!シェアご協力下さい!

自動車保険の見直しで節約!

自分や同乗者の保険内容を見直す

まずやるべきことは、現在の自動車保険の保険内容を改めて確認することです。自動車保険の内容なんて事細かにチェックしていない人は、損をしている可能性が高いです。

自分の自動車保険の内容を知らない限り、節約なんてできるはずがありません。

ファミリーカー

自分や同乗者の補償を見直す

自動車保険の内容をある程度把握したら、まずは補償内容をチェックしましょう。全ての補償に加入していれば備えは万全ですが、そんなことをしていたら保険料は青天井になってしまいます。

自分や同乗者が事故にあったときの補償はつけておきたいものですが、自動車保険の中にはいくつかの補償内容が存在します。「人身傷害」や「搭乗者傷害」がその代表格ですが、両方つけている人も多いことでしょう。

しかし人身傷害があれば同乗者も対象となり、搭乗者傷害は必須ではありませんので、上乗せ補償目的以外であれば、カットしてもいいでしょう。

くるま

車両保険を見直す

「車両保険」は自分の車の損害を補償してくれるものですが、これが自動車保険で結構な負担となります。

一般的な車両保険は、事故はもちろん当て逃げや盗難などほぼ全てのケースで補償されますが、エコノミータイプの車両保険ならば、自損事故や当て逃げなどは補償されませんが、一般的な事故は補償される上に保険料もお得です。

それでも構わないのであれば、エコノミータイプにするか車両保険自体をカットしてもいいでしょう。

マイカーローン

誰が運転するか見直す

自動車保険をあまり見ない人が最も損をしている可能性が高いのが、運転者の条件です。

最も保険料が高くなるパターンは、運転者が何歳であっても関係なく補償してくれるもので、それを21歳以上に限定、26歳以上に限定、そして30歳以上限定とすることで、どんどん保険料は安くなっていきます。

また、友人や知人が事故を起こしても補償されるケースは保険料が最も高くなり、本人しか運転しないのであれば保険料は最も安くなります。

親子2世代

保険会社を見直す

そもそも、同じような補償内容であっても、保険会社によって毎月の保険料は異なるものです。保険会社を乗り換えても、ノンフリート等級はそのまま維持されますので、安心して乗り換えてください。

以上のように、補償内容や条件、そして保険会社を見直すだけで、かなりの保険料を節約することができますので、見直さない手はありません。

見直す