!シェアご協力下さい!

生命保険で相続税対策

生命保険で相続税対策

生命保険を相続税対策とするには3つのアプローチ法があります。非課税枠を利用する方法、生前贈与の手段として利用する方法、解約返戻金を利用する方法の3パターンになります。それぞれ、どのようなメリット、デメリットがあるのか見てみましょう。

グッド

非課税枠を利用する方法

生命保険を用いた相続税対策として最も知られているものです。死亡保険金は相続時に500万円×法定相続人の数の金額だけ非課税となります。たとえば、母と子ども3人で相続するならば500万円×4人=2,000万円までの相続財産が非課税となるのです。保険金を被相続人がどのように受け取ろうと、この金額だけは非課税となります。

ただし、この非課税枠を利用するには、生命保険の契約がある一定の条件を満たしている必要があります。契約者・支払者は父、被保険者は父、受取人は母または子となっていなければいけないのです。同様に契約者・支払者は父であっても、被保険者が母や子だったり、受取人が父となっている場合には適用されない点に注意しましょう。

書類

生前贈与の手段として利用する方法

年間110万円までの生前贈与には贈与税がかからないため、毎年コツコツと贈与している方もいるかもしれません。しかし、生前贈与で気になるのは渡したお金を無計画に使われてしまうのではないかという点でしょう。そこでおすすめしたいのが、現金ではなく生命保険として遺すという方法です。

たとえば、父から贈与された資金を元手として、契約者・子、被保険者・父、受取人・子という生命保険に加入してみてはいかがでしょうか。このような生命保険を契約すれば、父が亡くなった際、子は死亡保険金を受け取ることができます。しかも、この生命保険は子が契約者として支払っていたものなので相続税の課税対象にはなりません。

ただし、一度に多額の贈与をしてしまうと贈与税の課税対象になってしまうので、必ず毎年110万円の範囲内で生命保険をかけるようにしましょう。また、受取人も贈与を受けているというだけではなく、保険契約をしているのだという自覚をしっかりと持つことも大事です。

老夫婦

解約返戻金を利用する方法

被相続人が契約者になっていた生命保険があったとして、その払込期間中に相続が発生した場合には、解約返戻金が支払われることになります。たとえば低解約型保険ならば、保険料の払込期間は解約返戻金が通常と比較して低めに設定されているという特徴があります。もし、この解約返戻金が低い時に相続が発生したならば、これまで払い込んできた保険料と解約返戻金の差額の分だけ相続財産を少なくすることができるというわけです。

さらに、名義変更してそのまま保険を継続すれば、解約返戻金が高くなるまで待って解約するということも可能です。つまり、相続税は減額しながら、高額の保険料を回収することもでき、大変お得になっています。

ただし、この方法は相続が発生する前に払込期間が終了してしまった場合には利用できません。また、低解約返戻金型の保険は定期と終身があり、定期では解約返戻金のピークを過ぎると解約返戻金は減る一方という点には注意してください。必ずピークはいつなのか正確に把握しておきましょう。

お金を渡す

生命保険のその他の効果

以上のように生命保険は相続税対策に非常に役立ちます。その他、さまざまな効果があることも見逃せません。

納税資金対策

相続が発生すると被相続人の口座はただちに凍結されてしまいます。しかし、保険金は受取人がすぐに現金を受取ることができます。納税費用はもちろんのこと、葬儀費用などさまざまな費用にあてることもできるのです。

分割対策

生命保険は相続財産ではありません。受取人の財産になるので、法定相続人で分割する必要はないということです。そのため、どうしても遺産を相続させたい人がいる場合などに生命保険を利用するのもいいかもしれません。相続放棄をしている人でも生命保険ならば受け取ることができますし、相続で揉めることが予想される場合には生命保険で対策を講じておくというのも一つの選択です。

不動産相続対策

不動産のように分けることが難しい財産は、どうしても特定の相続人が偏って相続せざるを得ない場合もあります。そうなると他の相続人に代償を支払うことになるでしょう。そんな時でも生命保険があれば、費用に当てることも可能です。もしもの事態に備えて生命保険を有効活用してみてはいかがでしょうか。

結婚式

まとめ

いかがでしたでしょうか。生命保険はいろいろな方法で相続税対策とすることが可能です。いずれの場合もポイントとなるのは、契約者、被保険者、受取人の関係です。相続税対策として有効にならない形態で契約をしてしまうことのないよう、くれぐれも注意しましょう。

家族を守る