!シェアご協力下さい!

金本位制の歴史

兌換紙幣の登場

明治時代になって政府は、通貨制度を刷新しました。明治4年に新貨条例を公布し、金本位制を採用しました。

金本位制とは通貨の基準を「金」にするというもので、金貨が基本の通貨となります。そして、中央銀行が発行した紙幣と同額とする金を保有し、発行者である国が、ただの紙切れである紙幣を同額の金(金貨やゴールドそのもの)と交換することを約束し、紙幣の価値を保証するというものです。

当時は、1円=金1.5gと定められました。つまり、「1円」と書かれた兌換紙幣は、金1.5gと交換してもらうことができる権利書として、世の中に流通していきました。

金塊

金本位制から管理通貨制度へ

しかし、第一次世界大戦頃から、金本位制が揺らぎ始めます。各国が一時的に金本位制を中断するなど、世界的に金本位制の維持が難しくなっていました。

金本位制には、今で言う「金融緩和」や「金融引き締め」といった、景気を調整する機能がありません。そのため、世界大恐慌による金融不安が決定打となり、各国が続々と金本位制からの離脱をし、管理通貨制度へと移行しました。

管理通貨制度は、現在の日本での通貨制度と同じもので、金との交換を前提としない、国が通貨の発行量を決めるものです。この制度は、景気や物価の変動を調整を優先した通貨制度で、アメリカを除く各国が採用しました。

日本の小銭

完全な管理通貨制度へ

とはいえ、金と交換できるという金本位制に対する安心感は強く、第二次世界大戦後は、実質的には金本位制に逆戻りします。世界の覇権を握ったアメリカは金本位制を継続していたのですが、世界各国の通貨が米ドルとの固定相場制になるブレトン・ウッズ体制となり、間接的に金本位制を実施していることになったのです。

しかし、金という資源には限りがありますが、経済はどんどん発展していきます。経済発展に伴ってインフレが進み通貨量が増えていきますが、それだけの金を生産することができなくなっていきます。また、ベトナム戦争でアメリカの国力も落ちてきました。その結果、アメリカも金本位制を維持することができなくなり、1971年にニクソンショックが起きます。

アメリカでの金と米ドルとの兌換が停止され、1973年には固定相場制も変動相場制に移行します。これにより、世界の通貨が金に交換されることで価値を保証するという金本位制が失われ、「お金=金」という通貨体制は終わりを告げました。

ゴールド