!シェアご協力下さい!

根抵当権とは

根抵当権とは

法律上の定義では民法第398条の第1項に「一定の範囲内の不特定の債権を極度額の範囲内において担保するために、不動産上に設定された担保物権」という記載があります。

しかし、この文章を読んで理解できる人はほとんどいないでしょう。おそらく、何を言っているのかわからない人のほうが多いと思います。

結論からいうと、根抵当権とは抵当権の一種であり、ちょっと特殊なものです。通常の住宅ローンや不動産担保ローンを行う一般家庭の方々なら抵当権を理解しているだけでも十分でしょう。

この根抵当権は会社を運営して大きな金額を動かす立場にいる人たちが知るべき情報となっており、根抵当権を理解したいのならまずは抵当権から理解する必要があります。

はてな

抵当権とは

まず、抵当権について解説いたします。抵当権とは不動産担保ローンのように家と土地をその借金の担保として確保することで、返すことができない状態になった時にその家と土地を銀行が取り上げることができる権利のことです。要するに、不動産担保ローンは基本的にこの抵当権を使って、お金のやり取りをしているということになります。

この契約を結ぶときは書面で契約書を作って終わりではなく、「抵当権設定登記」を行うのです。これは「法務局に不動産担保ローンをしている人がいるが、このローンを払う能力が無くなってしまい支払い不能となったら土地を優先的に取り上げることができるという契約をした」という届け出を行うことに該当します。

この届出を行っておくと、何かあった時に取り上げることができる権利を国に保証してもらえるので、基本的にローン会社はこの登記を行います。お金を借りる側の人はこのような作業をしたことは無いと思いますが、銀行から渡された書類に署名と捺印をすることで、お金を貸す側が手続きを行うので知らないのも当然でしょう。

ただし、この登記はローン契約が終了し、借金をすべて返済し終わったのなら不要になるので、抹消する必要があります。この抹消手続きはお金を借りていた側で行うことになるので、法務局で手続きを行うか、司法書士の資格を持っている人たちに依頼をする必要性が出てきます。

この手続きは必須ではありませんが、不動産売却の際に手続きしていないと色々と問題に発展するので、将来のことを考えてすぐに手続きを行うのが良いでしょう。放置してしまうと忘れてしまい、10年後などにその土地の売却を考えていたらトラブルに巻き込まれてしまったというケースが良くあります。

ポイント

根抵当権と抵当権の違いについて

抵当権とは不動産などを担保にしてお金の貸し借りを行うことなのですが、この不動産の担保というのは書面一つで契約が終わるものではありません。先ほど記載したように法務局に行って「抵当権設定登記」を行い、ローンがなくなったのならこの登記を抹消しに行く必要があります。

しかし、頻繁にお金を借りる人の場合はこの抵当権のみだと何度も登記と抹消を繰り返すことになるので、非常に面倒くさいことになるのです。一般家庭の場合はなかなかあり得ない現象ですが、企業を運営する立場ならあり得ます。

例えば、○○会社が××銀行から1000万円ほど借りて2週間後に返済したが、その数週間後に支払いをするお金が無くなって再度1000万円ほど借りるようになりその数週間後に返済をするというケースです。お金の出入りが多い会社の場合はこのような出来事が頻繁にあります。

このようなケースが多発する会社と銀行では「抵当権設定登記」関連の手続きが面倒なので、貸し出しの上限額を定めて抵当権は変更しなくてもできるようにしたのです。この変更しない抵当権を根抵当権といいます。つまり、根抵当権とは抵当権の一種で、「抵当権設定登記」を一度登録したら連続して貸し借りができるようになる特殊な抵当権ということになります。

わかった!

根抵当権の「極度額」について

根抵当権とは何か理解してもらえたと思いますが、最後に「極度額」について解説いたします。これは先ほど抵当権を設定した後は連続して借りられるようになると説明しましたが、その際必ず限度額が設定されており、その貸し出すことができる限度額を「極度額」と言います。

今回は根抵当権というなかなか専門性の高い用語を解説してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。抵当権を理解していただくことで、根抵当権がどのようなものか理解していただけたかと思いますが、抵当権を使うことになる人たちはごく一部の方々だということもお分かりいただけたかと思います。

根抵当権は抵当権とは違い、債権が日にちや金額で特定されない特殊なものなので、会社を運営する立場の人たちは覚えておくといいでしょう。

戸建て