!シェアご協力下さい!

返済出来ない時の対策方法

返済計画の見直し

まずとるべき対策は、カードローンの返済計画そのものを見直すことです。利息の支払をできるだけ少なくしようと、毎回の返済金額を多く設定している人がいます。

確かにそれだと利息の支払総額は少なくなりますが、毎回の返済金額が多くなり、日常生活に支障をきたしかねません。そのような事態に陥っている場合には、毎回の返済金額を少し低くするとずいぶん違ってきます。

お金を借りている貸金業者に相談をするのも手です。貸金業者からすれば、多少遅くなったとしても貸したお金が戻ってくるのであればそれに越したことはありません。

少しの期間であれば返済を猶予してくれるケースもありますが、全ての貸金業者が返済を猶予してくれるわけではありませんので、注意しましょう。

オーマイガー

おまとめローンの利用

金利が高くて返済が思うように進まないのであれば、おまとめローンを利用するのもいいでしょう。特におまとめローンは、消費者金融のキャッシングで複数の会社からお金を借りている人に効果的です。

金利にして、年3%以上は確実に引き下げをすることが可能です。たかが3%と侮るなかれ、100万円借りていれば3万円も違ってくるのですから、かなりお得と言えるでしょう。ただし銀行のカードローンの返済には使えないので注意しましょう。

おまとめローン

それでもダメなら弁護士へ

上記の方法を試したがそれでもうまくいかないという方は、弁護士など法律のプロに相談をしましょう。弁護士に相談すると、借金問題解決に様々な選択肢が生まれます。

貸金業者と交渉をして利息の支払を猶予、あるいは減額してもらう「任意整理」を手始めとして、返済期限をこちらから設定することによって利息の支払を減免あるいは免除してもらう「個人再生」、そして元金を含めた借金の全てを帳消しにしてもらう「自己破産」まであります。

どんな方法をとるにしても、借金問題の解決は早いに越したことがありません。借りたお金を返済していてきついと感じるようでしたら、早めに弁護士に相談をするといいでしょう。

面接中