!シェアご協力下さい!

総量規制とは

総量規制とは

総量規制は、貸金業法という法律で定められていることで、「年収の3分の1を超える借入がある個人には、新たに貸し付けをしてはいけない」というものです。年収300万円の人であれば、100万円を超える借入がある場合、さらに借り入れをすることができないというルールです。

「これ以上借りれなくなったら困る!」という方もいるかもしれませんが、しっかり考えてみてください。100万円の借り入れがあると、金利15%で考えると、利息だけで15万円です。元本をしっかりと減らしたいなら、30万円(月25,000円)は返済したいところです。

300万円(月25万円)ある収入から、家賃、食費、光熱費、電話代、ネット代といった必要不可欠な出費を差し引いたら、一体手元にはいくら残りますか?「これ以上借りてしまったら、破産してしまうかもしれないよ!」と法律があなたを守ってくれていると考えましょう。

法律のやつ

総量規制の落とし穴

借り入れのある人たちを守るための総量規制ですが、実は、パーフェクトなルールではありません。総量規制の対象になるのは、あくまで「貸金業法」が適用される範囲だけなのです。

例えば、銀行のカードローンは、貸金業者からの借り入れではないため対象外です。また、クレジットカードでのキャッシングは総量規制の対象ですが、リボ払いや分割払いで買った商品代金は「割賦販売法」の対象となり総量規制の対象外になってしまいます。

さらに、総量規制で新たに借り入れができなくなってしまった人たちが生活を見直すのではなく、それでもお金を貸してくれる闇金に走ってしまうという問題も起きています。

借金は「雪だるま式」に増えていくと言います。普通のキャッシングでは、手で転がして作る雪だるま。しかし、一度闇金に手を出してしまえば、急斜面を転がり落ちていくように、あっという間に巨大な雪だるまになってしまいます。

このように、「総量規制があるから、大丈夫」と安心できるわけではありません。あなたの生活を守るためにも、総量規制の限度にかかわらず、計画的に利用するようにしましょう。

借金地獄