!シェアご協力下さい!

過払い金の問題を依頼する弁護士の選び方

弁護士を選ぶポイント

過払い金問題は自分で解決することも不可能ではありませんが、交渉や手続きが面倒くさいですし、返還されない可能性も高いです。まず大切なことは、親身になって相談をしてくれる弁護士ですが、中には十分に相談に乗らないまま手続きをせかす弁護士もいます。

もちろん、過払い金の返還請求は早いに越したことはないのですが、十分に相談した上でないと納得できませんので、慎重に行いたいものです。

シルエット

適正な成功報酬で

次に成功報酬についてです。最近では、着手金を取らない弁護士が増えてきたので、着手金を取る弁護士は論外です。弁護士が得る報酬は、過払い金が返還されたときのみ発生する「成功報酬」です。

その成功報酬ですが、平均では返還額の2割が相場とされていますので、これ以上の成功報酬を要求する代理人は避けたほうが賢明でしょう。

お礼金

直接面談をする

過払い金返還請求は、必ずしも自宅の近くにオフィスを構えている事務所である必要はありません。書類のやり取りは郵便でも可能ですし、細かい打ち合わせは電話やメールでも大丈夫です。

ただし、実際に返還請求を依頼する前、必ず1回は直接面談をしなければならない決まりとなっています。全てメールや電話で済ませようとする弁護士は、そのことを分かっていないか分かっていてあえて避けているかですので、やめておきましょう。

面接中

実績がある弁護士か

そして、実績が十分にある人を選びましょう。カードローンやキャッシングの業者も、できることならば過払い金を返還したくないのが本音です。しかしそこにやり手の弁護士や司法書士が返還請求をしてきたら、名前を聞いただけでカードローンやキャッシング会社はお手上げで、あっさりと返還に応じてくれるものです。

一方で、過払い金問題にあまり力を入れていない弁護士や個人が、キャッシングやカードローンの会社に請求をしたところで、素直に返還はしてくれません。書類の提出を拒んだり時間を引き延ばしたり、最悪法廷闘争にまで発展しかねません。

キャッシングやカードローンの過払いでお悩みの方は、以上のような項目をチェックして弁護士や司法書士を選ぶようにしましょう。

任せてください