投資信託関連

初心者におすすめの投資

投資の方法には、自分で運用していくものと、第三者に資金を預けそれを運用して貰うといった、ファンドなどの信託商品がありますが、どれもが一定のリスクがあり、投資に際して二の足を踏んでしまう事はよくある話です。そうした中で、初心者におすすめの投資方法とはなんでしょうか。

簡単な投資の方法

財産を増やしていく為には、目標を持っておくというのも大事な事です。結婚資金や家を建てる為のマイホーム資金、そして子供や孫たちの為の教育資金も必要になってきます。現在一番切実なのは老後の不安感から、老後の資金を貯める為の運用を考える方も増えてきました。そこで、簡単にできる投資方法を知っておくといざという時に役立ちます。

投資信託で資産分散

投資信託などを行う際に考えておかなければならないのは、投資には常にリスクが付きまとっているという事にあります。これはどのような運用方法であれ、必ず存在するものであり、1カ所だけに投資する場合は、そのリスクも大きくなると考えなければなりません。そこで大事なのが資産分散です。

不動産投資の初期費用は?

不動産投資は新築や中古に関わらず初期費用が大きいので、それなりの資金が必要です。そのため、資金を準備するためにローンを組んでいく上でも融資がスムーズに行われない可能性もあり得ます。

基準価額とは

投資信託における常識とも言える基準価額とは、単に値段の事を指しており、こうした投資信託の最も基礎的な専門用語と言えます。また最小単位は1口となり、運用を行う信託の配当や金利などの利回りも、この1口を基準にしているものなのです。

リスクの低い投資信託、利回りは?

基本的に投資というものは必ずリスクというものが存在します。また、リスクが高いものほど利益率の高いものと言えるでしょう。リスクが低く、初心者が手をつけやすい投資信託の利回りは一体どうなっているのでしょうか?解説いたします。

投資信託は手数料に気をつけろ!

投資を行う際には、金利に目が行ってしまいがちですが、金利イコール利益とは限りません。投資信託は手数料が高く、コストを計算しておかなければ、思ったような利益が出ません。では投資信託では手数料はいくらかかるのでしょうか?

投資信託を銀行で購入するメリット

投資信託などのファンドを購入できるのは、何も証券会社などの運用会社や販売会社だけではなく、一般の銀行でも取り扱いを行っています。これは1998年12月に一般の銀行でも、その取扱いが認められるようになり、そのシェアも高い広がりを見せています。

投資信託の確定申告をする方法

投資初心者にはおすすめの投資信託ですが、確定申告の際にはどのようにすれば良いのか分からないという方も結構多いのではないでしょうか。そんなあなたに、投資信託の確定申告について具体的な方法をお教えいたします。