!シェアご協力下さい!

リスクの低い投資信託、利回りは?

投資信託の利回りについて

まず金利とは利率と同じ意味合いで使われる事が多く、貸した場合にも借りた場合にもこの金利が付き、ともに利息が付いてきます。利息は利率と同じで、借りた場合には利息が付くと言い、利率が付くとは言いません。

逆に投資信託などを購入した際は、運用会社に資金を貸すという事になりますので、利率が良いなどと使い分ける事が多いようです。では利回りとはどういった際に使われ、どういう意味なのでしょう。

これは投資額に対して、どれくらいの年間利益を得たのかを比率で表すもので、実際に10%の金利で運用した際に、単利運用と複利運用で見比べるとよく理解する事ができます。

単純に5万円で年間5千円を得た場合に利回りは10%となりますが、複利運用で2年間以上運用する場合、利息が出た後も合計値からさらに利息が付く事になりますので、5万円×(1+0.1)×(1+0.1)×(1+0.1)=6.655万円となり、11%の利回りとなります。

つまり、1年間の運用や単利運用では10%のままですが、複利運用であれば長期運用が以下のお得であるかがお判りいただけるでしょう。

電卓

投資信託のコストと利回り

どのような投資方法に関わらず、金利や差益で儲けたとしても、必ずかかって来るものがコストというものです。このコストは手数料や経費など、出た利益から差し引かれるもので、これが実質利回りなり本当の利益と言えるものです。

例えば、不動産など賃貸経営などの広告で見られる利回りは、こうしたものが全く差し引かれていない表面利回りと呼ばれるもので、実際の経営では様々な経費が掛かって来る事がわかります。

まず、実際の運用では、入居者を募集しなければなりませんので、仲介業者への手数料が必要となり、月々の管理費などもコストとして掛かる事になり、これを差し引いたものがネット利回りと呼ばれるものになります。

さらには、その他にも建物に掛かってくる維持費や他の経費などもありますので、これを利益から全て差し引いたものが、純粋な実質利回りとなりますので、投資を考える際にはコストがどのくらいかかって来るのかを考えて、商品を選ぶ必要があるという事です。

投資信託は、掛かってくるコストが多いものではありませんが、投資会社によって手数料などの差があります。

積まれたお金

投資信託でのコスト

投資信託で掛かってくるコストには、信託報酬や販売手数料、そして税金などが挙げられます。信託報酬と呼ばれるものは、運用会社で実際に投資を行っている、ファンドマネージャーの報酬として支払われるものです。

注意しなければならないのは、これが成功報酬ではなく運用の報酬という事で、運用成績が良くても悪くても支払わなければなりません。

ファンドマネージャーも、業務の一環として行っていますので、仕事の報酬として労働報酬を貰うのは当然の事と言えるでしょう。これはあらかじめ、信託手数料が設定される事も多く、その数値もはっきりわかっている場合がほとんどです。

販売者へ支払う手数料は、販売手数料とされるもので、その手数料は購入金額の2%の設定となっている場合がほとんどです。100万円購入した場合は2万円となりますので、わかりやすい数値でしょう。

その他に掛かってくるコストと言えば、当然税金ですが、ファンドの場合は収益分配金は株式と同じく、キャピタルゲインとインカムゲインがあります。これは全社が売却益で、後者が分配金ですので、これを合わせた収益に対して課税され、これもコストとなります。

手数料

債権の仕組みと収益

債券には満期期限と額面期限が書かれてあるもので、国や企業が発行する借用書と同様のものと考えると理解しやすいでしょう。

この債権の仕組みは、購入者が額面よりも安価な価格で債券を購入し、満期時には額面通り受け取るという仕組みになっています。

つまり、購入者が買い取った価格と、額面の差額が利益となるもので、安定した収入を得られるというシステムが作られているわけです。

中にはクーポン付きのものもあり、購入者にとっては利子と同義ものとなりますので、満額時と同時に支払われる事になっています。

ただし、この債権は5年満期であっても、投資家が必ず持ち続けるものではなく、2年や3年と半端なものが多く、そこから計算して利回りを計算しなくてはなりませんので、タイミングも難しくなるというものです。

一度売却された債券は既発債と呼ばれ、発行市場で出される新発の債券を新発債と呼び、それぞれの購入方法で利回りが変わって来るものです。途中で売却する事も勿論可能で、これを所有期間利回りと言い、その間の利益を指しています。

投資信託の利回りは、購入する際の商品や購入時期によっても、大きく変わって来るものです。満期まで持つ事で、ある程度の利益を案てして得る事ができますが、元本が保証されるものではありませんので、購入の際にはしっかりと見定める必要があります。

投資