!シェアご協力下さい!

銀行の種類

金融緩和政策とは

金融緩和政策とは、公定歩合の調整によって、金利を引き下げる政策の事で、金利を引き下げる事で多くの企業が、設備投資や事業拡大にその資金を流用する事で、社会にお金が回るようにしていく手法のひとつです。

もちろん一般家庭にも恩恵があり、マイホームやマイカーなどの資金に充てる事ができますので、社会経済全体が潤う事に繋がるわけです。しかし、デフレ状態ではモノ余りになる事が多く、給与も引き下げられる為に全体の所得が少なくなり、購入を手控えるという事になりますので、逆に経済の停滞の原因となる事が多いのです。

さらに買い渋りが進むと、経済全体の利益率が低く推移し、企業が利益を得られない為に、さらに人件費などが減らされる事態に陥る為に、デフレは負のスパイラルが永遠に続くという現象になって行きます。

過去においてはこうした、公定歩合の引き下げによる恩恵がありましたが、デフレで円高状態の経済ではあまり意味をなさない事も多くあります。しかし、経済は一定ではありませんので、やがてインフレの時代に突入する事は間違いのない事でしょう。

でかいビル

日銀の歴史

明治時代に起こった最大の戦争と言えば、やはり西南戦争でしょう。西南戦争は日本中を戦乱の渦に巻き込み、内乱による国内の経済は物不足によるインフレが深刻な問題となってきます。政府は戦費調達の為に、政府紙幣や国立銀行紙幣が増発された事が、その原因となったのです。

当時は明治維新直後という事もあり、通貨価値の安定を図る為1881年に日本中央銀行を設立し、翌年には日本銀行条例が制定される事になったのです。そして銀貨と交換のできる兌換銀券を発行しますが、しかし次第にそうした紙幣はそぐわなくなり、1942年から兌換の文字を無くした日本銀行券が発行され、日本は金本位制から管理通貨制へと本格的な移行を見せる事になりました。

多色刷りの紙幣が発行され始めたのは、1938年に発行された千円札からの事で、もちろん偽造防止の為の工夫として作成されました。紙幣に使用される紙質にも良いものが使われ、これ以降日本のお札は技術的にも進んだ貨幣となって行きました。日本銀行はネオバロック建築で、上空から見ると円の字に見える事でも有名で、国の重要文化財にも指定されています。

桜

日銀の機能

一言に銀行と言っても種類は多く、その中でも核となっているものが、中央銀行である日本銀行の存在でしょう。日銀は日本政府と対のような受け止められ方をしていますが、行政機関などではなく実際は日本政府とは独立した、一つの株式会社で特殊法人でもあります。

日銀の機能は、紙幣を発行する事とその紙幣を調整する役割があり、市中銀行とされる一般銀行から預金を受け入れ、銀行に貸し出しという供給源でもあります。また、政府は日銀に専用の口座を持ち、政府の資金の収支がこの日銀の口座で行われている事で、政府の銀行とも言われています。

また日銀は金融政策として、公定歩合の引き上げや引き下げによって、経済の発展にも寄与しているのです。こうした経緯から、政府とは独立していますが、日銀トップである総裁を選択できるのは内閣総理大臣だけで、これを承認するのが国会となっています。

しかし、通貨となる硬貨は造幣局で、紙幣は印刷局で作られており、ともに政府の管轄の財務省です。これは日銀法自体が、政府の財務省の起案による国会決議で行われている為に、こうしたシステムが作られているわけです。

日銀

銀行の種類

日銀はジャスダックに上場している認可法人ですが、日本の金融の中心となっている中央銀行です。ほかにも銀行はありますが、日銀以外は市中銀行と呼ばれているもので、その中でもゆうちょ銀行は、元々郵政省の管轄でしたが、2007年の民政化に伴って、日本郵政公社が持株会社として日本郵政株式会社となり、郵便事業株式会社、株式会社ゆうちょ銀行、株式会社簡保生命保険の4事業として分社化し、誕生したものです。

これまで都市銀行13行が、1980年代まで大手銀行と呼ばれていたものが、バブルの崩壊と共に不良債権処理問題が表面化し、再編時代に突入する事になりました。この為、三大メガバンク体制が確立され、商業的なバンクだけでなく、信託銀行や証券会社にリース、シンクタンクなどからなるグループを形成する事で、国際競争力を得る事を目指しているのです。

他の大手銀行と言えば、同じく再編統合を行ってきた、りそなホールディングスや三井住友トラストホールディングスなどがあります。他には各地に根付いた地方銀行や、信託銀行に信用金庫や信用組合などがあり、IT時代らしくネットバンクなども人気の銀行です。

日本は銀行の種類も多く、どこの地域に居ても金融関係で困る事はあまりないようです。それと言うのも、インターネットやコンビニなどの普及によって、あらゆる場所にATMが設置された事によるものが大きいのでしょう。

印鑑と通帳