!シェアご協力下さい!

株の買い方

株券の様々な買い方

株の買い方は、証券会社に注文と言う形で買い付ける事になりますので、買い注文の際にはどの銘柄をどれだけ購入するのか、そして成り行き注文か指値注文を指定し、いつまでに購入するかの注文の有効期間を決める事が基本的な購入方法となります。

株券は企業に対して権利を持つものですが、権利が発生するのであれば責任もあるように見えますが、実際は会社にもしもの事があっても、出資額以上の責任を負わない制度が作られています。

また最近はインターネットサイトを利用した取引も一般化しており、スマートフォンなども利用できる時代になっています。このサービスを行っている証券会社は、ウェブサイトですべての取引が行えるようになっており、証券会社にいちいち指示を出す必要もありません。

一般的な購入の仕方は電話連絡などの取引によって購入する事になり、注文方法ですが成り行き注文と指値注文を担当のスタッフに指示する事になります。成り行き注文は、買い値を相場の成り行きに任せる事を意味しており、指値注文とは買い値を自由に設定し、注文の有効期間を決めておく事を意味しています。

インターネット上では、これらの注文を自分でこなす事ができますので、時間ロスなども無くデイトレードなど、瞬時に判断が必要となる取引には、大変向いている方法と言えるでしょう。

パソコンで申し込み

株を所持する利点

株式とは本来企業が資金集めの為の、証書を発行するようなものですが、集めても返す必要が無いものです。こう聞くと会社ばかりのメリットで、購入者にはなにも良いところがないように見えますが、そうではなく証券と言う側面を持つものですので、なんらかの権利を持っているという事を証券によって表しているという事実があります。

持ち株の場合は、その券を発行している会社に出資をしている事の証明になります。この発行券を所持する事の意味は大きく、持ち主は全てこれを株主といい、この会社に対して商品を貰えるなど優遇された措置を受けられようになるわけです。

2017年4月現在では、全銘柄中株主優待を実際に行っている会社は約1369社もありますが、その中でも10万円以下で購入できる銘柄は約315社もあり、全体の比率でも約23%の銘柄を10万円以下で購入できるという事になります。

更に20万円以下で見てみますと、全体で50%と半分近くの銘柄を購入できる事になりますので、1369社の中で選ぶ楽しみも増えるというものです。また、楽しみなのはこうした優遇制度だけではなく、配当も得られるという事です。

商品券

自分だけのテーマブランドを選ぶ

ディトレードなどではあまり人気の無い大手のブランドですが、最近は配当も次第に良くなる傾向も高く、株主優待だけでない魅力も持つようになってきました。理由として挙げられるのは、昨今賑わしていたTOBの問題で、知らない内に会社の株が買われて行き、51%を超える事で会社を乗っ取る事も可能になってきます。

こうした事を防ぐ意味でも、会社の中にある余っている資金があると、買収の対象として狙われやすくなる為に、還元しておこうという意味合が強くなってきました。そして、配当を増やす事で、株主数を増やす事ができますので、買収から身を守る為にも行わる傾向があります。

注目するテーマの要素は沢山あり、企業が中間報告などで見通しを上方修正した場合も価値が上がりやすく、復配や増配も同様の事が言えます。また、新しい工場の建設や企業の合併や買収によって、企業間の相乗効果がみられる場合には、これも好印象を呼ぶ事も多く、これをM&Aとニュースや新聞で報道しています。

東証2部から東証1部へ移動する事も、マイナーからメジャーデビューを果たすと見られ、価格の上昇する要素となる事も多いわけです。

上昇

短期投資での銘柄の選び方

IPOは新規で株式市場に参入するものですから、値上がりする事も多く人気となります。2016年のIPOでは、92社が新規上場しており、初値で公募価格を上回ったのは実に70社で、その人気の高さがうかがえる事でしょう。

ただしIPO投資には、証券会社ごとに振り分けがなされていますので、どの証券会社でも購入できるというものではありませんので、いくつかの証券会社との取引を持つ事も重要です。ただし、公募のみですのでIPOに当選するかは、運任せという事になります。

銘柄選びで自分の取引テーマを決めたら、方針を曲げず行っていきます。短期のデイトレードを行うのなら、短期向きの銘柄を、配当や優遇制度目当てならば長期でそうした銘柄をテーマに定めて取引を行う事になります。

株の買い方には千差万別ありますが、やはりブランド選びが重要なカギを握っていると言えます。新聞やニュースだけではなく、身近な不便なものを探す事で、新たな視野が開ける可能性も秘めているという事が言えるでしょう。またこうしたテーマブランドの特徴として、値動きが激しい傾向にありますが、その特徴も様々な特徴を持つ事があります。

専門家であっても、ブランドを間違えてしまうと決してうまくいかず、損をしてしまう事もありますので、銘柄ブランドの選び方は慎重に行う必要があるのです。逆に言えば、有効なブランドさえ間違えなければ、初心者にでさえ簡単に利益を出す事も可能になります。

株価上昇