!シェアご協力下さい!

消費者金融とは

消費者金融とは

消費者金融とは貸金業者の一つで、個人向けの小口融資を主な業務としています。消費者金融と聞くとなんとなく怖いといってイメージを持ってる人も意外に多くいるようです。テレビや映画などの影響から消費者金融のイメージが悪くなっているとも考えられますが、消費者金融というのは法律に沿ってお金を貸してくれる安全な金融会社です。

また、サラ金や街金、闇金といった様々な呼び方で、この消費者金融のイメージも悪くなっているかもしれません。サラ金と聞くとあまり良いイメージではありませんが、 消費者金融を指す言葉として使われ、街金というのは中小の消費者金融のことです。このように、 サラ金や街金といった言葉は消費者金融を指す言葉です。

しかし、闇金は違います。この闇金と呼ばれる業者は消費者金融ではなく、法律を無視してお金を貸してくる違法業者のことを指す言葉として使われます。このように様々な呼び方がありますが、あくまでも消費者金融は法律に沿って融資をし、安全に利用できる金融会社です。

消費者金融と銀行との違い

消費者金融とは、名前からもわかるように消費者向けの金融機関です。小口の融資を専門としているのが特徴で、消費者にとって身近な金融機関として存在しています。

その他にも、身近な金融機関として銀行があります。銀行では個人だけではなく企業などにも積極的に融資をしているのが特徴で、小口融資もしていますが、基本的には大口融資の金融機関です。

キャッシングやカードローンの借入では法律にも違いがあります。その法律が総量規制です。消費者金融のような貸金業者では総量規制がありますが、銀行はこの総量規制対象外です。

法律以外にも、金利であったり審査スピード、審査の厳しさなどの違いがあります。どちらもお金を借りるときには欠かせない存在なのですが、それぞれの特徴をよく理解してお金を借りるようにしましょう。

たくさんのカード

消費者の生活を守る総量規制

総量規制とは、貸金業者からの借り入れを年収の1/3までに制限するという法律です。この総量規制は銀行は対象外となっていますが、なぜ消費者金融のような貸金業者にだけ適用されるのかと思っている人も多いことでしょう。

消費者金融は、消費者にとって利用しやすい金融機関で、手軽にお金を借りることができます。そのため、この法律ができる前は、その利便性の良さから、お金を借り過ぎてしまい、生活が困難になる人が多くいました。そのため、消費者の生活を守るために総量規制で融資額を制限し、貸金業者からの借入から消費者の生活を守るために作られた法律です。

この法律ができる前は、消費者金融からの借入によって破産してしまう人も多く、そのことで消費者金融は怖いといったイメージも定着したかもしれません。今は、総量規制によって融資額を制限されることからも、消費者金融の借入は安全なものと考えられます。

財布にカード

消費者金融のメリット

消費者金融のメリットとして、まず挙げられるのが審査です。特に審査スピードは金融機関の中では最も早いと言えます。急にお金が必要というときであっても大手消費者金融であれば どこでも即日融資に対応しているため、すぐにお金を借りることができます。

また、申し込みをしても審査に通らなければお金を借りることができませんが、一般的に銀行と比べると消費者金融の方が審査が甘いと言われ、お金を借りやすいのもこの消費者金融のメリットです。

消費者金融は利便性が高いのもメリットの一つです。大手消費者金融では自動契約機が利用でき、誰にも会うことなくお金を借りることも可能ですし、ネットやアプリを利用した申し込み、即時振り込みといった、ほんの数秒、数分で希望するお金を口座に振り込んでくれるサービスを提供してくれる消費者金融もあります。

その他にも、大手消費者金融では無利息期間を設け、初めての利用客にとってお得なサービスを提供しています。このように、少額のお金を手軽に借りることができる消費者金融は、消費者には頼もしい存在となっています。

グッド

消費者金融のデメリット

消費者金融のデメリットとしては、金利がまず挙げられるでしょう。お金を借りる上で、誰でも金利が気になるのですが、消費者金融は金利がとても高いです。

銀行のカードローンなどと比べても、消費者金融は明らかに高いことが分かります。この金利の高さから、借り過ぎてしまうとすぐに返済が困難になってしまうこともあります。

金利は高くても、利便性が良いのが消費者金融の大きな魅力なのですが、この魅力が大きなデメリットとなることもあります。利便性が良いことでお金を借りやすく、少しでもお金に困るとすぐに消費者金融を利用してしまい、お金を借り過ぎる人が多いです。

利用限度額内で何度も借り入れできるため、自分の口座から引き出しているような感覚でつい使い過ぎてしまいます。総量規制によって融資額を制限されているといっても、借り過ぎてしまえば、生活にも影響を及ぼします。

また、この総量規制をデメリットと感じている人も多いようです。この総量規制では、貸金業者全ての総借入額が年収の1/3までと制限されています。そのため、収入が少ない人にとっては希望に合った借り入れができないことが、大きなデメリットと感じるようです。

いかがでしたか?消費者金融について理解が深まったのではないでしょうか。消費者金融は金利が高いことから頻繁に利用することはおすすめできませんが、利便性の高さからも、お金が足りない時には上手く活用していきましょう。

空っぽの財布