!シェアご協力下さい!

株の銘柄の選び方

パソコンから購入可能

株投資を行う為には、まず日本の証券会社に口座を持つ事ですが、現在はインターネットから証券会社のサイトに行く事で、早速取引を行う事もできます。現在はスマートフォン対応のサイトも多く、外出先でも手軽に売買ができますので、電波の届く範囲であればどこででも取引を行える事になります。

利用するには証券会社サイトに行き、まずは口座を作りそこへ購入代金を入れておく必要があります。これが購入資金となるものですので、後は実際に取引と言う形で購入する事になります。購入すれば株主という事になりますが、購入する前に決めておかなければならない事は運用方法です。

長期で持つ場合には配当や優待特典などがありますので、これらの恩恵を受ける事ができますが、利ザヤを稼ぐ為の短期売買では、こうした恩恵は受けられないという事は、承知しておかなければなりません。長期的に持つのであれば、会社の事を良く知り学んでおく必要もあるでしょう。

実業家

デイトレード

デイトレードとはその名の通り1日の中で取引を完結させるという超短期決戦の投資方法です。その日のうちに完結させる為に、値動き幅のあるブランド銘柄を選んで行く事がこのデイトレードで最も重要な要素と言えるでしょう。

つまり、値動きが少なく値幅間隔が狭い銘柄を選んでしまうと、売買のタイミングが来ない事になりますので利益が出ないわけです。逆に言えば、値動きが激しいほどチャンスがある事になり、タイミングが合えば差益を簡単に出す事ができるという事です。

初心者の傾向のひとつには、冒険したがらないという事があり、それは取引にも如実に現れてきます。具体的に示すならば、信用のおける大手ブランドに触手が伸びるという傾向が高く、大手ブランドは安定した値動きを見せる傾向にありますので、こうしたブランドではあまり利潤を産み出さないのです。

しかしそうは言っても、デイトレードはその日のうちに決着をつける取引ですので、慣れておかなければ難しいもの事実です。このデイトレードを専門に行う投資家の事をデイトレーダーと言い、デイトレーディングを行いながら利ザヤを出していきます。

ギャンブル

テーマ株の選び方

テーマ株とはブランド銘柄の選び方の一つで、デイトレードで上手く利潤を得る為には、ぜひ覚えておきたい方法と言えます。テーマを決めて購入ブランドを決めますので、一つの指針に基づいて購入して行く事になります。

テーマとなるものは、まず簡単に言うと、有望であるか否かによって見定める事が、一つのキーポイントと言えるでしょう。重要な事はこれから先、話題になるかどうかという事が大切で、この先話題になりやすい産業の関連ブランドを見つけ出す事です。

こうしたブランドの特徴は、値動きが一般ブランドよりも大きく、そして値幅も広いという傾向が高いもので、デイトレには最適なブランドと言えます。逆に適さないブランドとは、大手のメーカーなどのブランドで、いつも値動きが安定していますので、そこから利ザヤを出すのが難しくなるというわけです。

例えていうならば大手ブランドのチャートで、その日の最安値が6000円で最高値が6100円だった場合、安値で100株購入した場合、高値で上手く売ったとしても1万円の儲けだけです。では、値動きの激しいブランドだった場合、最安値が3000円で最高値が3500であれば、500円の利ザヤが発生し、同じ様に100株購入するだけで、5倍の5万円を手にする事ができる事になります。

悩む

テーマ選び方のコツ

こうした価格の上下幅が大きい事を、業界用語ではボラティリティが大きいといい、デイトレードでは少額で大きな儲けを出す事ができ、魅力的な取引を可能にしているわけです。テーマというものは、時代に沿った流れで生み出されるもので、日本人力士が横綱になると相撲人気が上がるように、テーマに沿ったものが人気が高くなる傾向にあるわけです。

利益を出す為には、こうしたテーマを持ったブランドを手早く見つけ出す事がカギですが、具体的にどうやって見つけ出すのが良いのでしょうか。もちろん日頃のニュースを見ておく事は重要な要素ですが、さりげない日常生活にもそのポイントが隠されている事があります。

携帯電話に色々な機能があればと、望まれてできたものがスマートフォンの形ですし、実際に多くに人達が利用するようになりました。TVも大型化が進み過ぎて重くなって行き、かえって引越しや移動に不便になりましたが、優れた液晶画面が開発され、薄型でコンパクトで軽量になって行ったのです。

このテーマブランドの特徴は、小刻みに上下動を繰り返しながら、最終的に価格が上昇するというパターンが多いものです。決して急激に上昇し続けるものではありませんので、売り時を間違えないようにしなくてはならないのです。

注意点