!シェアご協力下さい!

銀行の学費ローン

教育ローンとは

教育ローンとは、その名の通り教育に対して、資金が必要な際に行われる融資ですが、一定の規定があり、それは義務教育のお子さんの教育資金としては、使えないという定めがあります。

つまり、公立の小中学生という義務教育には応対しませんが、高校や大学以外にも短期大学や専門学校といった教育機関は、融資OKであり小中学であっても、私立の学校であればこの教育ローンが使える事になっています。

また、ご両親のどちらかがお務めの場合、勤務先によっては福利厚生として共済や健康保険組合により直接融資を受けられるような仕組みを取り入れているケースもあるので、入社の際に確認しておくと良いでしょう。

この教育ローンには、2つの種類があり、一つは銀行などの金融機関が行っている融資サービスで、もう一つは国が運営する教育ローンというものがあります。ただし、一定の条件がありますので、当てはまらない場合は融資が出来ません。

また、学生である本人を対象とした、金銭的な支援制度などもあり、奨学金制度や学生ローンなど有利な利息で、借入できるものもあります。

スタディ

国の教育ローン

教育ローンには、世帯収入や家庭状況などの理由によって、教育資金の拠出に行き詰っている場合などに、利用できる教育ローンがあり、その条件や機関などによって色々な種類のローンが存在しています。

借入先となるのは公的機関で、日本政策金融公庫でその主な取り扱いがなされています。日本政策金融公庫は、2008年に設立された会社で、国民生活金融公庫と農林漁業金融公庫、そして中小企業金融公庫が解体され統合されたものです。

利用するに当たっては、別生計である連帯保証人の設定が必要で、不在の場合は公益財団法人教育資金融資保証基金による、信用保証の委託が必須条件でその際、審査や一定額の保証料が必要になってきます。

融資は所得制限があり、学生1人あたり300万円以内とされる教育融資が一般的ですが、各都道府県や政令指定都市または中核市などで行っている、母子父子寡婦福祉資金貸付金という制度も利用可能です。

名称の通り、母子家庭課父子家庭のみ、限定されているものです。また非営利団体として、低所得世帯向けの生活福祉資金貸付や一部の生活協同組合、NPOバンクなどもこうした貸付を行っている場合があります。

勉強する子

銀行の学費ローン

銀行学費ローンは、銀行のローンサービスのひとつで、非常に低金利で教育資金を借りる事ができます。銀行によっては、子供が進学先を決める前からの融資も可能で、在学中は利息のみのお支払いという事も可能な場合がありますので、詳細は銀行でお確かめください。

国の教育ローンと違うのは、固定金利となっていますので、現在のような低金利の時代では恩恵が受けられますが、インフレにより金利が上昇した際には、高い金利が科せられる事もあります。

また、担保や保証人がいない場合にも利用でき、不要である代わりに、保証料金を支払う必要が出てきます。そしてネックとなっているのが、世帯年収の上限が条件として設けられているという事もあり、両親が共働きなどのご家庭では、非常に利用しにくいと思われるケースが考えられます。

銀行学資ローンは、固定金利と変動金利が選べるようになっている事も多く、担保や保証人が不要という場合もあります。そして国の教育ローンと真逆なのが、年度所得が一定の金額以上である事が条件となっている事でしょう。

豚貯金箱

学費ローンに使用できる費用

子沢山な家庭や、もうすぐ支払いが終了するローンがある場合、借りる事に躊躇してしまう場合もありますが、お子さんの教育にはなるべくお金をかけておきたいものです。

お子さんの教育資金として考えられるものは、まず受験料や入学金の準備金が必要で、合格すれば授業料の支払いや教科書代などの諸費用、あるいは県外の場合なども考えられます。

離れて暮らす場合には、アパートなどの家賃や生活費の為の仕送りも必要で、通学するための交通費も必要となるでしょう。また運動選手など特待生などの場合、部活動の遠征費や合宿費なども当然必要なものとなってきます。

他にも予備校や塾などの月謝や、夏期・冬期講習の受講費用にも利用できますし、海外留学や海外実習等の費用または、英会話や資格取得などの費用にも利用可能となっていますので、積極的に活用して行きましょう。

また借り入れタイプによって、当座貸越型や証書貸付型の2つを選ぶ事も可能となっており、証書貸付型は一括借入れタイプで、前者は必要な時に資金を借りるもので、カードが使われていますのでATMで借入する事ができます。

子供の教育に一番かかるのが、高校生以上という事になり、私立の大学であれば、更なる教育資金を必要とします。教育積立預貯金なども利用しながら、教育費に当ててはいても足りない場合もあるわけで、こうした際に助かるのが銀行学費ローンというものです。

粘土の家族