!シェアご協力下さい!

銀行のカードローン

消費者金融のキャッシングとの違い

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングとではどのように違いがあるのかと思っている人も多いのではないでしょうか。この違いとして法律があります。銀行では銀行法、消費者金融のような貸金業者では貸金業法によって営業をしています。この法律の違いによって、借りやすさも違いが出てきます。

貸金業者では総量規制という法律があります。この総量規制では、年収の3分の1までの融資しかできないことになっています。これは1社からの融資額ではなく、貸金業者全ての借入総額が年収の3分の1ということです。

この総量規制があるために、消費者金融からの借入が難しい人もいます。しかし、銀行法ではこの総量規制はないことから、銀行カードローンは年収の3分の1までといった、年収によって融資額を制限されることがありません。このように、銀行カードローンは総量規制の対象外で、多くの借入を考えている人には利用しやすいのが特徴です。

カードいろいろ

金利が低い銀行カードローン

銀行カードローンの特徴として、消費者金融と比べると金利が低いことがあげられます。この金利は、融資額によって決められ、融資額が大きいほど金利が低く設定されることになります。そのため、少額の融資しか受けられない人は、どうしても高い金利でお金を借りるしかありません。

大手消費者金融でも、上限金利を18%程度に設定をしています。しかし、銀行カードローンであれば多くが上限金利は14%程度で、金利に大きな差を感じるのではないでしょうか。銀行カードローンは、少しでもお得にお金を借りたいという人、少額の借入を考えている人にも最適です。

グッド

銀行カードローンは審査が厳しい?

銀行カードローンは総量規制対象外で金利も低いことから、利用を考えている人も多いのですが、気になるのが審査です。一般的に消費者金融よりも銀行の方が審査が厳しいと考えられていて、この審査が気になり金利の高い消費者金融を選ぶ人もいます。

この審査で大きなポイントになるのが信用情報です。銀行も消費者金融も、申し込みを受ければ必ず個人信用情報機関に記録されている信用情報を確認します。信用情報には、現在どこの金融機関からどの程度の借入があるのか、その返済状況なども確認できます。この信用情報に、長期間に及ぶ延滞をしていたり、債務整理などの記録があれば、比較的審査に通りやすい消費者金融であっても審査に通るのは難しいです。

このことからも、銀行であっても信用情報に問題がないのであれば審査には通りやすいと考えることができます。また、大手銀行などでは大手消費者金融を保証会社とし、審査ではこの保証会社が審査をすることからも、銀行だからといって特別審査が厳しいと考える必要はないでしょう。

評価する人

即日融資も可能な銀行カードローン

銀行は融資までの時間が長いといったイメージを持っている人もいるかもしれません。大手消費者金融では最短30分程度の審査が当たり前で、すぐにでもお金が必要という人には大きな助けとなります。しかし、最近では銀行でも即日融資に対応しているところは多いです。

その理由の一つが保証会社です。大手消費者金融は短時間の審査を得意としているため、この大手消費者金融が保証会社となることで銀行でも短時間の審査が可能となっています。ただ銀行の場合では、この即日融資を受けるためには、利用する銀行の口座を持っていることが条件としているところも多いため、即日融資を希望する際には利用条件をしっかりと確認する必要があります。

ギャンブル

専業主婦でも借入可能

総量規制のある消費者金融では、基本的に収入のない専業主婦には融資をしていません。収入がないのだから仕方がないと思っている専業主婦も多いでしょうが、銀行カードローンであれば専業主婦でも借り入れをすることができます。全ての銀行カードローンが専業主婦でもお金を借りられるわけではありませんが、一部の銀行では専業主婦も融資対象としています。

ただ、専業主婦の場合では、融資額が限定されています。ほとんどの銀行が、30万円か50万円までの融資額です。家計を預かる専業主婦には、この程度の融資額でも、急な出費の時には大きな助けとなるのではないでしょうか。

主婦

カードレスや自動融資のサービス

銀行カードローンは、ローンカードを持っていればコンビニATMなどを利用していつでも利用限度額内でお金を借りることができます。しかし、このローンカードがもし紛失した時のことを考えると不安を感じる人もいるでしょう。

銀行カードローンの中にはカードレスタイプもあります。インターネットや携帯、電話で借り入れの申し込みをすることで、口座に必要なお金を振り込んでくれるサービスです。このタイプであればローンカードの紛失を心配する必要もありません。

また、自動融資サービスも魅力あるサービスの一つです。公共料金や携帯料金などを口座引き落としで支払っている人も多いことでしょう。この支払で残高不足によって支払いができなかったということを防いでくれます。

もし残高不足が発生した時には、利用限度額内で自動的に融資をしてくれます。残高不足で支払いができないといったことが良くある人にはとても便利なサービスです。

手の中のお金

まとめ

いかがでしたか?銀行カードローンには便利なサービスがあり、とても便利なものだと感じたのではないでしょうか。この便利さからつい借り過ぎてしまう人も多く計画的な利用は必要ですが、もしものために、銀行カードローンを一枚用意しておくことで安心して生活を送ることができるでしょう。

空っぽの財布