!シェアご協力下さい!

投資信託とは

投資信託とは

投資信託と聞いてもあまりピンと来ない方が多いものですが、ファンドと聞けばいくらかはその存在を耳にした事のある方も多いはずです。しかし、そのファンドの実態もほとんどがあやふやで、一般にはあまり知られていないようです。
投資信託とは簡単に説明するとファンドと同義語で、不特定多数の投資家から集められた資金をひとつにまとめる事で、これを基金にして運用して行く事で、収益を還元する仕組みの事を言います。

しかし、同じ仕組みを利用するファンドですが、両者のは大きく異なる相違点もある事は確かです。投資信託は、主務官庁の監督を受けた金融商品であり、投資信託及び投資法人に関する法律に基づいて、金融商品取引法に基づいた投資運用業の登録を受けた金融商品取引業者が、その運用を行っているものです。

運用を行うのはその道の専門家たちで、実際の投資で運用するものは株式や債券などの商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額の割合に応じて、分配される仕組みが作り上げられたひとつの金融商品なのです。

投資家達は実際に、株取引の運用などを行わなくても利益を得られる事になりますので、自分で研究や実際の運用取引など行わないので、非常に手軽だというところにメリットがあるわけです。

また、投資した資金は、別会社の管理によって保全されているというのも安心の材料になっています。

手続き

ファンドとの相違点

日本では厳密にファンドはヘッジファンドとも呼ばれているもので、同じ様に顧客から資金を得て、この資金を元手に自社のノウハウによって運営するものです。

投資信託でも全く同じ事を行っていますが、ファンドは、事業法人で異なる法律で運営されている事が、大きな違いと言えるでしょう。

ファンドは独立した会社で、独自の技術を持って運営しており、投資信託からの依頼を受けて投資を行う事も当然あります。

そうした意味では、信託会社の下に位置する実働的な会社とも言えるでしょう。簡単に言えば、銀行と証券会社などが企業や個人から資金を集めて、これを運用させているのが運用会社でありファンドなのです。

投資信託は投資信託及び、投資法人に関する法律に基づいて設立されていますので、資本金を始め内部監察や人事などに厳しい制限が設けられています。

こうしたファンドを扱う運用会社でも、大手に属していない独立した会社をヘッジファンドと呼ばれています。こう見ると同じファンドを扱う運営会社であっても、規模が大きい会社や小さなものまで様々な会社があるという事です。

ヒント

投資信託の必要性

なぜこうした投資会社が必要なのでしょうか。簡単に言えば需要があるからで、現在日本の金融庁が行っているマイナス金利政策では、お金を借りるメリットこそありますが、預けるメリットが非常に少ない訳です。

実際に銀行預金などでは、非常に少ない金利でその利子の少なさから、将来の物価上昇に付いて行けないのではないかなどの不安感もあります。

こうした中で、投資は当然金利が預金などと、比べものにらないほど有利なものが多く、当然預金者がこうした投資の世界へと、目を向けていくのは当然の行為だと思われます。

しかし、こうした一般の方は、投資家などではありませんので、投資を始めるには1から勉強を行わなくてはなりません。でも時間や学習する煩わしさもあり、自分で投資を行うのに躊躇してしまう場合も少なくないわけです。

投資信託はそうした、投資に際する煩わしさが一切ないのが特徴で、預けた資金は一定の金利が付きますので、預金と同様に放置する事が可能となります。現在日本はデフレ状態にありますが、やがてインフレが起こり始めるのも間違いないでしょう。

投資

投資信託のメリット

ファンドを資産運用として活用する際には、どういった点がほかの投資と違い優れたところがあるのでしょう。

まず投資に使う資金ですが、株式では最低20万円から30万円は必要で、少額で行えるFXでもレバリッジの事を考えると数万円は必要となってきます。

しかし、ファンドの場合は1万円からと、少額から始められるという気安さがあります。また、運用方法が株式や債券など分けられますので、分散投資できるという事にもなって来るのです。

これは資金額が大きければ大きいほど有効で、一つの運用方法だと万が一の場合、財産を無くす可能性もありますが、分散するとそれだけリスクも少なくなります。ファンドを運営する会社には、それぞれ経済や金融などに関する知識を身につけた専門家が介在しています。

こうした専門家は、付け焼き刃ではない本物の目を持っていますので、投資家に成り代わって投機を代行してくれており、個人では買えないような海外の株式や債券に、特殊な金融商品などへの投資も可能となっています。また毎日取引価格となっている基準価額も公表されている事もあり、安心して任せる事ができます。

投資信託とは簡単に言えば、自己資金でプロのトレーダーが本人に成り代わって、投機を行ってくれるという事になります。自分で最初から投資方法を覚えて、投資を行うのではありませんので、細やかな知識は必要としないのです。

銀行マン