!シェアご協力下さい!

銀行の借り入れの審査

借り入れの審査基準

銀行融資による借入金の審査は、必要書類の内容や面談による結果を元に、担当スタッフが融資可能であるか否かの判定を下す事になります。十分な収入があるにもかかわらず、融資を受けられないという場合も当然あり、それは給与所得以外の難点が、存在している可能性があるのかもしれません。

あなたが第三者に物などを貸す場合にも、乱暴に扱うような方には貸したくないのが道理で、壊される可能性や返却してもらえない可能性の高い方には、貸し渋るのは当然とも言えるでしょう。

これは逆に取る事もでき、返済能力が高いと判断されれば融資の可能性は高まり、そうした証明を書類や面談で表す必要があるという事にもなります。その為にも、現実的でしかも実効性のある事業計画書や、開業や起業を行うのであれば、それまでの経験を担当スタッフに示す必要があるわけです。

さらに、確実な担保や保証人など、堅実に返済が行える事を証明しなければならないという事にもなるわけです。難しいのはその基準が、融資バンキングによって様々という事で、100%確実なものはありませんが誠実さが必要となります。

予算

融資対策

借入を行う際に気を付けなければならないのは、印象というもので、面談と事業計画の内容がお粗末であれば、なおさら融資を受けられる可能性は、如実に低くなってしまう事は言うまでもないでしょう。もちろん、最上要点課題となるものは、確実に借り入れ金額を返済できるか否かにかかっているのは間違いのない事で、書類の不備などは言語道断といったところでしょう。

事業計画とは、今後の収入の見通しとなる収益や損益計画の事ですので、しっかりとした書類を提出する事が必要となってきます。銀行融資というものは、銀行の融資担当者だけの判断ではなく、その上に上司となる責任者の判断を仰ぐ事になっています。融資側も金銭を貸すのですから、100%取りはぐれのないように判断しているのです。

あくまでも貸す側ですので、銀行側が優位であることは間違いのない事で、横柄な態度を取ったり、言葉遣いや態度が偉そうであったりするだけで心証が悪くなります。また、ネガティブ思考な対話は禁物である事は勿論、人間性も加味されますので汚らしかったり、遊び好きであったり物やお金を大事に扱わない方は、当然マイナス評価と思って下さい。

土台が大事

事前審査と本審査

100万円を超えるような大きな融資には、事前審査が必要な事も多く、特にマイホームローンを組む場合には、必ずこの事前審査が必要となって来るものです。事前審査は仮審査とも呼ばれるもので、これを通らない事には当然本審査が受けられないという事になり、融資を受けることは出来ません。

ただし注意しておかなければならないのは、事前審査が通ったからと言って本審査が通るとは限らない事です。また銀行によっても対応が違いますので、本審査のみといったケースもあり得ます。事前審査には2日から1週間かかるもので、主な審査区分は年収と勤務年数そして勤務形態などが挙げられます。

さらに本人の現在と、過去の他のローンなどの借り入れ状況や、返済状況を調べられる事は言うまでもありません。事前審査は金融機関による審査ですが、本審査は信用保証会社による審査となります。通常1週間から1ヶ月ほどかかるもので、本人の返済能力は勿論の事、不動産物件の担保価値なども厳しく審査される事になります。

カレンダー

融資の借り入れに必要な書類

融資の借り入れに必要な書類となるものはいくつかあり、これらを出し忘れるなどといった事は、担当者の心証が悪くなりかねません。申込書などの提出書類は、全て銀行にありますので事前に確かめておくと良いでしょう。

必要となってくる書類には、まず住民票と印鑑証明書、そして課税証明書となりますが、最寄りの居住地の市区町村役場でこれらを手に入れる事ができますが、実印登録を行っていない場合には、先に登録しておく必要があります。

源泉徴収票は、勤務先の経理担当者に求める事になります。そして、申告所得税納税証明書は、地元の居住地の税務署で申請しましょう。また、事業税納税証明書が必要な方は、都道府県税事務所がその入手先となります。土地や建物などは登記事項証明書が必要で、マンションは妙本ですが、これは物件所在地を管轄している法務局が申請元です。

公図は地図となるもので、物件所在地を管轄している法務局か市区町村役場で入手する事になります。印鑑証明は合計で本人が4通、連帯保証人の方や所得合算をされる方は3通必要となり、担保提供のみされる方は2通が必要となります。

銀行でのマイホームローンを借入する際に、こうした審査が必ず必要となってきますが、不動産会社が仲介に入っている場合、これらの手続きを代行して行ってくれる事もありますが、本人に関する必要書類は必ず自分で揃えなければなりません。

いろんなグラフ