!シェアご協力下さい!

株主総会のお土産

株主総会とは

株主の権利として参加する事のできる株主総会ですが、様々な重要な議題を取り決める為に、自分の保有する株の価値を左右する事さえあります。したがって少額投資家でさえ、多くの株主が参加する事になりますが、実は実際に参加する事でお楽しみがある事は意外に知られていません。

株主総会は企業だけではなく、株主たちにとっても重要な議題が取りざたされる会議でもあります。もちろん会社のかじ取りは、企業側の役員たちが取り仕切り経営を行っていますが、会社はあくまでも営利目的のものであり、利益を出す事がその目的です。

企業側と株主側ではその役割が違い、株主側は出資はするが経営には口出さない仕組みが作られていますが、経営側が勝手な事を行わないように監視する役目も果たしているものです。したがって企業は年に1度はこの総会を行わなくてはならず、ここで重要な取り決めを行うわけです。

もちろん決算報告も行われ、業績が悪ければ経営陣は株主側から吊し上げを喰らいますので、経営をしっかり行う事になります。なぜならばこの総会において、株主の権利として役員の選定を行う事ができ、解任も行えますので経営陣が勝手な振る舞いを行わないように、抑止翼としての働きがあるわけです。

こうしてお互いの役割によって、会社の経営を支えているわけです。現在はインターネットで決議を行える事もあり、少額投資家の株主も積極的に参加する傾向が見られます。

総会

株主総会のお土産

総会は企業の大事な案件を取り決めたり、収支報告を行う場所ですが、今後の株価を左右する事もあり、株主たちはいち早くこの情報に着目しています。かたい話ばかりですが、こうした総会では別な楽しみもあり、素敵なお土産が配られる事もあり、このお土産目当てにわざわざ総会へとやってくる株主も、いるのではないでしょうか。

しかし、どの会社もこうした土産を出しているのではなく、2016年の調べでは7割以上が土産の配布を行っている事がわかっています。しかし、中には昨年まで土産配布を行ってはいたが、取りやめになった企業もあるようです。

このお土産に関しては、一律で配られる事がほとんどで、大株主で小口投資家でも同じ扱いであるのは、ある意味嬉しい限りです。一般的に株主には、優待制度や株式に対する配当が知られていますが、総会で土産が出る事はあまり知られていられず、総会の出席者だけの特典ですので、隠れた優待となっています。

総会が行われる場合は、総会への招集通知が必ず送られてきますが、土産付きの場合にはたいてい書かれてありますので、土産付きの場合には是非出席しておきたいものです。

お土産

2016年株主総会お土産集

2016年の総会で配られた土産物は、以下のようなものがあり、普通に購入すれば数千円もするものも含まれています。株式を取得する為の指標のひとつにもなりますので、是非チェックしておき銘柄取得の材料の一つにしてみましょう。

証券コード:株主総会のお土産

8601、3242:高級羊羹

2410:ベルギーの高級チョコレート

2503:自社商品詰め合わせ(ビール,ジャム)

2290:加工肉などの自社商品の詰め合わせ

9763:2000円相当のクオカード

4642:2000円相当の図書カード

7616:洋菓子と自社食事券3000円分

4348、7282、9638:防災関連グッズ

3280:地元名産のフグ商品

8394:天草高浜焼

8228:信州更科そば

2337:ユニセフグッズ

3030:オリジナル銅製マグカップ

3760:Xboxソフト「怒首領蜂最大往生」

傾向が強いのは自社製品を配る場合が多く、そうした土産は豪華な場合が多いようです。また地方では地方色ならではの土産が多く、地元ならではのお土産は、旅行ついでの土産物になりそうです。また特色のあるお土産も魅力的に感じる方も多いでしょう。

小包

株主総会でお土産を貰うには

総会で土産をゲットする為には、まず株主になる事が先決ですが、その前にやる事があります。それは、最低でも土産物の実績をチェックしておく事です。もちろん何年にもわたり、土産物を配布していたにもかかわらず、運が悪ければ今年から無しという事もありますので、その時はご愁傷さまと言うしかありません。

なぜならこうしたお土産は、実績で図るしかほか無く、総会への招集通知で知るしかないわけです。また大事な事は、自宅からなるべく近い距離にあることも条件となるでしょう。遠すぎては交通費がかかり過ぎてしまうのでは、あまり意味が無いのです。

また、どのような土産物が出されたかは、WEB上で調べる事が可能ですので事前にチェックできます。いくつかチェックしたなら、次は優待制度があるのか無いのかを調べ、配当もチェックしておき、全てに自分の指標でポイントを振っておくと割と選別しやすく出来ます。

口座は証券会社で作る事が無難かもしれません。またNISA口座など、非課税で利用できるものもありますので、小口で始めるのなら適切と言えます。

株主総会のお土産目当てで、株の購入も現在ではありです。昔と違い企業は、小口投資家も大事にしていますので、大手を振って総会へと参加しましょう。ただし注意事項もあり、株を権利確定日まで持ち続ける必要があります。

笑顔