!シェアご協力下さい!

教育ローンはカードローン型がオススメ

カードローンの利便性

入学費用や学費などは支払う期日が決まっているため、通常の教育ローンでも十分に対応できますが、教育にかかる費用はそれだけではありません。

サークルの合宿に行くにはその都度お金がかかりますし、親元を離れて暮らしている学生さんなどはアパートの家賃も支払わなければならず、そのたびに教育ローンの契約を結ぶのは面倒です。

しかしカードローン型の教育ローンであれば、あらかじめ設定された限度額の範囲内であれば、何度でもお金を借りることができるのです。

例えば、今日はサークルの合宿費用を払わなければならないから20000円、その1週間後は家賃の支払をしなければいけないから50000円を借りる、そんな細かい使い方もできます。

また、カードがありますので、銀行のATMはもちろんのこと、コンビニエンスストアのATMからも借入をすることが可能です。急にお金が必要になったときも、これならば安心です。

クレジットカード

教育ローンの手厚さも

もちろん、教育ローンならではの手厚さはそのままです。
カードローンですと最高で年15%程度の金利がかかってしまいますが、カードローン型の教育ローンの金利は、教育ローンの金利水準です。

銀行によって差はありますが、どんな限度額を適用されたとしても年5%以下の金利ですので、利息の支払いに苦しむこともありません。さらに、教育ローンならではの手厚さとして、返済の楽さも忘れるわけにはいきません。

教育ローンの返済は、在学中は利息分のみの返済で、元金の返済は猶予されるものが多いですが、カードローン型の教育ローンでも同じ方式が適用されます。

在学中は利息のみの返済でより充実した学生生活を送り、卒業して社会人になったらそのとき初めて元金を返済していけばいいのです。カードローン型教育ローンはこのように、カードローンの手軽さと教育ローンの手厚さを兼ね備えたローン商品なのです。

主婦