!シェアご協力下さい!

為替とは

為替とは

為替とは簡単に説明すると、遠く離れたもの同士で金銭の移動を行う場合、その代わりとなるものを贈る事を意味しており、その代わりとなるものは金戦線的価値を伴うものになり、手形や証書というものになります。

受け取った相手はこれらを金融機関に持ち込む事で、現金化できる事になり、安全な金銭のやり取りが可能になるわけです。日本でこの制度が始まったとされているのは、経済の制度が形作られ始めた江戸時代の事で、商いを行う大店同士は現金を受け渡す場合には、常に危険が伴っていました。

ましてや取引が大きくなればなるほど危険で、現在の様に交通網や車の無い時代ですので、大量の貨幣を相手先に渡すだけでも、命の危険性があったわけです。そこで、商人たちは両替商にお金を支払って、為替手形を発行してもらい、その手形を相手先に支払代金として渡していたわけです。

受け取った商人は、その手形を今度は地元の両替商に持ち込む事で、現金化できましたので、安全に金銭の受け渡しを行う事が出来たわけです。現在でもこの時代と同じ様に、手形や小切手が決済の方法として使われています。

手形

簡単に理解できる為替の基本

為替が決済をする方法として、作られたことはお分かりいただけたでしょう。現在はコンピュータの時代で、インターネットも普及してきている為に、手形や小切手などの方法を使わず、金融機関を経由した振り込みも行われるようになってきました。

私たちが日常利用している公共料金の自動引き落としや、ネットショップで物を購入した際にクレジット決済するのも同じ方法で、遠い大学に通うお子さんに、小遣いなどを送金するのも、全てこの為替取引の一種だったのです。

このように日本国内で、振り込みや送金あるいは支払いに引き落としなどを行う行為は、国内為替と呼ばれているものになります。そして、この為替が付く言葉で良く聞くものに外国為替がありますが、これは通貨の交換を伴うので外国為替と呼ばれているわけです。

ご存知の通り、海外の国ではそれぞれ自国の通貨というものがあり、日本の円とは価値が同じではありません。1円は1ドルではなく、1ユーロとも釣り合いが取れません。これを釣り合いの取れる形に表したものが、為替相場であり外国為替市場では通貨の交換を行うと共に、為替レートを示しているわけです。

初心者

外国為替市場のあり方

外国為替市場では、常に外貨同士の交換を行っていますので、為替レートも継続的に動き続けておりこれを値動きと言っています。国の通貨というものは、その国そのものの価値を表しているもので、国の信用度が高ければ高いほど、その価値が上がって来るものなのです。

円で言うところの円高は円の価値が上がった事を示し、逆に円の価値が下がる事で円安となります。では、だれがこの外国為替を利用しているのでしょう。それは商品の輸出と輸入、外国証券や海外不動産への投資などが主だった取引で、ほかにも企業の海外進出など国際的な取引の多くは、この外国為替を利用して金銭の受払いを行っているのです。

この取引に関しては、どの通貨とどの通貨で取引が行われているのかが重要で、ドルでなければ取引できない国などは、自国の通貨をドルに換えてもらう形になりますので、必然とドルの価値が上がるという理屈が成り立ちます。

円高や円安も同じ理屈で、海外の国が円を欲しがると円の価値が上がり、円高となって行く訳です。円高は円が海外の通貨に対して強くなりますので、この傾向が強ければ強いほど輸入で安くものが手に入ります。

世界の通貨

為替相場

日本のニュースで円高や円安と言われているものは、全てドルに対して使われる言葉で、ドルは世界通貨と呼ばれるほど人気の高い通貨です。この為替の変動が起きているのは、取引が行われているからこその事で、日本で取引の行われない夜中では、日本の真裏では日中ですのでこれを世界で見る限り、24時間常に為替の変動が起きている事を意味しているものという事が、お判りいただけるでしょう。

この取引は、外国為替市場で行われているものですが、株式の市場である東京証券取引所のように、特定の場所で行われているのではありません。こうした取引は相対取引や店頭取引と呼ばれるもので、個人同士や企業同士で単独に行われていますので、電話やインターネットなどを介して、価格や数量などの取引条件を決定したうえで、決済や精算が行われているものです。

つまり、こうした取引が集中する都市の名前を使い、ロンドンや東京にニューヨーク外国為替市場と簡易的に呼んでいるだけで、そうした施設が存在しているわけではなく、世界の様々な都市、でこうした取引が日常的に行われ為替の変動に繋がっているものなのです。

為替とは単に現金を使わない取引である事が、これまでの簡単な説明でお判りいただけたと思います。こういった相場というものは、常に値動きが続いているもので、まるで生き物のように世情を反映しているものなのです。

為替