!シェアご協力下さい!

銀行でお金を借りる

銀行のはじまり

銀行の歴史は紀元前3000年までさかのぼれるほど大変古く、古代バビロニア王朝では神殿において人々の貴重品となる財産を保管したり、穀物や家畜を貸しつけを行っていたとされています。古代エジプトでは穀物が一種の通貨としての役割も果たしていた為に、こうした穀物での支払いも行われました。

しかし、遠方での取引ですとわざわざ大量の穀物を運ぶというわけにもいかず、手形での支払いなども行われ、現在の為替と同じ役割も果たしていたのです。同時にこうした穀物倉庫同士のやり取りには現在の小切手や銀行振り込みのような取引のケースも行われており、羊皮紙やパピルスなどに記録され、当時の人々は穀物を移動させる事なく、穀物の取引を行っていたのです。

やがて通貨が作られ、両替商も仕事の一つとして行われるようになると、通貨を同じように流通させたり、資金を貸し付けたりするようになっていったのです。やがて経済の仕組みも複雑になり、小切手や手形に債券などといった金融も、専門性が必要になって来ると、国から認められるような銀行として、確立して行ったのです。

スフィンクス

銀行の審査

銀行からローンなどのまとまったお金を借りる為には、一連の流れを知っておく必要があります。そうした知識が無ければ、いざお金を借りる時に足りないものや、書類などに不備がある可能性が出て来る事も考えられるからです。

銀行ではお金を借りる際には、融資という形で現金を受け取る事になりますが、個人融資で主なものには、住宅ローンや教育ローン、またはマイカーローなどが銀行融資として行われているサービスです。

住宅ローンでは住宅金融公庫から融資を受けるという形が一般的でしたが、現在低金利という事や金融融和策などの面からも銀行ローンが現在では主流となっています。同様に、教育ローンにおいても借りやすくなっていますが、お子さんが義務教育以上の学校であるか、または私立の小中学校である事などが条件になっていますので、注意が必要です。

銀行融資は一定の制約があり、審査が厳しいとされていますが、カーローンに際してもディーラーなどに借入するよりも銀行ローンの方が低金利な場合が多いので、審査を受けてみる価値はあるでしょう。

評価する人

銀行融資プランナー協会

銀行融資プランナー協会とは、2013年に立ち上げられたもので、中小企業経営者が円滑な企業経営を行う為に円滑なサポートを行う為の支援活動がおもな目的になっています。中小企業が事業をスムーズに展開して行く為に必要となるものは資金力と人材確保ですが、その人材も一定の運営資金をキープしておかなければ円滑な業務を行うことは出来ません。

したがって一番大事な資金は、銀行などの金融機関に頼るしかほか無く、こうした銀行とのスムーズなやり取りをサポートするのが銀行融資プランナー協会の役割なのです。実際に企業側が融資が受けられないケースを見てみると、企業側の財務知識やスキル不足などにより、それらに起因するいろいろな誤解や行き違いが起こる事も多く、本来受けられていたはずの融資も受けられなくなったなどのケースも多いのです。

こうした場合、多くは闇金融などに手を出し、破滅の道を歩む事も少なくない為、会社の資金繰りに与える影響を管理し、これらを予測していく事で必要に応じた資金調達等の支援を行うができる、会社の必要性が急務とされたのです。

お金を渡す

新規開業融資

社会に出て一定の経験を積むと、それらの経験を生かして新たに開業や起業、そして独立を夢見る方も多いかと思います。この時一番難儀なのが、資金調達に関する融資という事になるでしょう。社会にでて10年やそこらでは一般的に十分な資金などを得る事が出来ませんので、銀行などの金融機関から借りるしかほか無さそうです。

しかし10年や20年程度の社会経験で、しかも担保と言えるものが無い状態では、借りる前から敷居が高く、多くの方はこの時点で夢を諦める事になります。しかし、世間はこうした夢に門戸を開いた新規開業融資制度というものが存在しており、新規に事業を始めようとする人はこの融資制度によって無担保と無保証人でも、融資を受ける事が可能となる制度のひとつです。

もちろん申請が必要ですが、社会人であれば年齢もさほど重要ではなく、女性や若者にシニアの方であっても自由に申請が可能です。ただし、申請を行うにあたって事業計画書が必要であり、融資元となる銀行などの金融機関にあなたの事業プランや考えを知ってもらう事で、投資先として認めてもらう必要があります。

銀行からお金を借りるには一定の審査が必要となりますが、現在低金利という事もあり、銀行での借り入れをする方も多くなってきています。これはローンを組むだけではなく、現在支払いを行っているローンの借り換えによっても、大きく利息を減らせるメリットがあります。

ガッツポーズ