!シェアご協力下さい!

株価チャートの見方

株価チャートで株の流れをつかむ

株取引での銘柄選びでは、ファンダメンタルズとテクニカル分析の両方で銘柄を選ぶことが基本とされています。ファンダメンタルズは、国内外の経済状況であったり、企業の業績や財務状況などによって銘柄選びをする方法です。テクニカル分析は、過去の株価や出来高によって、将来の株価を予測しようというものです。

株初心者では、ファンダメンタルズ重視という人も多いのですが、株価の流れをつかむためにも、テクニカル分析をしっかりと学ぶことも大切です。

株価の流れがつかめるようになると、銘柄選びも楽になりますし、利益も比較的得やすくなります。株取引では、ファンダメンタルズだけでなく、チャートなどの見方をしっかりと勉強することが、利益を出すための大きなポイントになります。

下落する株

ローソク足の見方

株のチャートと言えば多くの人が思い浮かべるのがローソク足ではないでしょうか。このローソク足では、その日の始値、高値、安値、終値、その日に値上がりしたのか、値下がりしたのかも一目で分かるように工夫されています。形がローソクのように見えるため、このロウソク足といった名前が付けられています。

このローソク足は、始値と終値を表す実体と、高値や安値を示すヒゲと呼ばれる線で作られます。値上がりをしたときには白ヌキで表現され陽線と呼ばれます。値下がりをしたときには黒ヌリで表し、陰線と呼びます。

株初心者では、このローソク足を見ても、ただその日の株価の動きを表しただけにしか見えないかもしれませんが、ローソク足だけでも様々なことを知ることができます。実体が長い陽線が出現すれば、買い勢力が強いと判断できますし、逆に実態が長い陰線が出現すれば売りが強いと判断します。

また、ヒゲもポイントです。上ひげが長い場合には、取引中に大きな値上がりをしたが、その勢いが続かず下げに転じたと判断できますし、下ヒゲが長い場合には、初めは大きな値下がりをしたものの、後半から買い勢力が強まったことを教えてくれます。

FX独自チャート

トレンド系移動平均線の見方

移動平均線は、今上昇相場なのか、それとも下降相場なのか、もみ合い相場なのかを教えてくれるトレンド系のチャートです。この移動平均線はローソク足と同じように、チャートの中では最も一般的で、多くの人が銘柄選びでも活用しているチャートの一つです。

移動平均線でポイントになるのがゴールデンクロスとデッドクロスです。移動平均線では、短期線、中期線、長期線と複数の移動平均線を使ってトレンドを判断します。長期の移動平均線を短期の移動平均線が、下から上に突き抜けることをゴールデンクロス、その反対に長期の移動平均線を短期の移動平均線が、上から下に突き抜ければデッドクロスとなります。

移動平均線では一般的に、ゴールデンクロスによって上昇相場に入ったと判断し、デッドクロスによって下降相場に入ったと判断します。

わかった!

オシレーター系RSIの見方

移動平均線はトレンド系のチャートで相場の方向性を確認するために有効なチャートでしたが、オシレーター系と呼ばれる買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するチャートもあります。そのオシレーター系で代表的なのがRSIです。

RSIは見方も分かりやすいことから、株初心者にも人気のあるチャートの一つです。RSIでは、70~100%のゾーンに入れば買われ過ぎ、0~30%のゾーンに入れば売られ過ぎと一般的には判断します。

買われ過ぎゾーンとなれば、そこから大幅な下げに転じる可能性があり、売られ過ぎゾーンとなれば、そこから大きな買いが入り上げに転じる可能性があります。

RSIは買いや売りのタイミングを知るうえで便利なチャートなのですが、強い上昇相場や下降相場では上手く機能しないケースが多いです。一定のレンジで動くような相場では強い味方となってくれるチャートです。

デフレ

トレンドとオシレーター2つで判断

上記では基本的なチャートを紹介しましたが、これらのチャートだけでも、色々なことがわかると感じた人も多いのではないでしょうか。チャートは様々なことを教えてくれるのですが、見方や使い方、経験が重要になります。

チャートでは、様々な場面で投資判断の材料として使えるのですが、このチャートは完璧なものは存在しません。移動平均線でゴールデンクロスが発生したからといって、必ず上昇相場になるわけではありませんし、RSIで売られ過ぎゾーンに入ったからといってすぐに値上がりをするわけでもありません。

テクニカル分析で使われているチャートには多くの種類がありますが、どのチャートを使ったとしてもだましと呼ばれるサインも多く発生します。そのため、一つのチャートで投資判断をするのではなく、トレンド系やオシレーター系のチャートを併用するのが一般的です。

また、トレンド系であっても移動平均線だけで判断するのではなく、ボリンジャーバンドやMACD、一目均衡表など、複数のチャートで判断をしていきます。チャートは株初心者にも大きな武器となるのですが、しっかりとした経験を積み、自分なりの見方や使い方を身に付けましょう。

マルバツ

まとめ

いかがでしたか?チャートは株取引では強力なアイテムとなります。今までチャートを利用していなかった人には、今までの取引の精度を高めてくれる存在となります。しかし、チャートも万能ではなく、一定の経験が必要です。自分に合ったチャートを上手く活用して、株取引に活用してみてはいかがでしょうか。

初心者