!シェアご協力下さい!

老後の貯蓄は20代から

老後の生活費はいくらかかる?

今は一般的に60歳が定年ですが、65歳に引き上げられつつあります。それでは、65歳になってから死ぬまでに、お金はどれくらい必要なのでしょうか。

日本人の平均寿命を参考に、85歳まで生きたとしましょう。老夫婦が2人で必要な生活費は、1か月あたり、最低限の生活であれば20万円強、ゆとりある生活のためには35万円程度必要と言われています。

それでは、85歳までの20年間で、生活費が総額いくらになるか計算しましょう。

最低限の生活:20万円×12か月×20年=4,800万円

ゆとりある生活:35万円×12か月×20年=8,400万円

老後の生活には、これだけのお金が必要なのです。

白髪の老夫婦

老後の生活費をどうやって捻出する?

老後の主な収入源は、退職金、年金、給与の3つです。退職金は大企業であれば、2,000万円以上もらえる人もいるでしょう。しかし中小企業では、40年以上勤めあげても、1,000万円に届かない人だって少なくありません。

次に、年金ですが、今の高齢者は1年に200万円ほど受け取っている人も大勢います。けれども、年金制度の破綻が叫ばれているのはご存知の通り。今の20代の人達は、そんなに受け取ることができないかもしれません。

約3分の2の、年間130万円を受け取ることができるとした場合、20年で2,600万円です。仮に退職金を2,000万円もらえたとしても、年金が2,600万円では、合計4,600万円です。

最低限の生活をするのにも、少し足りないかもしれない金額です。となると、65歳を過ぎても働き続ける必要が出てきます。

介護風景

貯蓄で老後の生活はずっと楽に

ここまでは、貯蓄がない場合のお話。もし65歳の時点で、貯蓄が500万円あればどうでしょう。

退職金2,000万円+年金2,600万円+貯蓄500万円=5,100万円

これで、最低限の生活を送る資金は確保できそうです。年収200万円の仕事を5年間すれば、さらに生活に余裕ができるでしょう。

ただ、「500万円も、どうやって貯めるの?」と思ったあなた。いま25歳として、65歳まで40年もあります。

1年あたり、500万円÷40年=125,000円

1か月あたり、125万円÷12か月=10,416円

どうですか?

毎月1万円ずつ貯めて、ボーナスからも1万円貯めれば、65歳のときには500万円を超えます!余裕があるときには2万円、3万円と貯めていくようにすれば、もっと貯蓄は多くなります。

20代の今だからこそ、無理なく老後の資金を用意することができますよ。

杖を持つ老人