!シェアご協力下さい!

簡単な投資の方法

簡単な投資の手段

自分の財産である資金を増やす手段で使われるのが、投資という方法で、資金を増やす為の方法のひとつであり、運用と呼ばれるものです。運用方法が簡単であるかどうかは、運用して行く本人の資質の問題で、運用方法に対して理解度が高ければ、それだけ簡単に思えて来るものです。

逆に資産の運用方法に関して、ほとんど知識が無いのであれば、運用方法は限定されてくるものです。そう考えると、あまり運用知識が無い場合は、本人に代行して運用を行って貰えるシステムが有効な手段で、投資信託が一番のおすすめと言えるでしょう。

投資信託の商品はファンドと呼ばれるもので、不特定多数の顧客から資金を集める事によって、まとまった資金で資産の運用を行っているものです。運用方法は株式や公社債などの債券ですが、株式や債券の取引は独自の値動きを見せるもので、素人にはそのシステム自体も複雑ですが、実質の運用は運用会社のファンドマネージャーと呼ばれる専門家が行っています。

他の投資方法に比べると、手数料が多いという事がデメリットですが、長期運用では普通預金よりも金利が確実に高いと言えるでしょう。

主婦

投資を行わなくてはならない現実

現在、金融庁のマイナス金利政策によって、頭を痛めているのが銀行や郵貯などの預貯金に金利でしょう。デフレという事もあり、持ち家や車など大きな買い物をする場合、銀行などの金融機関から融資を受ける事になりますが、金利が低いという恩恵を直接受ける事ができますので、庶民にとってはありがたいとも言えます。

またデフレ経済である為に、ものが安く買えますのでいいことずくめのように見えますが、全ての産業が利益が少なくなる事に繋がりますので、給与も少なくなり預貯金の利子も低く、資金を貯めるのにも一苦労という事になっているわけです。

しかも、医療費の増大や少子高齢化、そして高齢者問題と社会保障もままならず、年金の給付金も年々安くなり、給付年齢も上がって来ています。

モノは確かに安く手に入る事はありますが、光熱費などは電気代やガス代など、自由化を行わなくてはならないほど高騰し続け、収入の少なくなってきた現代では、単に働くだけでは将来の必要資金が得られない可能性さえあるわけです。その為資金を増やす最善策として、投資が注目されているという事になります。

お金を育てる

投資のリスク

多くの投資では、取引を行う事によって差益を得る方法と、商品を購入する際に金利や配当の権利が付いたものを買い、この金利から利益を受けるという方法で、利益を得ていくものです。金融商品の多くは金利が付けられているものが多く一定の期間に保有しておく事で、金利と配当が得られ、値上がりした際に売れば差益ももらえる事になります。

しかし、この3つが同時にもらえる事はほとんど無く、配当が終わった後には価格が必ずと言っていいほど、安くなってしまうのが普通です。そもそも取引とは、需要と供給で市場が成り立っていますので、購入した時よりも値上がりしたとしても、買ってくれる人が居なければ取引は成功せず売れないという事になってしまいます。

記憶に新しいのはリーマンショックで、この時にも同様の事が起こり、この時株を保有していた人たちの全員が、30%から50%の損失を被ったとされています。相場取引では、大なり小なりこうした暴落が定期的に起こっていますので、株が怖いと言われるのはこうした暴落によるデメリットが大きいからです。

綱渡り

簡単に投資が始められるNISA口座

現在デフレ状態であり、金利が低く銀行などの金融機関にお金を預けておく優位性は、全くないと言えるでしょう。副業での収入でさえ、所得税が掛けられる有様で、投資方法もしっかりと見極めていかなければ、余分な税金を納めるという事になります。

私たちは所得収入から所得税と住民税、そして復興特別所得税として20.315%が課税されています。そしてサラリーマンのほとんどが、社会保険料として健康保険料や厚生年金、雇用保険などが引かれますが、40歳以上になると介護保険も差し引かれ、会社によっては労働組合費や共済費などの支払いがある為に、手取りで30%以上の税金を納めている事になります。

また物を購入したり飲み食いなどの飲食を行う際には、消費税を支払わなければならず、その商品が出来上がる過程にも税金がかかっている為に、憲法では禁止されているはずの重税が、実質的には掛けられている事になります。

こうした税金を抑える為に、少額投資家の為に設けられているのがNISA口座であり、年間120万円までの利益が課税されませんので、ぜひ活用して行きたいものです。

投資自体は特定の口座を開くだけで、簡単に始める事ができますが、資産を運用して行くにはそれなりの勉強が必要になります。また利益率だけにこだわらず、税金がかからない方法は効果的で、その為の口座は是非利用して行きましょう。