!シェアご協力下さい!

退職金の運用

退職金の概念

人間には生まれ落ちて、やがて死んでいくという1つのサイクルでこの世を廻っています。親は子供を持ち子供を育てて、社会で役立つ人間に育てると、次の課題は自分たちの老後を見据えて考えていかなければならず、その為にも余裕を持った生活ができる環境を、作っておかなければなりません。

退職手当は、会社などに在職し退職した勤労者に対して支払われるものです。これは退職をすれば誰しも貰えるものではなく、労働契約において支給額や支給条件が明確に定められている為に、こうした退職手当のない会社というものも存在します。

しかし、労働契約においても、明確な定めが行われない場合であっても、一定額の退職金を支払う事などが労使慣行になっていると認められる場合には、退職金請求を行う事ができます。したがって、こうした状況に該当する方は、一度法律の専門家に相談してみる必要があります。

退職手当の法的性質は、恩給と言う意味合いが強いもので、それまで勤め上げた事に対する対価という事になります。過去においては、終身雇用制という形が多かったのですが、現在は一般的ではなく退職手当制度の無い企業も増えてきました。

したがって退職手当を請求できるパターンは、あくまで労働契約において約束がなされている場合のみで、契約が無い場合には無論、その支払いを請求できるものではありません。

お金を渡す

退職金の請求

退職手当をもらう為には、具体的な支給額や支給条件などが、就業規則などに規定されておかなければなりません。労働基準法では、就業規則の記載事項として、退職手当などの詳細をこの就業規則に記載する必要性があるとされています。

しかし、これは企業が退職手当を必ずしも、支払うというものではありませんので強制力は無いわけです。これは一つの目安となるもので、仮に支払いが行われていなかった場合に、上記記載がなされている事で、具体的な支給額や支給条件が明確になりますので、経営者などに退職手当の支払義務が認められる事にはなります。

ただしこの、退職手当未払いというものは債権にもあたるもので、当然法的には時効と言うのもが存在しており、賃金の請求権は支給日から2年間と定められており、退職手当の場合には支給日とされる日付から、5年で効力を失ってしまう事を覚えておかなければなりません。

また、労働契約などに規定されていない場合でも、社内で慣例的に行われている場合も請求可能な裁判例も存在しています。

ガッツポーズ

退職金は資産運用するべき

退職手当は次の就職が決まっていない限り、退職後の収入源となって来るものです。また、会社によっては年金と言う形で支払われるものもあり、必ずしもまとまった金額がもらえるものではありません。

この退職手当というものは、法的な拘束力など無く、強引な言い方をすれば経営者が支払いたくなければ、就業規則に記載しない会社も実際にあります。年齢的に、60歳を過ぎた時点でもらう退職手当は、その後就職する意思が無ければ、これがそのまま老後の資金となって行くものです。

現在老後の資金には、夫婦2人で3000万円は必要とされていますので、まとまった額の退職金は、運用を行いながら増やしていく必要性もあるでしょう。しかし、運用といっても株やFXなど、危険性の高いものに投資するという事ではなく、貯蓄も立派な投機となりますので、リスクの低い投資方法をお考えの方であるなら、こういった貯蓄型の投資で金利を稼ぐという方法もあります。

しかし、デフレ経済の日本では、通常の貯金利息は微々たるものですので、一気に資金を増やすといったことは出来ません。

グッド

退職金の運用方法

まとまった金額を上手く増やしていくには、適切な資産運用を行なっていく必要があり、世の中には様々な運用方法があり、それらは金融商品としてサービスを行っています。

具体的な例を挙げていくと、預金などは利子を増やしていく方法で運用して行く商品です。預金の他にも、外貨預金や個人向け国債、外貨MMFと言われるものや投資信託とETFと呼ぶ上場投資信託、株式投資やJ-REITに不動産投資などもあります。FX取引は外国為替取引と呼ばれるもので、先物取引などといったギャンブル性の高いものまで、ほかにも様々な投機商品でこの世はあふれていると言っても良いでしょう。

これらの取引の大まかな特徴としては、儲け幅が多いほどリスクを伴いと言うところです。しかし、一旦成功すると、莫大的に資金が増えていきますので、投資の大きな魅力となっていることは確かなのです。

貸し高位投資方法は、このリスクを分散するといった方法で、上手く投資に利用しています。一つの投資方法であれば、損をした場合全体的に目減りしてしまいますが、投資方法をいくつか分散しておく事で、リスクを最小限に抑える事も可能なので、おすすめです。

埋まっているお金