!シェアご協力下さい!

株式投資に必須のテクニック、逆指値注文を学ぶ!

逆指値注文の仕組み

1000円で100株を買っていたとします。普通に売り注文を入れる場合は、「1100円で100株売る」という内容になります。ただ、これでは予想外のニュースが飛び込んできて暴落した場合、売り注文の変更ができなければ、どんどん損失が膨らんでしまいます。

そこで、「逆指値注文」を使います。あなたが、「さすがに950円まで下がったら売りたい」と思っているなら、次のような注文を出すことができます。「1100円で100株売る。ただし、株価が950円をつけたら、1100円の売り注文を成行売りに変更する」。これで、もし900円まで株価が下がってしまっても、950円程度で損切りをすることができます。

インターネット取引

逆指値注文の応用

逆指値注文は、「損失を最小限に食い止める」ことができます。けれども、これを応用することで、より大きな利益を狙いに行くこともできます。

さっきと同じく、1000円で100株買っていました。1100円で売りを入れていたところ、1050円まで上がってきました。「もっと上がるかもしれないけれども、できれば損はしたくない」と「1150円で100株売る。ただし、株価が1000円まで下がったら成行売りに変更する」と注文を変更しました。

その後さらに値上がりして1100円になりました。そこで、「1200円で100株売る。ただし、株価が1050円まで下がったら成行売りに変更する」と注文内容を変更します。すると、うまくいけば大きな利益が、もし急に株価が下がっても最低限の利益を確保することができます。

ただ、決算内容が悪かったなどで、大幅に株価が下がって寄り付く時には、うまく損切り・利益確定できない場合があることには注意しておきましょう。

自宅で取引

逆指値注文でリスク管理を

このように、逆指値注文は、「損失を最小限に抑える」ことだけでなく「大きな利益を狙いながら、最低限の利益を確保する」こともできる便利な注文方法です。

株式投資は、いくら含み益が出ていても手じまいするまでは利益ではありません。できるだけ確実に利益を上げて、それを積み重ねてこそ、資産を増やしていくことができます。

また、何度も取引していると、損失を出してしまうことも必ずあります。その損失を最小限に抑えて、1回の失敗で取り返しがつかないほどに資産を失ってしまわないようにしなくてはいけません。

逆指値注文を使いながらうまくリスク管理して、上手に株式投資をしましょう。

携帯で見る為替