!シェアご協力下さい!

株の基本知識

株の基本知識① 株式会社の基本形

事業をするには、多額の資金が必要です。機械や材料、人件費や家賃などなど…。そういった資金を集めるために、「株式会社」が作られました。

必要な資金を「株」という形で小口に分割し、出資する人は、その出資した株数に応じて、会社の株主(オーナー)になります。

株主は実際には経営をせず、経営の担当者として社長を任命します。社長は株主が出資した資金を元手に事業を行い、利益が出たら、それを株主に配当します。これが、株式会社の基本的な形です。

株式会社

株の基本知識② 株主になると与えられる3つの権利

株主は会社のオーナー、つまり所有者です。そのため、株主には次の3つの権利が与えられています。

「経営参加権」

これは、会社の経営に参加する権利です。通常、年に1回、株主が集まって株主総会を開きます。会社の経営方針や社長などの任免などを決定するのですが、株主はその議決権を行使することができます。ただし、持っている株数に応じた議決権が与えられるので、より多い株数の出資をしている株主が強い発言権を持つことになります。

「利益配当請求権」

会社は出資者である株主に、利益から配当します。これを持ち株数に応じて受け取る権利です。

「残余財産分配請求権」

もし、会社が解散することになった場合、残った財産を持ち株数に応じて受け取ることができる権利です。

屋上

株の基本知識③ 株式会社の大前提「株主の有限責任」

どんな会社でも業績が悪くなったり、最悪、倒産する可能性があります。その場合、株主には責任があるのでしょうか。

会社が倒産した場合、株主は会社が抱えた借金を返す義務はありません。あくまで「出資したお金が返ってこない」だけ。出資した金額分だけ責任を取り、それ以上は責任を取らなくていいのです。これを「株主の有限責任」と言います。

このように、株主の責任が有限であるからこそ、より多くの人が出資しやすく、株式会社にとっても資金を集めやすくしているのです。

倒産

株の基本知識④ 株式投資対象の上場企業は約4,000社

現在日本には、200万社程度の会社(株式会社以外の有限会社なども含む)があると言われています。そのうち、株式投資の対象となる、いわゆる「上場企業」は4,000社弱しかありません。

上場企業は証券取引所で株式の売買が行われていて、そこで株を買うと誰でも株主になることができます。上場していない非上場企業の株(未公開株)も、証券取引所は通さないものの取引はできます。しかし未公開株詐欺などの話もあるので、注意が必要です。

東京証券取引所