!シェアご協力下さい!

消費者金融の金利

大手消費者金融の金利

大手消費者金融では自動契約機やネットなどを利用して申し込みをすることができますし、即日融資にも対応していることから、多くの人が大手消費者金融を利用しています。この大手消費者金融の利用の際に気になるのが金利ではないでしょうか。

消費者金融は銀行と比べ金利が高く、少しでもお得にお金を借りようと大手消費者金融の金利を比べる人も多いでしょう。しかし、大手消費者金融の金利は、2017年5月調べで、

A社 3.0%~18.0%

B社 4.5%~17.8%

C社 4.5%~18.0%

D社 3.0~18.0%

となっています。これらの金利を見ても大手消費者金融では金利に大きな差がないことが分かります。

少額の融資となると多くが上限金利が適用されることから、金融業者選びではこの上限金利を比べるのが基本なのですが、どこの金融機関と比べても大きな差はありません。大手消費者金融選びでは、金利によって選ぶのは難しいでしょう。

舞うお金

なぜ消費者金融は金利が高い

消費者金融の金利と、銀行の金利とを比べ、なぜ消費者金融の金利はこんなに高いのかと思った人も多いのではないでしょうか。消費者金融が金利が高い理由として貸し倒れのリスクを軽減させるという意味があると考えられます。

消費者金融では無担保、保証人なしで融資をしています。利用者がお金を借りて逃げてしまえば、担保や保証人もないため消費者金融は貸したお金を回収するすべがありません。

また、 消費者金融ではパートやアルバイトといった雇用形態の人にも融資をしています。このような人の場合、少額の融資とはなりますが、 仕事が続かず辞めてしまったり、雇用契約が切れてしまうことにより収入が不安定になりやすい雇用形態でもあります。お金を借りている状態で収入がなくなってしまえば返済も滞る危険性があります。

金利を高くすることで、多少の貸し倒れがあっても十分に利益を確保することができます。このように、金利が高い理由は、貸し倒れのリスクを回避するためと考えられます。

ポイント

金利が高いほど審査が甘い?

一般的に金利が高いところほど審査が甘く、金利が低いほど審査が厳しいと言われています。この理由は 上記で紹介したリスクの回避が関係しています。

金利が高いということは、それだけ金融機関は多くの利益を得ることができます。そのため、多少の貸し倒れがあっても十分に対応できると考えられます。

審査が甘いというのは、返済が困難になりやすい人にも融資をするということです。返済が困難になれば、貸付金の回収ができなくなり、貸し倒れのリスクも高まります。しかし、消費者金融のような金利が高い金融機関は、多くの人から高い金利によって十分な利益を確保しているため、このリスクに対応しているのです。

他社からの借入が多い人、他社で延滞などをして利用実績が悪いと審査に通りにくくなります。そんな人でも、金利の高い金融機関であれば、審査に通る可能性は高いです。

銀行のような低金利でお金を貸す場合には、確実にこの金利で利益を確保する必要があります。そのため、利用者には厳しい審査をして厳選する必要があります。

このように、金利が高い、低いである程度、その金融機関の審査の厳しさを知ることができると言えるのではないでしょうか。少しでも審査通過の可能性を高める方法として、金利の高い金融機関を選ぶというのも一つの方法です。

大金

使い方を間違えると返済が困難に

消費者金融の金利を比べてみるとほとんど変わりなく、銀行と比べれば金利は高いことから、消費者金融は審査に通りやすい金融機関と考えることもできるでしょう。そのため、安定した収入さえあれば、パートやアルバイトなどの雇用形態の人でも、比較的審査に通りやすく、お金を借りやすいのが消費者金融です。

審査に通れば、利用限度額内であれば何度も借入可能で、急な出費の時だけでなく、趣味や旅行などの娯楽費用としても活用することができます。しかし、この審査に通りやすく、お金を借りやすいことが大きなデメリットとなることもあります。

その原因が高い金利です。消費者金融の金利はとても高く、安易に利用してしまうと今の収入では返済が難しくなり、自己破産などの債務整理をしなければいけないような状況までなってしまいます。大げさのように感じるかもしれませんが、このような状況になる人はけして少なくはありません。

急な出費で、誰にも頼ることができない人にとっては、この審査に通りやすい消費者金融は大きな助けとなってくれます。しかし、娯楽費などのために安易に利用してしまうと、その金利の高さから返済が困難になってしまうのです。

金利が高いことが審査に通りやすくなる要素の一つなのですが、安易に消費者金融を利用することはおすすめできません。利用する際には、しっかりとした返済計画を立てるなどして、確実に返済ができる程度の借入をすることが大切です。

金利が高い金融機関ほど、審査に通りやすい可能性はあります。しかし、審査が通りやすいからと安易に利用してしまい、借り過ぎると返済が困難になることもあります。金利が高い金融機関を利用するときには、しっかりとした返済計画を立てることを忘れないようにしましょう。

ショック