!シェアご協力下さい!

株主資本とは

株式での資本

資本とは事業活動などを行う上での元手の事ですが、土地と労働そしてサービスも含め、生産要素とされるものです。株式での資本は、株主の資本により運営する株式会社の事で、会社を経営していく上での必要な資金を調達する為に株券を発行し、それを購入して貰う事を意味しており、これを株式資本と言い表しています。

もちろん資金を調達する方法には、銀行融資というものがありますが、金融機関で借りられる融資には、必ず金利というものが付いてきます。しかも、融資額が大きければ大きいほど金利が高くなり、カバーしきれなくなる可能性もあります。株式では融資ではなく、出資してもらう形になりますので、出資に対して返済義務は生じません。

つまり、金利も無く自由に集めた資金を流用できますので、会社にとっては非常に利便性の高い資金なのです。しかし、出資者に対しては、何らかの権利を与える事になりますので、配当やサービスを行う事によって、出資者の株主に対して利益を還元する責務を負う事になっています。

大金

株主資本とは

株主資本とは、会社に出資してくれた人の資金を意味したもので、現金や手形などを含めたものをいうものなのです。資本金と資本剰余金に、利益剰余金を足したものが純資産とされるものですが、会社が順調であるのか否かを計る指標として扱われます。

一般的に会社を興す場合には、設立者自身が資金を出す事が多いと思われますが、この資金で会社の株を購入し純資産に入れる事も多く、出資者から資金を募り出資をしてもらったお金も株主資本として扱われるものです。

また、資本剰余金というものは投資をしてもらいはしたが資本金にしていない資金の事で、利益剰余金とは会社が事業で得た利潤を意味しています。バランスシートというものをご存知でしょうか、これは貸借対照表というもので、企業が運用して行く資金をどのように調達して、どうやって運用しているのかを示す書類の事です。

このバランスシートを見ていく事で、会社の中身を知る事のができるものです。ただ専門的な知識も必要な為に、ただ見るだけでは中々把握できるものではありませんが、理解度が進めば会社の内情もよく理解できるようになります。

注意点

純資産を学ぼう

純資産とは資産総額から負債総額を差し引いたもので、資本金と資本剰余金に、利益剰余金を足したものを意味しているものになります。会社を設立しようとする時、設立者は2つの方法で資金を調達する事になりますが、それは自ら資金を調達するか、他者の手を借りてその資金を調達します。この場合他者となるのは銀行などが代表例ですが、この場合融資という形で会社に必要な機材を購入したり人を雇う事になるわけです。

しかし、自分で資金を調達できるとしたら、それは純資産となり金利を払う事なく、自分の意思だけで自由に使える事になります。純資産には株主資本と、評価に換算差額などがあり少数株主持分も、設立者が公募して自ら集めたものですので、全て純資産となるわけです。

この中で、一番比率が大きくなるのが株主資本で、どの株式会社でもこの株主資本の割合が、一番大きくなる事が多いのです。通常会社の業績を見ると、純資産が多いほど良いとされますが、この株主資本の割合が多く、その額が多ければ多いほど優良企業と見られます。

スタディ

ROEとROA

まずROEとは、株式資本利益率の事で、ROAとは総資本利益率の事を意味しています。ROEとROAは企業の収益力を分析する指標として使われるもので、会社が業績を上げていく上で、業務をどれだけ効率的に行なえているかを判断する事ができる、ひとつの指標として判断できるものです。

ROEは純利益を株主資本で割ったもので%で表し、普通は10から20%程度の水準が優良企業として見られる事になりますが、割合は高ければ高いほど優れている事になります。ROAは純利益から総資産を割ったもので、同じく%で表しますが、同じく割合が高い方が優良と言えます。

ではROEやROAが高ければ、株を購入するべきと安直に考えが行きそうですが、あくまでも会社の経営の効率性を表しているものですので、必ずしも投資に向いているとは限りません。しかし、この両方の数値が良い場合は、市場でも高評価である場合が多いのも確かです。ただ購入を検討する際には、株価の割安度をみる指標でPER指標というものがありますので、これも踏まえて検討してみると良いでしょう。

株主資本とは純資産の一部である事がわかりましたが、この比率が高ければ優良で資本集約的な会社と見る事ができます。ただし、ROAが低い場合には、金利の上昇や景気の悪化などによって、一気に業績が悪化する事もありますので注意が必要です。

株価上昇