!シェアご協力下さい!

銀行のカードローン

銀行がカードローンを始めた理由

ご存知の通り、銀行ではさまざまな商品を提供しています。個人向けには、定期預金や普通預金はもちろんのこと、教育ローンやマイカーローン、そして住宅ローン、そして個人向けのみならず、法人向けの融資なども積極的です。

しかし、昨今の景気不況で法人向けの融資は先細り。個人向けのローンを活性化させたい銀行は、まず個人向けローンの周知徹底がなされていない状況を打破すべく、その取っ掛かりを作ることとしました。

それが「カードローン」です。これが、まるで消費者金融のキャッシングのような使い勝手に、銀行ならではの低金利と限度額の多さも相まって、一気に注目を集めました。

さらに、カードローンと住宅ローンなどのローン商品を一緒に利用すると、金利がお得になるというようなキャンペーンも行っており、これがカードローン加入の追い風となっております。カードローンを呼び水として、その奥のローン商品への興味関心を高めてもらう、これが銀行の戦略のひとつです。

メガバンク

銀行と消費者金融の業務提携

しかしこれは、銀行単独でできたことではありません。銀行は、法人向け融資や個人向け住宅ローンのノウハウはあったとしても、個人向けのカードローンのノウハウはありません。特にメガバンクなどはそういった傾向が強く、ノウハウがない状態でカードローンを行っても、収益が悪化するのは目に見えています。

そこで銀行がとった戦略は、すでに個人向け融資のノウハウを十分に持っている、消費者金融と提携をすることでした。三菱東京UFJ銀行は消費者金融大手のアコムと、三井住友銀行はこれまた消費者金融の雄であるプロミスと提携を結びました。

この業務提携によって、メガバンクが得るものは非常に大きく、例えば三井住友銀行のカードローンの審査はプロミスが行っており、保証会社もプロミスが行っています。保証会社は、お金を借りた人が返済できなくなった場合、貸金業者にお金を立て替えてお金を借りた人から回収する役割を担っています。

三井住友銀行からすれば、面倒な回収業務はプロミスに任せられますし、広範なプロミスのネットワークも利用可能です。銀行のカードローンは、未知なる個人向け融資の新たな可能性への挑戦といえます。

megabank