!シェアご協力下さい!

社債とは

債券と借用書

債券の債の字は、債務や負債という漢字に使われる様に、借りがある事を意味した言葉です。債券の種類には、国が発行している国債を始め、地方自治体が発行元となる地方債、企業が発行している事業債である社債、銀行などが発行する金融債などがあります。

また、政府機関や特殊法人などが発行する政府保証債なども、この債券と同様のもので、債券を発行した発行元は、償還日と呼ばれる満期日が来たら、借りた金額を全額返済する必要があり、決まった利息を支払う必要のあるものです。

これらは借金を行う為に使われますので、簡単に言うと借用書に似ていますが、債券のマーケットで売買することが可能な有価証券と呼ばれるのもですので、借入目的ではなく投資家が投資目的で購入するものです。

また株式のようなマーケットが存在しますが、実際の株のように値動きが激しいものではなく、比較的緩やかな値動きをしているものです。債券の特徴としては、満期日となる償還日が設定されており、利子と利払い方法そして額面金額があらかじめ記されているものです。

手形

社債とは

社債とは簡単に言えば会社の債権の事で、国などではなく一般の事業会社が発行する債券の事です。この債券を発行する企業は証券会社を通じて、社債という有価証券を発行し、投資家などにこの債券を購入してもらう事になるわけです。

一般的に社債とは普通社債の事を指し、ストレートボンドを略称したSBと呼ばれています。債券ですので満期までの間は、保有者である投資家達に対して利息であるクーポンが支払われることになります。

種類もいくつかあり、CBと呼ばれる債券は転換社債でチェンジャブルボンドと呼ばれており、基本的にはSBと同じですが、ある一定の価格において特別な条件としてその会社の株式と転換する事ができる条件が付帯しているものです。

つまり、配当ももらえるシステムが付与されているわけです。ワラント債とは新株予約権付き社債とも呼ばれ、会社における株式を一定の価格にて購入できる権利が付いた債券のことで、転換社債と同じタイプのものとされています。劣後債は、投資家に対する債務の弁済順位が低い債券の事で、リスクは高いが利息も高いのが特徴です。他にも電力債や仕組債などもあります。

初心者

なぜ社積を発行するのか

これまで多くの企業は、大きな事業を手掛ける際や事業を拡大したり設備投資などを図る場合、銀行に融資を受けるのが普通でした。しかし銀行の融資を受けるには制約も多く、返済に支障が起きた場合など、企業の経営に口出ししてきたりと何かと不都合も多かった訳です。

日本は貯蓄率も高く、金余りの状態が続いており現在多くの投資方法があります。個人投資家達がこぞって様々な投資活動を行い、こうした投資家達から資金を調達した方が、制約なく集められると思うのももっともな話でしょう。

社債を発行するのにはもちろん一定の期限を設け、それに見合う利息を付けなければなりませんが、返済の期日さえ守れば問題は何もないわけです。投資家達は企業に対してお金を貸し、約束の日には元金を返済してもらうという形になりますが、その代わりに利息を受け取り利益に繋がるので何も問題ありません。

そして、会社に投資してもらうもうひとつの方法には株式がありますが、株は投資者に一定の権限を与えなければならず、業績に応じた配当も必要です。一定の時期に株主総会も開かねばならず、一定の制約もあるわけです。

ポイント

注目される社債

当初から存在していた社債は、比較的大口の投資家向けに発行される事が多く、一般的にその存在がある事は知られていましたが、個人投資家が思うような一般向けではありませんでした。

しかし、最近ではこうした投資家向けに広く資金を集める為、簡単に投機しやすいようにと投資単を小口化して、購入しやすくして発行される社債が増えているのです。

当然こうした債権は、個人投資家が騰貴しやすくなったおかげで、がぜん注目の的を浴びるようになってきたわけです。国内でも安全とされる国債よりも、リスクは大きくなりますが、その分金利が高くなっており、資金を上手く運用する事で、分散投資にも利用できるという事になります。

またこれらの債権には、信用格付けというものが存在しており、購入の際にはこうしたランクを比較して購入する事が可能になっています。一口に社債と言っても、満期期間や利率などもそれぞれ違いがあり、金利が渋い会社や利回りの良い会社など、それぞれ特徴があるものなのです。いずれにせよ、高い利回りが魅力ですので、個人投資家による人気度は上昇傾向にあります。

社債は素人であっても、簡単に購入できる債権で、市場マーケットがありますので売却も可能になっているものです。株式程の値動きが無いのが特徴ですが、それだけ安定度がある証拠とも言えるでしょう。

手の中のお金