!シェアご協力下さい!

無担保で銀行から融資を受ける方法

企業融資での無担保の借り入れ

企業融資での無担保の借り入れ方法には、上場企業のような取引規模で、銀行に対して強い立場を行使できる場合であれば、比較的簡単に融資を受ける事ができますが、中小企業規模ではそうはいきません。したがって、代表者の個人保証とある程度の担保が必要となるケースが多いと言えるでしょう。

しかし、そうした中企業でも業績を伸ばしている企業であれば、無担保のケースも生じますので、銀行次第といったところでしょう。また、保証協会の保証を受けられる場合においては、代表者の連帯保証は必要となりますが、第3者保証や担保の必要のない融資が受けられます。

ただし、保証限度額や、企業の業績による体力という個別要素をクリアしなければなりません。融資の世界においては、銀行引受私募債の発行をする場合なども考えられ、純資産1億円以上であれば、こうした融資を受ける事ができます。

ただし、中小企業ではかなりハードルの高い設定と思われ、クリアして行く為にはかなりの努力を要する事でしょう。銀行引受私募債は健全な企業である証でもありますので、信用力が増す事に繋がります。

オーデション

無担保ローンとは

無担保ローンとは、担保の必要のないローンで、銀行ではマイホームローンを始めとする融資が、こうした形のローンとなっていますが、銀行融資は基本的に無担保で行われます。

この無担保ローンは商品名で、融資限度額は比較的低めに設定されており、1500万円以下という事が多いのですが、金利が高めと言える商品でしょう。しかし、一般的なマイホームローンと比べてみると、審査のハードルが低くその分スピーディーな融資を可能にしているのが最大の利点とも言えます。

具体的に言えば、マイホームローンの融資を受けるには、一般的な住宅向けローンに際して、事前審査1週間から3週間かかり、さらに本審査が必要となりますので、さらに1週間はかかるという事になります。

無担保ローンの場合は、審査がとても早く利用方法としては、最近増えている中古マンションや戸建住宅を低価格で購入し、こうした不動産のリフォームに利用するという方も増えています。金利が一般のマイホームローンよりも、若干高めという事もありますので、どのローンを利用すれば得なのかを、検討する事も必要でしょう。

組合

担保融資とバブル経済の失態

銀行融資は、ほとんどの場合無担保の場合が多く、銀行が行う融資の割合も一番高いものとなっています。しかしひと昔前までは、銀行が担保至上主義だった時期もあり、担保があればいくらでも銀行融資を実行していました。

それは銀行融資の際の審査においても、最終的に担保がある事で融資金は全額回収出来ますので、担保融資自体に銀行はメリットを感じていたわけです。しかし、金融自由化の波で、この金融業界自体が競争力の強化がなされており、実際に弱体した銀行は合併や吸収によって、体質を強化しつつあります。

したがって、融資そのものの質も変わってきており、無担保であっても融資の審査のポイントが、利用者の収入や事業の状態によって、返済出来るかどうかの判断に変わってきたわけです。実はこの担保至上主義には苦い経験があり、バブル経済に時期には錬金術師のように、お金を産み出していたのがこの担保融資でした。

会社が赤字であろうとなかろうと、担保さえあれば融資を繰り返していた為に、バブルがはじけた際に多くに銀行が莫大な負債を背負う事になったのです。

恐怖

用途に合わせた無担保ローン

ローンによる融資は、決して高額借り入れだけではなく、少額規模であれ銀行にとっては大事な業務となります。ただし、一番気になるのが金利の問題で、額が大きくなればなるほど利息が増えますので、同時にリスクを背負う事にもなります。

しかし、1か月以内の返済であれば、消費者ローンでは30日間の無利息サービスを行っているところもありますので、こうした業者を頼るのも有効な手段でしょう。特にこうした金融業は短時間で融資を行い、審査も比較的に簡単ですので利用価値はあります。

また多くのネット銀行では、通常の市中銀行よりも安い金利で融資ができます。金利は金額に応じて違いますが、最高でも18%までと定められており、こちらもその日のうちに現金を手に出来る、スピード融資を行っている金融機関もあります。

また返済プランによっては、数千円からの最低返済額を行っている金融機関や、カードで返済する事もできますので、誰にも知られずに返済する事も可能です。しかし、ある程度高額の借り入れが必要ならば、審査は厳しくとも低金利の銀行で借り入れを行った方が安全と言えます。

現在多くの銀行では、融資の際には無担保融資が一般的になっています。多くの金融業では借り入れは借金と同様、本人の負債となりますので、借り入れを行う際には慎重に、そして計画的に借り入れを行うようにしましょう。

金女