!シェアご協力下さい!

初心者でもわかる株の基本

株の基本

まず株とは、株式会社が資金を集める為に発行する証書で、この券を発行する事で事業に関わる資金作りをするものです。会社は券を発行し資金を作ると、この資金で研究を行ったり、事業を拡大し設備投資や自在を雇用する事に使われるわけです。

企業が発行しているものに、社債がありますがこれは社債を購入してもらい資金を作りますのでよく似た面がありますが、実際は全く異なるものなので、社債は国債などと同じで利子が付いてくるものです。社債は借用証書と似ており、一定に期間が来たら社積の購入資金と同時に、利子を付けて利用者に返還しなければなりません。

しかし、何故こうした企業は資金をこうした形で集めるのでしょう。資金を手に入れる為には銀行があり、融資を受ける事でその資金は手に入るはずです。これにはきちんとした理由があり、銀行から融資を受けると必ず返済を行わなくてはなりません。

しかも高額になればなるほど金利によって、融資に対しての返済額が膨らんで来るものです。一方会社で発行する株券は、同じ資金を集める方法ですが、借りているわけではなく利子も発生しませんし、購入代金を返済する必要も無いのです。

初心者

初心者にもわかる優遇制度

まず理解しておかなければならないのは、株券を購入する事で持ち主は購入先の企業から、様々な優遇制度を受けられるという事で、投資のひとつではありますが、実益が高いという事が挙げられます。

また、会社の業績が良くなれば良くなるほど、別口で配当金がもらえるという事もあり、投機でギャンブル要素の高いというイメージを払しょくできる事でしょう。

まず、どのような優遇措置があるのか気になりますが、それは企業によって大きな差があるのは言うまでもありません。例えば飲料メーカーの優遇制度では、現物であるドリンクが無料で贈られてきたり、工場などに招待されて様々な歓迎を受けるといった事もあります。

実は小口の顧客では、こうしたメリット目的で株主になる事も多く、会社によってはかなり魅力的なアピールを行っている会社も存在しているのです。

問題になるのは購入資金で、そんなに高額な資金は持ち合わしていないとされる方も多く、生活に追われて余裕が無いとされるご家庭も多いでしょう。しかし、たくさんのお金が必要と言うわけではなく、全銘柄中でも10万円以下で購入できるものも多いのです。

グッド

優待制度と配当金

株主目的で株主優待制度を持つ企業では、様々なメリットを受けられる事が多いものです。例えば、大手スーパー系の企業では、オーナーズカードというものが貰え、このカードを使う事で買物の購入代金が3%から7%返金されるというシステムがあり、大家族になればなるほど魅力のシステムです。

また、飲食店企業では優待ポイントでの特別割引が受けられるほか、無料の飲食サービス券などがもらえる事が魅力です。こうした株主優待制度を目当てにする方もいますが、会社ごとにそのサービスが異なるのが普通ですが、ご自分の判断でこうした制度を利用できるのは非常に楽しみと言えるでしょう。

しかし、その他にも株券には配当というものがあり、この配当を目当てに銘柄を購入される方も多いものです。まず配当に関してですが、所有する券1枚につき、どのくらいの配当があるのかと言うのが注目点です。

簡単に説明すれば数券1枚でいくらの配当というものがあり、100円であればご自分の所持する枚数分だけの配当を受けられる事になります。現在日本の平均的な配当は、2%前後というものですが、最近の傾向としてはこの配当が上がり気味にあります。

ガッツポーズ

初心者が株を購入するには

まず株は証券でもありますので、これを専門的に扱う証券会社で購入する必要があります。証券会社は金融会社でもありますので、口座を作る事も可能なのです。つまりまずは、この証券会社に口座を作る事からすべてがスタートする訳なのです。

次にどの株を購入するかを決めるわけですが、ここに至るまでに様々な会社の銘柄を調べているはずですが、ここで再チェックしてみましょう。株主優待では、実際に何が貰えるのかをチェック、そして配当金額はいくら位もらえるか、株を購入する為にいくら必要であるのかを必ずまとめておきましょう。

そして、いつ買えば株主優待や配当が貰えるのかなどの、時期も重要なポイントですが、本当にこの株を買っても大丈夫なのかを知る為にも、事前の企業情報は細かにチェックしておく必要もあるでしょう。

これらの全てが確認し終わったなら、実際に購入手続きを行いますが、係りのスタッフに申し出る事で簡単に購入する事ができます。購入する際には、前もって購入代金を証券会社の口座へと、振り込んでおく必要があります。

初心者でも株は意外に扱いやすく、リスクが大きいものではない事が、お判りいただけたでしょう。なぜならば急激に会社の業績が傾くなどの事はほとんど無く、前兆があれば決済時やニュースなどでそれらの情報が、直ぐに流れて来るからです。

パソコンで申し込み