!シェアご協力下さい!

FXのチャートパターン

チャートパターンで相場の予測

チャートパターンとは、「チャートの形がこうなった場合、その後はああやって動くパターンが多い」といったように、言ってしまえば“チャートあるある”に当てはめて相場の予想をするといったものです。

計算式を用いるのではなく、チャート上に線を引いて値動きの形を浮かび上がらせ、その形のパターンから相場の予測を立てるといったもので、チャートパターンを覚えておくと、様々なチャート分析で役立ちます。

FXはチャートと呼ばれるものを見て取引をします。まずはこのチャートの見方を覚えなくては、FXは始められません!ここでは、とっても簡単にFXチャートの見方について解説していきます。

PCと子供

チャートパターンの種類

チャートパターンは大きく分けて2つのタイプに分類することが出来ます。1つ目は相場の天井と底辺を探りトレンドの転換点を見つける「反転型」で、2つ目は上昇トレンドと下降トレンドの中で発生するレンジ相場を探りその後の値動きを予測する「持ち合い型」です。

為替レートは高値と安値で山と谷を作りながらジグザクとした形で動いていきます。もしも山と谷がどのように作られるか事前に分かっていれば、それに従って取引をすれば大きな利益を生むことが出来ます。チャートパターンを使えば、その山と谷がどのように作られるか、おおよそ予想することが可能になるのです。

チャンス

反転型

まずは、相場の天井と底辺を探りトレンドの転換点を見つける「反転型」のチャートパターンから見ていきましょう。

ヘッド&ショルダー、ヘッド&ショルダーボトム

ヘッド&ショルダーは「トレンドが終わる時」に形成されるチャートパターンです。トレンドがある時でなければ見られず、レンジ相場には出現しません。数あるチャートパターンの中でもヘッド&ショルダーはとくに信頼出来るもので、よく当たるフォーメーションとされています。

人の上半身のように頭を中心に左右に肩があるように見える様子からこう名付けられ、日本では仏像が三尊並んでいるように見えることから「三尊(さんぞん)」とも呼ばれています。

ヘッド&ショルダー

高値を付けたあと下降し、一度上昇したものの前回の高値には届かずにまた下降、再度上昇するもまた下降してしまうとこのような形になります。2度も高値更新にトライしながらも結局反転してしまったことから、これ以上の高値更新は難しく、天井を表すとされています。

上昇トレンドが終わる時には上の図の形状で見られ、下降トレンドが終わる時には下の図のようなヘッド&ショルダーボトム(逆三尊)で見られます。

逆ヘッド&ショルダー

図に記載されているネックラインとは、ヘッド(頭)とショルダー(肩)の間が”首”(ネック)のように見えることからネックラインと言われています。ネックラインはそれ自体がサポートラインやレジスタンスラインとして機能します。

ネックラインを下回るとサポートラインがブレイクされたということで、相場が下降すると考える人が多くなり転落します。そのため、ネックラインを下回った時は売りのサインということになります。それまで上方向を見ていた人達がそこを起点にそっくりそのまま下を向くので、相場は上昇幅と同じくらい下落することが多くみられます。

ヘッド&ショルダー&ネックライン

ヘッド&ショルダーはゆっくり時間をかけて形成されるため多くのトレーダーが意識しており、相場を左右する力がとても強いチャートパターンです。そのため、これを活用するだけでも十分な利益を得られるほど固いチャートパターンとなっています。

ダブルトップ、ダブルボトム

ダブルトップもまた「トレンドが終わる時」に形成されるチャートパターンです。トレンドがある時でなければ見られず、レンジ相場には出現しません。同じ価格帯に2つの高値を付けたところが山のように見えることから、ダブルトップと呼ばれています。

ダブルトップ

上昇する相場が一旦頭を押さえられ下落するも、再度上昇をトライ。ところが前回の高値付近でまたもや下落。このように、2度天井を打つのがダブルトップのパターンです。3度天井を打てばトリプルトップと呼ばれ、下降トレンドで見られるのがダブルボトム、トリプルボトムとなります。

ダブルボトム

ヘッド&ショルダー同様、ネックラインを下回るとサポートラインがブレイクされたということで、相場が下降すると考える人が多くなり転落します。そのため、ネックラインを下回った時は売りのサインということになります。それまで上方向を見ていた人達がそこを起点にそっくりそのまま下を向くので、相場は上昇幅と同じくらい下落することが多くみられます。

前回の高値や安値の付近に相場が近づくと、前回の値を越えるのかどうかが非常に注目されます。ダブルトップは、これ以上の高値更新はない=天井と判断され、とても重要視されているチャートパターンです。

ダブルトップ&ネックライン

ソーサーボトム、ソーサートップ

下降トレンドの後、緩やかな下落と緩やかな上昇があり、その後プラットホームと呼ばれるレンジ相場を経て、上昇トレンドに転換します。これがコーヒーカップの受け皿(ソーサー)のような形に見えることからソーサーボトムと言われ、また逆の形をソーサートップと言います。プラットホームのレンジの抵抗線をブレイクした時が売買タイミングになります。

ソーサーボトム&ソーサートップ

ライントップ、ラインボトム

下降トレンドの後、狭いレンジ相場が継続し、取引高はそのままに上昇トレンドに転換します。このような形をラインボトムと言い、また逆の形をライントップと言います。レンジの抵抗線をブレイクした時が売買タイミングになります。

ラインボトム&ライントップ

スパイクボトム、スパイクトップ

スパイクボトムはVボトムとも呼ばれ、文字通り急激に値下がりした後に急激に値を戻すチャートパターンです。またこの逆の形をスパイクトップ、Vトップと言います。

一般的に見極めが難しいと言われるチャートパターンですが、経済指標の発表後などに急激に上がったり下がったりし、それを平常に戻す作業が行われる時に出現します。初心者の方がこれに巻き込まれて大損をするなんてこともあるので注意が必要です。

スパイクボトム&スパイクトップ

持ち合い型

では次に、上昇トレンドと下降トレンドの中で発生するレンジ相場を探り、その後の値動きを予測する「持ち合い型」のチャートパターンを見ていきましょう。

三角持ち合い

三角形を描くような形で相場がもみ合うチャートのパターンを三角持ち合いと言います。レンジ相場で価格の高値をつなげた線と安値をつなげた線を引き、この2つのラインが徐々に近づくような形になっていれば三角持ち合いです。

高値ラインと安値ラインを延長していくとどんどん狭くなり、どこかで交差することになります。そして必ずどちらかのラインをブレイクします。するとその方向に一気に相場が動くのが三角持ち合いのパターンです。

三角持ち合い

三角持ち合いの売買サインの目安は、上でも下でもどちらかのトレンドラインがブレイクした時です。上昇トレンドの中で出現し上にブレイクすると、上昇トレンド再開を示す買いシグナルに、下降トレンドの中で出現し下にブレイクすると、下降トレンド再開を示す売りシグナルになります。

レクタングル

高値ラインと安値ラインがほぼ平行で、長方形を描くような形のチャートパターンをレクタングルと言います。高値ラインと安値ラインをブレイクしたあとは、ブレイクした地点から2つのラインの値幅を垂直に伸ばした地点に最初に到達するとされています。

レクタングル

ペナント、フラッグ

相場が急上昇または急下降したあとに小さな持ち合いが現れることがあります。この時のチャートパターンは2本の抵抗線が平行に近ければ「フラッグ」、三角形に近ければ「ペナント」と呼ばれています。

フラッグとペナントは、期間が比較的短く、規模が小さいのが特徴です。またブレイクしたあとは、急上昇や急下降が始まった地点から、“旗”が始まった地点までの値幅(旗ざお部分の長さ)を、ブレイクした地点から垂直に伸ばした地点に最初に到達するとされています。

フラッグ&ペナント

まとめ

チャートパターンは相場予想をする上でかなりポピュラーな方法で、これらを覚えておけばかなり相場予想がしやすくなります。チャート上でどのパターンか認識出来れば、あらかじめ到達するラインやトレンドの転換点が予測でき、冷静にトレードを行うことが出来ます。

しかし、相場は必ずしもチャートパターンの通りに動くわけではありません。例えば、ヘッド&ショルダーが出現した状態にもかかわらず、トレンド転換せず高値を更新していくなんてことも十分あります。チャートパターンをさまざまなチャートと組み合わせて相場の予想を行うようにしましょう。