!シェアご協力下さい!

過払い金とは

過払い金とは

過払い金とは、グレーゾーン金利とも呼ばれるもので、消費者金融業者や信販会社などのカード会社に対して払いすぎたお金であるともに、取られ過ぎた利息のことを指します。

融資を行う際にはどの金融機関においても、利息制限法という法律に定められた金利以上の利息を求めてならないという決まりがあるのです。それではなぜ、こうした過払い金が発生しているのでしょうか。

それは当然、消費者金融業者や信販会社などのカード会社が法律より高い利息を徴収していた為で、利用者にはその取られ過ぎた利息がある事を理解できずにいた為に、こうした問題が起こったのです。

2017年度現在、出資法で定められている金利の上限は、29.2%と決まっており、まっとうな業者であったこれらの業者が違法操業を行っていたとはあまり考えにくい事です。しかし、その裏には法律によるカラクリがあり、金利を定める出資法と利息制限法によって、双方の法律の利息の上限がそれぞれ異なっていた為に、高い方の利息を適応させていた為です。

現在は新たな法律が適応され、この過払い分が返金手続きをする事によって、利用者に返還できるようになったのです。

積まれたお金

出資法と利息制限法

利息制限法と出資法の大きな違いは、利息制限法が借主を守る為の側面を持つ一方で、出資法は金融業者である貸主側を守る為の法律だと言えるでしょう。実は出資法とは、出資の受入れ預り金及び金利等の取締りに関する法律と略語で、以前社会的にも問題となった闇金やサラ金などの、不当な金融業者の高金利貸付を規制する為の法律といった、役割を担っていました。

2010年6月に法改正がなされますが、それ以前は29.2%という上限が設けられていたのです。改正以前では、みなし弁済規定というものがあって、20%から29.2%の範囲内であれば、借主本人が任意で支払う事が可能という、グレーゾーン利息が存在していたのです。

一方利息制限法は、その名称が示す通りに利息の上限が決められている法律で、借入金が10万円未満だった場合にはその利息上限が年率20%で、借入金が10万円以上100万円未満だった場合年率は18%、そして借入金が100万円以上は一律で年率15%と、それぞれに利息の上限が定められているものです。

つまり、2010年以前に融資を受けて、ローンなどを返済している場合、グレーゾーン利息分の返済が行われる可能性が高いという事です。

お金の雨

出資法と利息制限法の罰則

出資法は2010年に改正されましたが、これ以降出資法と利息制限法についての、不当な利息を請求する事は、法律によって罰せられる事になります。

ただし、利息制限法に違反した罰則については、出資法による罰則が適用される事になっています。この出資法の罰則規定では、借入額に関わらず年率20%の利息を超えた場合には、問答無用で罰則が適用される事になり、借入金が10万円以上で100万円未満の場合だと、年率18%以上で行政処分が下されます。

そして、借入が100万円以上の場合は、年率15%以上で行政処分となります。また、年109.5%を超える利息の契約をした場合は、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金に処せられると共に、併科となる場合もありますが、これは個人貸しなどに適応されるものです。

これを商売として行っている場合には、その罪はさらに重く、10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金が科せられる事になっています。同時に、年20%を超える利息についても、同様の処罰が下される事になっています。ただし、延滞金の発生については、別件となりますのでご注意ください。

黒板注意マーク

過払い金を確かめる方法

実際に過払い金が発生しているケースは、2010年以前の借り入れ金に問題がある場合が多く、細かな計算ですので利用者が簡単に計算するのは難しそうです。しかし、過払い金が発生しているかどうかの簡単な計算ができるサイトがあり、借り入れ金額や年数などを記入する事で、簡単に割り出す事のできるサービスを行っているサイトもあります。

実際にサイトや法律事務所などでは、無料相談を実施している会社も多く、こうした所へ支払い状況の判断できる資料を持ち込む事で、簡単に判断してくれます。特に返済に困っている場合などには、借金がいくら減るものなのか、そして返金額がいくら戻るかなど、丁寧に教えてくれますので、まずは相談してみる事をお薦めします。

専門家に依頼してしまえばそのメリットも多く、待っているだけで過払い金を取り戻せるほか、その専門家を選び出すコツもあります。

過払い金とは、払い過ぎた利息を取り戻すもので、まず初期費用が掛からない事を確かめ、戻ってきた過払い金で報酬も支払えるという専門家を選び出しましょう。ただし過払い金返還請求権には、10年という時効があります。

スーツ