!シェアご協力下さい!

株のリスク

株のリスク

株取引では誰でもリスクがあることは周知しているのですが、このリスクの中には、投資したお金をすべて失うようなリスクもあります。リスク回避をするためには、しっかりとした情報収集をして、納得できる銘柄に投資をする必要があります。多くの投資家が自分なりの分析をしたうえで投資をするのですが、思いもよらぬ出来事によって損失を出してしまうことがあります。

投資をする際には、まずどのようなリスクがあるのかを理解し、そのリスクが回避できるような銘柄選びをする必要があるのです。どのようなリスクがあるのかを事前に知っておくことにより、銘柄を買う前の情報収集の仕方も変わってきます。

リスクを理解していない人では、企業の財務状況なども確認せず安易に購入したために大切な財産を失うことも少なくありません。このような状況を避けるためにしっかりとリスクを知っておきましょう。

綱渡り

株価の変動によって起こるリスク

株は取引き中には常に株価が変動します。この株価の変動によって利益を得るのですが、この変動が大きなリスクとなることもあります。現物取引では、株を購入して値上がりしたら売却することで利益が出ます。しかし、その反対に購入した時の価格よりも値下がりをしてしまえば損失が出るというリスクもあるのです。

また、株式では信用取引によって信用売りをすることができます。この信用売りでは、手元に株を持っていなくても株を売ることができることから、信用取引では上げ相場でも、下げ相場でも対応できるのが大きなメリットです。

しかし、この信用売りでは、値上がりをした場合には損失が出る可能性があります。このように、株取引では、常にこの株価変動によってリスクがあるということです。

人生転落

銘柄倒産のリスク

株取引での大きなリスクに、企業が倒産してしまうことがあります。株式市場に上場するためには、一定の基準をクリアする必要があります。

東証一部への上場が最も厳しく、企業の時価総額が250億以上、純資産では10億以上、株主数は2,200人以上など様々な条件を満たしていないと上場することはできません。

そのため、上場企業が簡単に倒産することはありませんが、可能性としてはゼロではありません。もし、倒産をしてしまえば、保有している株の価値がなくなってしまいます。

このリスクは、株式投資をする上で最も損失が大きいリスクと考えられます。そのため、株を購入する際には、有名企業だからと安易に購入するのではなく、企業の財務状況や業績などはしっかりとチェックする必要があります。

手数料

上場廃止のリスク

企業が倒産しなくても、上場廃止になるケースもあります。企業が上場するためには一定の基準を満たす必要がありますが、企業の業績によってその基準を満たさないなど、上場廃止基準に抵触した場合には、上場廃止となってしまいます。この上場廃止も株取引では大きなリスクです。

ただ、いきなり上場廃止となるわけではありません。上場廃止基準に抵触する可能性がある銘柄は、まず監理銘柄に指定されます。この時には株の売買をすることができます。

一定期間監理銘柄に指定され、もしその間に抵触するおそれがないと判断されると、通常の銘柄に戻ります。しかし、上場廃止基準に該当すると判断されると上場廃止が決定し、整理銘柄となります。この整理銘柄となった場合でも一定期間は取引をすることは可能です。

この監理銘柄や整理銘柄に指定された時でも売買は可能なのですが、大きな株価変動が起こるため、株取引ではこの上場廃止にも注意が必要です。

黒板注意マーク

売りたくても売れない

現物取引では、株価が値上がりした時に売却してこそ、初めて利益を得ることができます。これは当たり前のことなのですが、状況によっては売りたくても売れないといったケースもあります。

例えば、企業が倒産するといったニュースが流れると、多くの人が株を売りに出すのですが、買い手がいないために売ることができないといった状況です。

また、上場廃止となるケースでは、まず監理銘柄に指定され、廃止が決定となれば整理銘柄となります。この間は一定期間取引が可能でもあることから、それほどのリスクはないと感じるかもしれません。

しかし、このような銘柄を購入したいと考える人は少なく、多くの株を購入していた場合には、すべて売り払いたくても買い手がいないため、売却することができないのです。

このような状況は企業の倒産や上場廃止といったケースだけではありません。予想よりも大幅に悪化した業績発表がされると、株価は大きく値下がりをします。

このような時にも、買い手がほとんど現れないため売りたくても株を売ることができず、株がドンドンと値下がりをしてしまい大きな損失が出てしまうことがあります。

その他にも、普段から取引量が少ない銘柄などは注意が必要です。取引量が少ない銘柄は急騰などをすることもあり、この株価変動を狙ってあえて取引量が少ない銘柄を購入する人もいますが、このような取引では大きなリスクも伴うと考えておく必要があります。

取引量が少ない銘柄は急騰したとしても、売りたいときに買い手がいないので利益を確定することができないのです。株取引では、状況によっては自分の思い通りに売買できるとは限らないことも知っておく必要があります。

いかがでしたか?当然と思えるようなリスクから、そんなこともあるのかと思うようなリスクもあったのではないでしょうか。株取引をする際には、これらのリスクがあることを知ったうえで、できる限りこのリスクが回避できるように心掛ける必要があります。

ショック