!シェアご協力下さい!

国金で資金調達

国金は中小企業の味方

国金では個人向けの教育資金のローンなども取り扱いを行っていますが、出納業務は行っておらずそのメインの業務となっているのが中小企業者に向けた支援サービスとなっています。その業務の中のさらに大きなものとなっているのが事業資金の融資となります。

つまり国金は中小企業にとっては欠かすことのできない存在となっています。事業資金を何とか調達したいときはもちろん事業計画の相談などでも役立つ情報をもたらしてくれる可能性があります。せっかくの国の機関ですから多いに利用するのも大切なことになります。

国金で開業時の資金調達

近年では新規開業を行う人がとても多くなってきています。それまでは趣味などで行っていたことを本格的に事業としてスタートさせたりこれまでにはなかったサービスを展開したりと様々な事業が立ち上がってきていますが、開業する際に必要となってくるのが開業資金です。

開業資金を民間の銀行で調達することはとても難しいことになります。まず民間の銀行の場合には貸し倒れなどは絶対に起こしてはならないことになりますから担保や保証人はもちろんのこと信用度というのも重要なポイントになってきますが、開業ということはこれまでの実績がありませんから信頼度は低いものとなってしまいます。そのために特に開業では民間の銀行から資金を調達することが難しいものとなってきます。

国金の場合には開業に対しても積極的な姿勢を見せていますし、資金調達というだけでなく事業計画なども相談に乗ってもらうことができるのもメリットとなります。

実業家

国金で資金調達するメリット

国金は中小企業の味方とも言われていますが、そう言われるのはそれだけ中小企業にとってはメリットがあるということになります。

国金で資金調達するメリットとなるのが金利が低いということ、長期間で借りることができるということ、固定金利での返済ができるということ、無担保・無保証人の制度があるということになります。

事業資金などはどうしても大きな額となりますから返済が長期にあるのは大きなメリットとなってきますし、固定金利であれば、常に同じ金額での返済を行うことができますから安心です。

グッド

無担保、無保証人制度

国金の大きな魅力となっているのが無担保、無保証人制度です。民間の銀行では無担保、無保証人ということはかなり難しいことにありますし、そのような借り入れができるのはかなりの実績がこれまでになければまず無理であると考えることができます。

しかし担保をなるものを持っている人は決して多くはありませんし、第三者の保証人を付けるということも現代ではなかな難しいものとなってきています。保証人は親族であっても躊躇することもありますからそれが必要ないということはかなり大きなメリットと考えることができます。

実際に第三者の保証人が不要となる契約を行う人はとても多くなってきています。第三者の保証人が不要という場合には金利は通常よりも少し高いものとなりますが、それでも民間の銀行の融資と比較すると低金利となりますからメリットは大きなものとなります。担保になるようなものもなく、第三者の保証人も難しい場合には利用してみる価値があります。

断る

国金の申し込み

国金で事業資金などを融資してもらうためには、まずはどのような資金がどのくらい必要となるのかなどを相談しなければなりません。直接国金の窓口でもできますし、とりあえずは電話でということもできます。

また、国金が近くにないような場合には商工会や商工会議所も窓口となっていますし、銀行でも相談することができますから都合の良い方法でまずは相談することになります。その後、面接日などが決まり、実際に融資に至るまでの流れを説明してもらうことになります。

融資を申し込むことが決まれば必要な書類を準備し提出することになりますが、これは郵送でも行うことができます。書類を提出した後1~2週間程度で面接が設定されます。面接では事前に提出した書類の中身などから質問などがありますがときには実際に店舗や工場などの見学を行うこともあります。順調にいけば面接後1~2週間程度で融資が決まります。

ここまでの流れでわかるように相談してすぐに融資してもらうことができるということはありません。1か月程度は余裕をもって話を進めることが必要です。

国金で、資金調達を考えるのはそれだけ大きなメリットとなる無担保・無保証人制度などや低金利などがあります。事業を行っている人にとってはいかに経費を抑えることができるのかは重要な問題となりますから検討する必要がありますが、融資決定までには時間が必要となりますから余裕をもった計画が必要となります。

お金を渡す