!シェアご協力下さい!

社債に投資するメリット

社債のメリット

投資に利用されている社債ですが、本来この社積というものは、個人投資家などが扱えるようなものではありませんでした。なぜならばこの債券の多くは、最低購入単位が1億円程度で発行されていた為に、個人で購入する事は不可能に近かった訳です。

しかし、近年では個人投資家向けの債券が発行されるようになり、10万円から100万円程度の個人でも手を出せる個人向け社債が、販売されるようになったわけです。

この債券の魅力とは、やはり金利の高さで大手のメガバンクや、国債などと比べるも無く、高い利息を受ける事ができるのが、やはり最大のメリットと言えるでしょう。

こうした社債は、公募または私募という形で販売されますので、これらの応募に当選する必要があります。公募方法には、抽選や先着順などの方式がありますで、情報を把握しておかなければ、買いそびれてしまいます。

また、この債券の多くは、証券会社の取り扱いであり、この証券会社によって取り扱いの社債に違いがあるという事で、専用の口座をあらかじめ作成しておく必要もあります。

埋まっているお金

投資としてのメリット

投資方法には大きく分けて、短期で差益を設ける運用方法と、投資した商品を満期まで保有し、金利や配当を得るという方法がありますが、社債は基本的に長期向けの運用方法と言えます。

債券ですので決まった周期で利息の支払いがあり、これがクーポンと呼ばれているものの実態です。満期になって社債が値上がりしていれば、その差益も上乗せされますので、キャピタルゲインとインカムゲインの両方が貰え、一挙両得となるわけです。

仮に社債が値下がりしても、途中で焦って売る必要なども無く、額面は保証されていますので、損する事も無いわけです。したがって、長期で資産を活用する方法には適した運用方法で、ほかの投資方法と組み合わせる事で、リスクの分散も行える事に繋がるという事です。

ただし、人気の社債は公募があっても、必ずしも手に入るという事はありませんので、入手した吸い証券会社に口座を持っておく必要があります。しかし、あくまでも国債などではなく、企業が発行する債券ですので、それなりのリスクがある事も把握しておく必要があります。

積まれたお金

少人数私募債

通常社債を発行しようとする場合、その条件として社債管理会社を設置する必要がありますので、この管理運営にコストがかかることになります。

また、銀行や信託銀行などの社債管理者と、社債管理委託契約を締結しておかなければならず、社債の管理を委託する必要があり、有価証券届出書や報告書の提出が必要となります。中小企業であれば、こうしたコストは掛けにくく、なおの事資金集めに苦慮するのは確実でしょう。

しかし小規模の私募ならば、公募債に比べて簡易な手続きで発行を行う事ができ、少人数私募債では社債管理会社を設置する必要が不要という利点があります。

銀行融資ではありませんので、担保や保証人が不要であり、債券ですので一括返済である為、利息以外で毎月の支払いがないという事は、資金繰りに余裕ができる事になります。

また、支払利息は税法上で損金計上をする事ができ、自己資金を自分で調達できる為に、会社の信用度が上がるという事に繋がるわけです。

さらに地方の自治体によっては、補助金の支給を受ける事ができる事もありますので、社債利息の一部に相当する金額を、補助金としての支給が可能です。

手の中のお金

劣後債のメリット

劣後債とは債券の種類のひとつで、仮に企業が解散した場合や倒産した場合、一番最後に弁済が行われるという制約付きの債券です。つまり、返済能力に乏しければ、支払われないという公算の強いものであり、その性質の為に通常の債券よりも、高い金利が掛けられているものです。

もちろんメリットはこの高い金利で、一定のリスクはありますが、利益率は普通の債券よりも高いものとなっているわけです。この劣後債は企業側のメリットも多く、債券の性質からして負の財産ですので株式とは全くことなるものです。

それは、株式配当が企業利益から供出される税引き後利益であるのに対して、債券の利払い利息となるものである為に、支払い費そのものが経費として認められている為、節税対策にもなるわけです。

また、永久債と組み合わされた永久劣後債というものもあり、償還期日が無く、発行元が存続する限り、利息のみが払われ続けるという制約の付いた債権も存在します。

劣後債券のデメリットとしては、広意味での自己資本としか認められない上に金利が高く、購入者側には万が一の時の弁済が、行われないという可能性があります。

社債には個人投資家や、企業の経営者にも多くのメリットがある事がおわかりでしょう。債券という性格上株式の配当とは違い、経営者側には税金を抑えるという手段にも利用できる事になり、投資家は金利の優遇を受ける事になります。

グッド