!シェアご協力下さい!

株を始める資金

単元株数と購入資金

株式というものは資産運用のひとつの方法で、現在の日本のようにデフレ状態であれば貯金や預金によって増やせる利率にも限界があり、旨味がほとんど無いのが現状です。つまり資産を増やそうと考えるのであれば、何らかの投機をする必要があるという事になります。

株を所持するには、ある程度の資金が必要な事は誰しも理解の及ぶところですが、いったいいくらから購入できるのでしょうか。簡単に行ってしまえば元手が数万円でも、実際に購入する事は可能で、銘柄によっては格安の銘柄も存在しますので、ただ買うだけならばは可能と言う答えになります。

ただし投機目的で行うのであれば、差益を出す為にも大きな金額であればあるほど、その差益は大きくなり儲けも大きくなって行くものです。銘柄はそれぞれ特色があり、単元株数というものが存在し、ある程度の購入数が決まっている事もあります。

この単元株数はセット売りのようなもので、1セットが1単元と言う意味と同じ事になり、1単元が100ないし、1000と言う単位での売買でしか、やり取りできない銘柄も多いという事になります。

つまり購入する側はこの1単元が株を購入する最低限の単位になる事を覚えておきましょう。銘柄は様々ありますので、100や1000単位でないと購入できないというわけではなく、銘柄によっては1から1000の間で購入が可能です。

大金

少額から始められる株取引

実際に株を始めるのであれば数千円からでも取引可能で、初めて行うのであれば試しに少額から始めるのもとてもいい方法です。実際に取引はやって見なければわからない事も多いので、実地訓練と思って始められるのも良いでしょう。

初心者におすすめなのが、少額投資で運用できるタイプの投機で、1株から始められるミニ株投資というものもあり、を取り扱っている証券会社は限られますが、確実に少額でも始められます。

数千円からでも始められるとは言いましたが、実際にはそうした銘柄はボロ株と呼ばれるもので、業績が悪いなどで売られてしまった為に株価が安くなっているものが多く、値上がり性に乏しいものです。したがって少額のものでも、現実的には20万円から30万円は資金として必要となると、思っていた方が良いと思われます。

このミニ株投資のメリットは、本来1単元が100と言う銘柄ばかりですので、買いたい優良企業の株が実際に購入出来てしまう事です。本来100万円でしか購入できない銘柄が、1万円で購入出来てしまうのですから、業績が上向きの企業であれば、なおの事期待感が募る事でしょう。

手の中のお金

IPO投資

IPOとは新規公開株の事で、企業が初めて株式市場において、新規に取引しようとする際に行われる公募の事です。IPO投資とは、この新規公開の買い付けを行う事を意味していますが、公募ですので当然当選しないと購入は出来ません。

しかし、こうした新規公開のIPOは、初めて市場に上場すると期待感から、ほとんどが値上がりする事がわかっている為に、新規の買い注文が殺到する事が多いので、価格が一気に高騰する事がありうるのです。この一気に高騰した状態で売りに出すのが初値売りというもので、かなりの高確率で大きな収益が得られるとあって、人気の投資となっているものです。

初心者にもおすすめなこの投資方法は、リスクが少なく短期で収支を増やせる事と、あらかじめ投資する金額が決まっていますので、とても手に出しやすい投資方法として人気があります。もちろん公募ですので、当たらなければ意味のない事ですが、このIPO公募の抽選をブックビルディングと言い、あらかじめ申し込みをしておかなければなりません。IPOによって初値が付いた時点で、全て儲かるものではありませんが、かなりの高確率で高騰を見せているのも事実で、その上がり幅は80%を超える事も多いのです。

綱渡り

株価の値動きを知っておこう

株式を単純に投機と考えた場合には、価格の変動による利ザヤを得る事が目標になってきます。基本は安く購入して、これを高く売る事が、初心者にとっては非常にわかりやすい方法ではないでしょうか。

この株価は常に値動きをしていますので、相場は常に動き続けています。いきなり高騰する事は滅多にありませんが、仕手戦など仕掛けが起こった際には、価格の急上昇が短期間で起こるという事もありますが、逆にこうした銘柄は急下降する場合も多い為に、初心者はあまり手を出してはならないものと言えます。

通常値動きが上昇する際には、根拠が必ずあります。たとえば決算で業績が上向いている事がはっきり判ったり、新たな画期的な開発に成功した場合などにも、需要が増えていきますので値上がりするという事になるわけです。利益を生みやすい状況というものは、投資家が買いに走りますので価格が上がるのも当然と言えるでしょう。また安定した業績を持つ企業は、価格も安定していますので、危険性の少ない安定銘柄と言えます。

初めて株取引を行う場合には、低めの資金でまずは行ってみましょう。低い金額で行う事もメリットも大きく、まず実地訓練を行うようなものですので、学びやすいという点で、さらに失敗してもリスクを多く背負う事もありません。

ポイント