!シェアご協力下さい!

消費者金融への過払い金請求

過払い金請求をするための条件

消費者金融から過払い金の請求ができる人は、利息制限法での上限金利を超えた借り入れをしていた場合です。利息制限法では、元本が10万円未満の場合には年20%、100万円未満では年18%、100万円以上であれば年15%までと決められています。

今では貸金業法が改正されたことでこの利息制限法を超えるような金利で融資をしているところはありませんが、2007年から2008年以前では後の利息制限法超える金利によって融資をしているところが多くありました。この時に、この利息制限法の上限金利を超えた借り入れをしていた人は、過払い金請求によって、払いすぎた利息を取り戻すことができます。

この過払い金請求は消費者金融からの借金が完済していたとしても取り戻すことが可能です。ただし借金が完済してから10年が経過してしまうと時効となり取り戻せなくなってしまいます。過払い金請求ができる条件としては、2007年から2008年以前に利息制限法の上限金利を超えた借り入れをしていて、完済してからまだ10年を経っていない人ということになります。

スーツ

自分で過払い請求はできる?

消費者金融への過払い金請求は司法書士や弁護士など法律家に依頼をするのが一般的です。しかし、法律家に依頼をすれば、様々な名目で費用を請求されることになります。この費用が気になり自分で過払い請求をする人もいるようです。

自分で過払い請求をするための流れとしては、まず利用していた金融機関に取引履歴の開示を求めます。その取引履歴から過払い金がどの程度あるのかを計算し、過払い金が発生していることがわかれば、金融機関に過払い金請求をします。

この請求方法は電話でも郵便でも構いません。交渉により金融機関が和解に応じてくれれば過払い金が返還されることになります。これは大まかな流れですか、過払い金請求でのやり取りはこれだけです。そのため個人でも請求することは可能です。

ただ、どこの金融機関も過払い金が発生していても、簡単に返還には応じてくれません。中には、取引履歴の開示をすることですら多くの時間が必要となる金融機関もあります。

また、電話であったり直接金融機関と交渉するにしても、金融機関の担当者は専門のスタッフが対応するため交渉には慣れています。そのため個人的に過払い金請求をしたとしても簡単には取り戻せないのです。もし、和解に持ち込めたとしても満額を取り戻すのは難しいでしょう。そのため過払い金請求では司法書士や弁護士といった法律家に依頼するのが一般的となっているのです。

この依頼することになる司法書士や弁護士も、どこの事務所でもいいというわけではありません。多くの事務所が対応はしてくれるでしょうが、それぞれの事務所によって得意分野が違うため、依頼する場合にはこの過払い金請求が得意な事務所に依頼することをお勧めします。

専門の法律事務所では、それぞれの金融機関の対応を熟知しているため適切な交渉の方法や対応の仕方を知っています。また満額取り戻すためには裁判となるケースがほとんどです。このようなケースでも、全ての手続きや出廷は法律事務所の方でやってくれます。確実に過払い金を取り戻すためには法律家に依頼するのが最も簡単で確実な方法です。

ポイント

法律家への相談費用

法律家に依頼すると多額の費用が必要になるのではないかと思っている人も多いでしょう。一般的に法律家に相談をするだけでも相談料が必要となります。しかし、この費用は法律事務所によって大きく異なります。

一般的に過払い金請求をするための費用として、着手金、解決報奨金、過払い金報酬の3つの費用が必要になります。この3つの費用とは別に相談料も必要となる事務所もあります。

着手金では一件につき2~3万円程度、解決報奨金は過払い金が返還された場合に支払うお金で1件当たり2万円程度必要になります。 成功報酬とも呼ばれる過払い金報酬は、取り戻した過払い金に対して20%が相場となっています。

いろいろな費用がかかってしまうと、結局過払い金請求をしてもあまり残らないのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし事務所によっては相談料や着手金を無料としてるところもあります。この費用から考えても、過払い金をしっかりと手にするためには、費用があまりかからず、専門性の高い法律事務所を選ぶ必要があります。

お金を渡す

過払い金請求は債務整理に

通常過払い金請求というと、借金が完済している状態でするのが一般的です。しかし、返済中であってもこの過払い金請求をすることで、今ある借金を減らしたり、過払い金の金額によっては借金をすべて完済することもできます。しかし、この返済中である場合に、過払い金によって借金を減額してもらうという行為は債務整理として扱われてしまいます。

この債務整理は金融事故とも呼ばれ、信用情報に金融事故情報が記録されると、よく言われるブラックリスト扱いとなってしまいます。ブラックリストになれば、他の金融機関からもお金を借りることができなくなります。返済中に過払い金請求をする場合にはよく考えて請求する必要があります。

過払い金請求をしてみると100万円以上も発生していた人もいて、多くのお金が利息として取られていた人もいるようです。しかし、返済中の人では債務整理扱いとなるケースもありますし、完済していても請求した金融機関を利用できなくなる可能性があります。今後のこともよく考えて過払い金請求をする必要があります。

カードいろいろ