!シェアご協力下さい!

為替とFXの違い

為替とは

日本は世界でも治安がいい事でよく知られており、外国人旅行者が観光で選ぶ事も多いといいます。また日本人は礼儀正しい事でも知られていますが、何かしらの犯罪はいつも起きており、ましてや大金を持ち歩くような危険を回避する為にも、為替のシステムが浸透しているのです。

日本には江戸時代に商いを行う商人や、大金を扱う為に用いられ始めた制度ですが、当時から両替商は一般的に知られた存在でした。海外でも国こそ違えど貿易は、活発に行われていましたので、通貨同士をチェンジしてくれる両替商は、貿易を行う為にも必要不可欠の商売だったのです。

昔から金貨銀貨銅貨が各国の通貨に用いられましたが、国ごとに重さや比重の違いのある金属は両替商が居なければ交換が難しく、商品を安全に売る為にも専門の業者である必要があったわけです。

やがて両替商は貨幣だけではなく、貴金属や文書の保管なども行う必要も出てきて、預けられた金を元手に貸付も行われるようになって行く事で、次第に大きな力を身に付け、後の銀行へと発展して行きました。

日本では江戸時代に入ると、それまでの通貨を統一させる為に、三貨制度を設け金銀銅銭の3つが本格的に流通する事になりますが、商いでは変動相場制であったために、専門の業者である両替商も必要だったのです。現在の銀座や金座がその名残で、日本の両替商もやがて銀行へと発展して行く事になります。

携帯で見る為替

為替とFXの違い

FXは外国為替取引のひとつで、変動相場レートを利用して差益を出す為の投機目的の取引です。為替との違いは単にお金の代わりに、インターネットを使って移動させたり証書を使って、単に送金などの移動する類のものですので、両者は全く異なるものと言えるでしょう。

FXはForegin Exchangeの略語で、日本語に略すと外国為替証拠金取引となります。この取引の特徴は、金融機関に対して、一定の金銭を証拠金として預け入れる事で、その預け入れの総額の何倍もの取引を可能にするシステムが、作り上げられているものです。

外貨は常に値動きを見せているもので、差益を出す為には安く外貨を買って、その購入した外貨が高騰した所を売る事によって差益分が儲かります。また特殊な方法として、外貨が高値になったところで空売りし、外貨が安値になったところで買い戻す事で、同じ様に差益を出す事ができます。

Foregin Exchangeは、このような取引を行って得る差益を目的とした投機という事が、良くお判りいただけたでしょう。実際に行うには、こうした取引を行っている金融機関で行う事になります。

FX

もう一つの外貨取引

Foregin Exchangeの投機方法は、相場の変動を予期しながら投資を行なっていきますので、株と同様に非常にリスクを伴ったものになります。外貨取引は、国の信用通貨を取引していますので、本来は基本的に直ぐに価値がなくなるというものでは無いのです。

株式の場合は、会社の資金繰りが行えなくなり、業績が著しく悪化した場合に、その会社の株式も下落しますが、国というものは簡単に没落などはしないものです。こうした安定性を投機に対象にしたものが、外貨預金と呼ばれるもので、日本の円を外貨に換えてこれを貯蓄しようというものです。もちろん海外にも銀行があり、それぞれの金利での利回りがありますので、海外の銀行の中で、利回りの良いものを選び出す事で、安定した利子を得る事ができるものです。

海外の通貨はドルだけではなく、様々な通貨が流通していますが、取引先の金融機関によって、扱われている外貨の種類も違うものです。利回りの良い外貨は、日本では考えられないほどの高利子ですが、利子が高い国ほど国の経済安定度の低い国と言えるでしょう。

舞うお金

外国為替のまとめ

日本ではこの外国為替の事を、外為と略した言葉で使い分けています。金融機関を使ったり、手形や小切手によって貸借を決済する方法が為替ですので、この外為の中にも同じ方法が使われていますが、外為はその機能だけではなくもっと広い器のようなものです。

外貨両替が本来の意味だったことを考えると、外貨同士のレートが存在し、これを交換する事で差益という利潤を得る事ができます。もはや外為は本来の意味の範疇を越えてしまった存在であると言えるでしょう。

もともと日本は、戦後しばらく外貨は固定相場制であった為に、1ドルが360円だったのです。これは日本が、自国通貨を安定させるための手段としても使われましたが、経済が成長するにつれ不都合になってきた為に変動相場制を用いました。

その為常に相場が動くようになり、この性質を利用した取引も行われるようになって来たわです。外貨預金や外貨MMFがその代表例ですが、日本の預金金利がデフレの影響で低下している今、預金以外の方法で資産を酢や僧とする風潮が強い為に、こうした資産活用術が活発に行われるようになってきたわけです。

FXとのおおまかな違いがおわかりになったようですが、外為は広い視野で見ると経常収支フローと呼ばれるものですが、これは貿易が常に行われる限り続いて行くものです。もう一つは、投機目的で行われている証券投資フローと呼ばれるものなのです。

為替