円分の取引をした場合、FX口座に10万円入金されていれば、実効レバレッジは10倍です。しかし、実際にはレバレッジ25倍で取引をしているので、ロスカットが執行されるのは証拠金が2万円を割った時です。

ロスカット間違い

FX会社が求める必要証拠金の金額は、実効レバレッジに応じた金額ではなく、あくまでも固定されているレバレッジに応じた金額です。もちろん実効レバレッジが低いほどリスクを抑えた取引にはなりますが、実際のレバレッジと実効レバレッジは違う意味を持っているという事を肝に銘じて取引をするように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか。今回はFXのレバレッジの設定についてご紹介していきました。より安全にFX取引をしたいという事であれば、レバレッジの倍率を自分で設定できるFX会社を選ぶのが良いでしょう。

またたとえレバレッジが固定されているFX会社でも、取引額を少なくすることで実効レバレッジを下げ、リスクを抑えることも可能です。FX初心者の方には1通貨単位や1000通貨単位で取引できる会社での取引をおすすめ致します。

おすすめのFX会社一覧

FXブロードネット

↓↓↓こちらですぐ口座開設できます↓↓↓

FXブロードネット

取引通貨単位のコースが選べ、さらにレバレッジまで設定できる!

ブロードコース(1万通貨)→レバレッジ1倍/20倍/25倍/25倍MC/25倍S

ブロードライトコース(1000通貨)→レバレッジ20倍/25倍/25倍MC/25倍S

※25倍コースは1日1回行われる強制決済判定にて保有ポジションの価値が預け入れている証拠金の20%を割り込んだ場合にロスカットが発動するのに対して、25倍MCはロスカット発動まで1日の猶予付き、25倍Sは証拠金が100%を切った時点でロスカットが発動。

YJFX!

↓↓↓こちらですぐ口座開設できます↓↓↓

YJFX

レバレッジ1倍/10倍/25倍のコースから発注ごとにレバレッジ選択が可能!

インヴァスト証券

↓↓↓こちらですぐ口座開設できます↓↓↓

トライオートFX

レバレッジ1倍/3倍/5倍/10倍/25倍のコースから発注ごとにレバレッジ選択が可能!

ライブスター証券

↓↓↓こちらですぐ口座開設できます↓↓↓

ライブスターFX

レバレッジ5倍/10倍/25倍/25倍Hのコースからレバレッジが選択できる!

※ライブスター証券は「コース変更」ではなく、新たにコースを追加する形式です。

※25倍コースは保有ポジションの価値が預け入れている証拠金の25%を割り込んだ場合にロスカットが発動するのに対して、25倍Hコースでは保有ポジションの価値が預け入れている証拠金の100%を割り込んだ場合にロスカットが発動され、自動的にポジションが決済されます。

SBI FXトレード

↓↓↓こちらですぐ口座開設できます↓↓↓

SBI FXトレード

業界でもめずらしい1通貨単位から取引でき、レバレッジを抑えることができる!